浅倉紙業株式会社 (ショールーム 紙あさくら)のブログ

−石川県金沢市、創業1897年の和紙専門店−

手作り・DIY

【DIY ブックカバー】 模様作りからおこなう和紙ブックカバー 2柄

DIY ブックカバー!模様作りからおこなう和紙ブックカバー

ブックカバーは「何を読んでいるか知られたくない」「本を綺麗な状態で保ちたい」など、つける理由はさまざま。

とくに読書好きの方は、通勤や通学などにも本を持ち歩くことが多いのではないでしょうか。
そんな毎日の読書時間が、もっと楽しくなるような和紙ブックカバーの作り方をご紹介致します。

模様作りからハンドメイドでおこないますが、やり方はとっても簡単。
色付けにはなんと……インスタントコーヒーをつかいます。

特別な道具も不要なので、今すぐに始められますよ♪

DIY ブックカバー!模様作りからおこなう和紙ブックカバー 2柄
※製作時間:約10分(乾燥時間含まず)

上の写真は、今回解説する丸柄と線柄の2種類。
深みのある色合いで上品なブックカバーは、手作りプレゼントにも喜ばれます。



「必要な材料・工具」

インスタントコーヒー
和紙 (洋紙でも可能)
(コーヒー液を作るときに使います)
容器 (コーヒー液を入れるために使います)
(丸筆・平筆。デザインによって使い分けます)
コーヒーカップなど (リング状の底があるもの)※リングデザインで使用
麻紐 (今回は太さ3mmのものを使用)※線デザインで使用
(今回は7cm角×厚さ12mmの建材を使用)※線デザインで使用

DIY ブックカバー!模様作りからおこなう和紙ブックカバー(材料・道具)


「ブックカバー用紙の大きさ目安」

ブックカバーは本の大きさより、少し大き目のサイズを使用します。

■文庫本・新書の場合……A4(210mm×297mm)
■単行本の場合……A3(297mm×420mm)

本よりも上下それぞれ2cm以上、左右は本の厚みを含めて左右それぞれ3儖幣紊△襪販匹い任后
作る際に本の厚みにあった和紙を用意してください。


「和紙ブックカバーの作り方」

リングデザインの作り方

リングが幾重にも重なった模様を作っていきます。
※好みの濃さに薄めたコーヒー液を用意してください。
DIY ブックカバー!模様作りからおこなう和紙ブックカバー リングデザイン

筆でカップの底にコーヒー液を適量塗ります。
DIY ブックカバー!模様作りからおこなう和紙ブックカバー リングデザイン (1)

スタンプのように、和紙にカップの底を押し当てます。
この要領で、1回ずつコーヒー液を塗りながら無作為に押していきます。

ときどきカスレや溜まりがあったりと、個性的なコーヒーリングが出来るのも面白味があります。

「溜まりのあるリングのやり方」
つけたリングの中に、少し溜まりみたいに太くなっている部分があります。
これはカップにコーヒー液をやや多めに塗り、カップを傾けた状態からスタンプすると出来ます。

「きれいなリングのやり方」
液は塗りすぎないようにしてカップを垂直に下し、スタンプすると出来ます。

DIY ブックカバー!模様作りからおこなう和紙ブックカバー  リングデザイン (2)DIY ブックカバー!模様作りからおこなう和紙ブックカバー  リングデザイン (3)

スタンプし終えると、下記写真のようになります。
※完成後は日陰で吊るして乾燥してください。

アレンジとして、アップの写真のように「濃度の違うコーヒー液リングを混ぜる」「しぶきを散らしていれる」ということもできます。好みで取り入れてみてくださいね。
DIY ブックカバー!模様作りからおこなう和紙ブックカバー  リングデザイン (4)DIY ブックカバー!模様作りからおこなう和紙ブックカバー  リングデザイン (5)


線デザインの作り方

縦横の線が特徴的な模様をつくっていきます。
※好みの濃さに薄めたコーヒー液を用意してください。
DIY ブックカバー!模様作りからおこなう和紙ブックカバー 線デザイン

麻紐を板の裏面にセロハンテープで止めてから巻いていきます。
巻き終えたら、裏面にセロハンテープで止めます。

2枚目の写真は巻き終えたものを表から撮影したもの。
均等になっている必要はなく、麻紐同士がくっついていたり、斜めだったりしても問題ありません。
DIY ブックカバー!模様作りからおこなう和紙ブックカバー 線デザイン (1)DIY ブックカバー!模様作りからおこなう和紙ブックカバー 線デザイン (2)

