日本の墨の歴史は、推古天皇18年(西暦610年)、高麗の僧・曇徴(どんちょう)がその製法を伝えたことが始まりとされています。日本人にとって馴染み深い為か、現代においても墨でデザインされたものは飽きなくて、どこかホッと落ち着く色合いがあり人気です。

今回はそんな墨を使った、グラデーション染和紙インテリアアートパネルをご紹介。
墨グラデーションの和紙アートパネル(横アングル)
※寸法:W900mm×H200mm×T22mm

写真のアートパネルは厚みが2.2cmと、やや厚みを出しているので高級感があります。
パネル自体も1kg未満と軽量なので、ダルマピンで簡単に設置して頂ける手軽さも喜ばれています。
※裏側には縦横どちらでも設置出来るように金具と紐付き。

全て弊社で染めを行っています。(墨グラデーション和紙アートパネル)

空間を圧迫しない細身のパネル。
限られた空間(お手洗いや玄関など)にも、スッキリとした印象を与えてくれます。

以前お客様で、「お手洗いに飾るパネルを探しているので考えて欲しい」とご来店頂いた事がありました。その時に飾ってあった、今回の墨グラデーションパネルに一目惚れされて同じ仕様でお作りした事があります。

2つ配置がオススメです。(墨グラデーション和紙アートパネル)

このように、2つのパネルを少しずらして設置するとお洒落な感じです。
自社工房で和紙染色を行い、パネル加工まで一貫して行っております。

県外のお客様など、直接ご来店が難しいお客様でもお電話・メール・FAX・お手紙などで打ち合わせが可能です。

ご自宅の空間イメージ、お客様のご要望に合わせて企画提案を行っておりますので、和紙アートパネルでご不明な事が御座いましたらお気軽にお問合せ下さい。


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。



1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力ください。


Facebookページに「いいね」お願いします。