和紙と洋紙の違いについての第3回(最終回)です。
これまで「日常にある和紙について」「和紙ってどんなもの?」について解説してきました。
※以前の記事をご覧頂いていない方は、下記のリンクからご覧下さい。

第1回 「 日常にある紙 」 編
第2回 「 和紙ってどんなもの? 」 編

今回、見分け方編という事で、いよいよ和紙と洋紙の見分け方について解説していきます。

これまでのお話では、和紙には楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)の3つの原料があるとお伝えしました。それぞれ、洋紙には無い和紙ならではの特徴があります。

和紙の原料によって特徴が異なりますが、ここでは和紙といえば一番多く使われていて分かり易い「楮」を原料に作られた和紙を例に、見分け方をお教えしたいと思います。
※出回っている和紙には様々な種類や配合があり、必ず下記に当てはまらない和紙もあります。
※今回お伝えした例は100%和紙の原料を使った和紙と、一般的な洋紙を比べています。


実際に触ってもらうと和紙がどのようなものか何となくわかってくると思います。
しかし、普段あまり触れる機会がない方に分かりやすく、大きく4つの見分ける方法をあげてみました。

<和紙と洋紙の見分け方>

1:手触り

【和紙】

触って判断するには、本物の和紙を触り続けていないとなかなか分かりづらいかもしれません。
しかし、楮の靭皮繊維は他の和紙原料の中で最も繊維が長く、繊維が短い木材繊維から作られた洋紙と比べると、その違いは歴然としています。

和紙の大まかな質を判断する際にも行なう方法で、それだけ手から得られる情報はとても大きいのです。下の写真は楮和紙です。
(和紙の手触り)和紙と洋紙の違いについて第3回
繊維が幾重にも絡まり重なりあった楮和紙の手触りは洋紙に比べて、“ざらざら”していて、なにより「擦っているうちに長い靭皮繊維が表面に現れ」てきます。

【洋紙】

一方、洋紙は繊維の短い木材繊維(木のチップを砕いたもの)から出来ていますので、繊維が非常に短いです。触っているとツルツルしたものや、ざらつきのあるものもありますが、擦っていても表面に長い繊維が出てきません。出てくるとすれば、粉状の細かな繊維が出てくる場合があります。


2:破いて繊維をみる

長い繊維から出来た和紙と、短い繊維から出来た洋紙。明確な違いがあるので、破いて繊維の出方を見るのが最も分かりやすいです。

【和紙の繊維】

和紙を実際に破いてみると、まず薄くても破れ難いです。そして、破いた淵を見てみると…
下の写真のように長い繊維が出てきます。これぞ和紙です(^^♪
和紙(長い繊維が見えます)
※和紙のフサフサとした繊維。

【洋紙の繊維】

一方、洋紙の方は繊維が短いので和紙と同じ厚さのものでも簡単に破れてしまいます。
そして破いた淵をみると、殆ど繊維が出てきていないのが分かります。

洋紙(繊維が短い為でない)
※洋紙はこの様な感じ。

写真で見て頂くと分かりやすいと思いますが、これだけの違いがあります。

このように、破いてみる方法は最も分かりやすい方法ですが、お店で売られている商品を破いて確認する事が出来ないので、それが問題ですね(^_^;)


3:匂い

透きたての和紙は特に分かりやすいのですが、和紙独特の原料の香りがします。

漂白されて作られた和紙だと不思議と匂いがしません。しかし、昔ながらに漉かれた和紙は、なんとも言えない和紙!という香りプンプンします。時間の経過とともに薄れていく香りなので、嗅ぎ分けるのは難しいかもしれません。


4:透け感

透け感のある和紙は、光を透かせる事で和紙独特の繊維質が見えます。
楮は繊維が長いので、慣れてくるとこの方法も判断の一つとして使えます。

その他、きれいな和紙に仕上がっているか出来栄えを見たりする時などにも、光に透かしてみることがあります。和紙漉き職人さんの前でこれをすると、「むむ、この人は和紙を分かっているなぁ〜」っと思われます(笑)

余談ですが、以前に漉き手の職人さんの工房へお伺いした際、その職人さんが和紙を舌で舐めていた事がありました。不思議な光景に、思わず「それで何か分かるんですか!?」と聞いてみると、それで和紙のpH値をおおよそ感じられるのだとか。(pH値とはいわゆる酸性、中性、アルカリ性というものです)凄いですよね!


和紙の見分け方、いかがでしょうか。
楮の原料は元々育ちやすく生産量も多い為、一般的によく見る商品は楮和紙がほとんどだと思います。それでも最初は中々見分けづらいと思います。しかし気にして見るようにしていくと、不思議と徐々にわかってくるはずです。

和紙で何か分からない事が御座いましたらお気軽にお問合せ下さいませ。
ご覧頂き有難う御座いました。

【和紙と洋紙の違い解説シリーズ】
下記リンクからご覧いただけます。


第1回 「 日常にある紙 」 編
第2回 「 和紙ってどんなもの? 」 編


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。



1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力ください。


Facebookページに「いいね」お願いします。