平刷毛でコーヒー液を塗っていきます。
・液を多めに塗ると…ライン同士の境目が分かりにくくなります。
・液を少なく塗ると…ラインがはっきりとしたものになります。

DIY ブックカバー!模様作りからおこなう和紙ブックカバー 線デザイン (3)

位置を合わせて、スタンプします。
DIY ブックカバー!模様作りからおこなう和紙ブックカバー 線デザイン (4)DIY ブックカバー!模様作りからおこなう和紙ブックカバー 線デザイン (5)

縦横に向きを変えながらスタンプしていくと、下記写真のようになります。
※完成後は日陰で吊るして乾燥してください。

初めておこなうときは、あまり深く考えずにスタンプしてみてください。
ランダムに表れる柄も結構面白いですよ♪
DIY ブックカバー!模様作りからおこなう和紙ブックカバー 線デザイン (6)


「ブックカバーの折り方」

仕上がった和紙にアイロンをかけて、シワやヨレをとって下さい。
ただし洋紙の場合は、アイロンをかけるとヨレがひどくなるため、アイロンはかけずに進めて下さい。
もし和紙か洋紙か分からない…という場合には、一度目立たないところで試してから進めて下さい。


本を上下の高さが均一になるようにおいて、紙に薄く印をつけます(定規を使うと簡単にできます)。
つけた印に沿って上下を折ります。
ブックカバーの折り方 (1)ブックカバーの折り方 (2)

本を挟んで写真のように、均一に出るように位置を調整します。
本を包むように折り曲げたあと、矢印の中に表紙(もしくは裏表紙)を入れます。
ブックカバーの折り方 (3)ブックカバーの折り方 (4)

こちらが出来上がりの写真。
上から見ると、表紙・裏表紙が紙の間に挟まっていることが分かります。
ブックカバーの折り方 (5)ブックカバーの折り方 (6)


「最後に」

使用する和紙によって滲み具合も違うので、それがまた作る楽しみの一つ。
自分で作ったものを使うことで、愛着も湧いてきます。

今回ご紹介した方法を応用して、様々な模様・アイテムを作ることが出来ます。
作り方に慣れたら、ぜひ思い思いのやり方で試してみてくださいね。


「和紙DIY用の製作材料ご用意しております」

個人の方はもちろん、教室やイベントで製作される際の染色和紙や糊などの材料をご用意いたします。そのほか作り方やご不明な事など、何かございましたらお気軽にこちらのフォーム、またはお電話・Faxにてお問合せ下さい。




お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

和紙玉ハンドメイドピアスの作り方!可愛く揺れるアクセサリー

耳元で可愛く揺れる和紙玉アクセサリー。
初めての方でも簡単に出来る「和紙」を使ったハンドメイドピアスの作り方を解説致します。

パールなどを加えたアレンジや、イヤリング、ネックレス、ブレスレットにも応用出来ます。
日々のファッションに合わせて、お気に入りの1点ものを手作りしてみて下さいね。

DIY和紙アクセサリー・和紙玉ハンドメイドピアスの作り方
※製作時間:約1時間(乾燥時間含まず)



「使用する和紙について」

DIY和紙アクセサリー・和紙玉ハンドメイドピアスの作り方 (典具帖紙)
※主な用途:修復用、ちぎり絵用など。

向こう側が透けて見えるほどの極薄和紙「典具帖紙」。
主産地の高知県 土佐典具帖紙(とさてんぐちょうし)は、その薄さから「かげろうの羽」と例えられています。重ね貼りしても継ぎ目が目立たないので、その特徴を活かしてアクセサリーを作ります。

「必要な材料・工具」

DIY和紙アクセサリー・和紙玉ハンドメイドピアスの作り方 (必要な材料・工具)

「材料」
でんぷん糊(薄めたもの)
・金箔(好みに合わせて)
・典具帖紙(34cm×3cm)×2
・針金(12cmを半分に折ったもの)×2
・Tピン×2
・釣針型ピアス金具×2
・樹脂パール 14mm 穴あき×2
※軽量に仕上げる場合は、紙粘土で代用可能。
その場合は穴あけが必要です。


