お客様のご依頼で、揉み和紙を製作しました。

市場によく出回っている楮和紙の場合は、あらかじめ霧吹きなどでほんの少し水分を与えてから揉むと、キメ細やかなシワが出来ます(もんだ後は乾燥して下さいね)。和紙によっては、水分をほんのりではなく、しっかりと含ませて揉む「水揉み」を行う事もあります。

和紙に水分を与えるといえば、以前のブログ記事で「和紙のシワの取り方」を解説していますが、水分を与える事でシワをつける事も出来ますが、綺麗にのばす事も出来ます。

今回使用している麻和紙は水分を与えても出来る揉みは変わらない事と、少し粗目に揉みを行う必要があった為、水分は与えずに行っています。

使用する和紙、つけたいシワの具合によってやり方を変えておこないます。下の写真は揉んでいる途中の状態ですが、山脈の様にもみえる中々面白い表情です。

もみ和紙加工の途中段階。山脈みたいですね
※茶色に染色した麻和紙を使用。

体重をかけてもむので、そこまで力はいりませんが、枚数が多くなると結構大変です。
慣れていない方だと翌日手首が筋肉痛になる事もあります(;^ω^)

もみ和紙(粗目、裏打ちあり)
※今回、この和紙は住宅内装の天井に使われます。

揉んだ後は裏打ちといって、フラットな和紙を裏側に貼り合せる事でシワが伸びないようにします。

同じ和紙でも、揉む事で表情がまた変わります。
ご自宅などに和紙がある方は一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

もみ和紙加工の方法や、商品に関してご不明な事が御座いましたら
お気軽にお問合せ下さいませ。喜んでお応え致します(^^♪


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。



1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力ください。


Facebookページに「いいね」お願いします。