今日は大変喜ばしいビックニュースです。
第38回石川県デザイン展 デザインコンペティション2011で弊社の和紙製の花器が見事「金沢市長賞」を受賞いたしました!賞としては一番の石川県知事賞に次ぐ順位です。

和紙の花器(金沢市長賞)

この和紙製の花器の一番のポイントは、何と言っても水を入れて水耕栽培が出来る事です。

通常の和紙器に水を入れると、当然漏れ出してしまいます。この和紙の花器では、内外に特別な加工を施して水を受け止める事が出来ます。和紙の質感や柔軟性は極力生かせるように、実験の繰り返しによって生み出しました。今後はこの技術を生かして、様々な商品に展開出来ればと考えています。

和紙の花器(金沢市長賞)斜め上から
※カチカチに固めるのではなく、和紙ならではの柔軟性、透明感を活かした花器を目指しました。

今回、水を入れる事が出来る和紙の花器「kamiwan」は金沢市長賞という名誉ある賞を頂きましたが、その制作にあたっては私たち浅倉紙業だけの力ではありません。

以前、石川県の新商品開発支援事業がきっかけで知り合った、県内デザイナーの原嶋氏と共に協力し合いながら作り出した事が大きいと感じています。


そんな石川県デザイン展は金沢21世紀美術館B1(市民ギャラリーB)にて、
本日10月20日(木)〜23日(日)の4日間、無料でご覧いただけます。
(時間:午前10時〜午後6時(但し金曜日・土曜日は午後8時まで、最終日は午後5時まで)

和紙の花器(POP)


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。



1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力ください。


Facebookページに「いいね」お願いします。