「工具類」
・ニッパー
・丸ヤットコ
・平ヤットコ


「和紙玉ピアスの作り方」

1:下準備

半分に折った針金をパールの穴に通す。

和紙は大きすぎても小さすぎても貼りにくいので、写真のようなサイズ感でちぎります。
※もし貼りにくい場合は、必要に応じてさらに小さくちぎって下さい。
DIY和紙アクセサリー・和紙玉ハンドメイドピアスの作り方 (下準備)


2:和紙を貼る

パールに糊を浸して和紙を貼り重ねていきます。
※和紙に糊を付けると貼りにくくなるので、必ずパールの方に着けて貼り重ねて下さい。

2〜3枚重ね貼りした後は、手に糊を付けて和紙玉にしみこませるようにして行って下さい。
空気が入りやすいので、指先でしっかり押さえながら貼っていくのがポイントです。

和紙を貼り重ねることで、和紙同士の重なりが分からなくなっていきます。
DIY和紙アクセサリー・和紙玉ハンドメイドピアスの作り方 (和紙を貼る)

ある程度貼り重ねると下の写真のようになります。
上下の針金部分も和紙の立ち上がりが無いように、しっかりと押さえて貼り付けます。
「ゆがみがないか」「しわになっていないか」を確認しながら進めて下さい。
DIY和紙アクセサリー・和紙玉ハンドメイドピアスの作り方 (貼り途中)

貼り終えたら、針金部分を発砲スチロールなどに差すか、ピンチで吊るして自然乾燥させて下さい。
※同じものをもう1点作ります。
DIY和紙アクセサリー・和紙玉ハンドメイドピアスの作り方 (貼り終えたもの)


3:金箔を貼る

和紙玉を針金の端(輪っかになっていない方)にスライドさせて、金箔を貼ります。

「一般的な薄さの箔」:濃いめの障子糊を和紙玉に着けて、箔をのせて貼ります。
「厚手の箔」:ボンドと糊を混ぜたものを箔に直接塗って和紙玉に貼ります。
※初めて箔を貼る方は、制作の前に練習してからおこなうと安心です。

箔を貼り終えたら、自然乾燥させて下さい。
※素地のままだと不安という方は、乾燥後に艶消しクリアスプレー等を和紙玉全体に吹きかけ保護します。塗料によっては質感が変わる事があるので、他のもので一度試してから行ってください。
DIY和紙アクセサリー・和紙玉ハンドメイドピアスの作り方 (金箔を貼る)


4:金具を取り付ける

Tピンを和紙玉に通し、根元から直角に曲げます。
7〜8mmの長さを残して、不要な部分をニッパーでカットします。
※今回使用したTピンが丁度よい長さだったので、写真ではカットしていません。
DIY和紙アクセサリー・和紙玉ハンドメイドピアスの作り方 (金具付け1)

カットしたピンの先端ギリギリのところを丸ヤットコで挟み、ひねるように回転して丸めます。
ヤットコの位置によって、丸の大きさが変わるので注意してください。
DIY和紙アクセサリー・和紙玉ハンドメイドピアスの作り方 (金具付け2)DIY和紙アクセサリー・和紙玉ハンドメイドピアスの作り方 (金具付け3)

最後まで丸めると、このようになります。
ピンが曲がったり、倒れている場合は平ヤットコで形を整えます。
DIY和紙アクセサリー・和紙玉ハンドメイドピアスの作り方 (金具付け4)

金具を付ける際、左右ではなく必ず手前もしくは奥側に開いてください。
もし左右に広げてしまうと輪っかの形が崩れたり、折れてしまうことがあります。
DIY和紙アクセサリー・和紙玉ハンドメイドピアスの作り方 (金具付け5)

釣針型ピアス金具を通して、平ヤットコで形を整えれば完成です!
DIY和紙アクセサリー・和紙玉ハンドメイドピアスの作り方 (完成品)


「オーナメント型の和紙アクセサリー」

以前、【DIY 和紙飾り】紙糸を使ったクリスマスオーナメントの作り方でもご紹介した、和紙オーナメントをピアスにアレンジしてみました。
片方で1gもなく、身につけているのを忘れるくらい軽量。

存在感があるのでアップヘアーで耳元を主張するのはもちろん、ダウンヘアーでちら見せするのもオシャレですよ♪
DIY和紙アクセサリー・和紙玉ハンドメイドピアスの作り方 (オーナメント型)

ハンドメイドアクセサリーの魅力は、自分で作ったという達成感とオリジナル性ではないでしょうか。
作るほどに新しいアイディアを取り入れて行ってみたくなったり、ファッションと組み合わせることで、その楽しみも倍増します。

好みのパーツと組み合わせて、自分だけのオリジナルアクセサリー作りを楽しんで下さいね。


「和紙DIY用の製作材料ご用意しております」

個人の方はもちろん、教室やイベントで製作される際の染色和紙や糊などの材料をご用意いたします。そのほか作り方やご不明な事など、何かございましたらお気軽にこちらのフォーム、またはお電話・Faxにてお問合せ下さい。




お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

【DIY 和紙飾り】ころんと可愛い、リンゴ型オブジェの作り方

玄関やリビングのインテリア小物として、可愛らしいリンゴのオブジェの作り方をご紹介致します。
その素材は、なんと「和紙」。シェルフの上や窓際に飾るだけで、和紙の優しい質感がインテリアに温もりを与えてくれますよ♪

初めて作る方にも分かりやすいように、工程ごとの写真を多く載せています。
また作ったリンゴオブジェを、さらに可愛く演出するアレンジ方法もご紹介していますので、ぜひトライしてみて下さい(^^)/
ころんと可愛い、和紙のリンゴ(林檎)型オブジェの作り方

使用する和紙は、強靭な繊維が特徴の麻100%の和紙
透け感のある薄口を使用する事で、和紙を重ね貼りした時につなぎ目が分かりにくくなります。
麻和紙35gの透け感(リンゴ型オブジェの作り方)麻和紙35g手で透かせてみました(リンゴ型オブジェの作り方)

【材料】

・リンゴ(ヘタを使用するので、出来るだけ長いもの)
・赤色の麻和紙35g(弊社でもご用意しております。お問合せはこちらから)
・でんぷん糊(今回使用した糊はこちら
・木工用ボンド
・ラップフィルム(サランラップ)
・マスキングテープ(セロハンテープでも可)
・ニッパー(コードや針金をきれいに切断できる工具)
・カッター



Step1:リンゴのヘタをニッパーでカットする

リンゴのヘタの出来るだけ根本部分をカットします。
カットしたヘタは後ほど使用するので、無くさない様に保管してください。
ヘタをニッパーでカットする(リンゴ型オブジェの作り方)ヘタをニッパーでカットしました(リンゴ型オブジェの作り方)

Step2:リンゴをラップで包む

リンゴ全体をラップで密着するように包みます。
上下のくぼみ部分もしっかりとラップを押し込んでください。
そうすることで、よりリンゴらしい仕上がりになります。
ラップで全体を包んでいきます(リンゴ型オブジェの作り方)ラップを巻いたところ(リンゴ型オブジェの作り方)

Step3:和紙をちぎる

あらかじめ、和紙の4辺をちぎっておきます。
和紙の繊維を出しておくことで、貼り合わせた時につなぎ目が分かりにくくなります。

そのあと、下の写真のように和紙を細かくちぎっていきます。
初めて製作する場合は、一度に全てちぎらずに大きさを確認しながら行うと良いです。

大きさに決まりはありませんが、目安として大(約4〜3cm角)、細かな部分用の小(約2cm角)ほどが良いです。大きすぎると曲面でしわになりやすく、小さすぎると貼るのに時間がかかります。

角サイズである必要は無いので、思い思いにちぎって下さい♪
麻和紙35gをちぎったところ(リンゴ型オブジェの作り方)

Step4:和紙を貼る

でんぷん糊の濃度は少しとろみがある程度に薄めて使用します。
糊濃度が薄すぎると仕上がり時に硬さが出ません。
反対に濃すぎると乾きが遅かったり、和紙に糊がしみ込みにくく作業性が悪くなります。

でんぷん糊に和紙を浸し、軽く余分な糊を落としてからラップで包んだリンゴに貼っていきます。
くぼみの所には小さめにちぎった和紙を使い、指先でしっかりとくぼませます。

和紙の繊維が広がるように、内側から外側に向かってなぞると綺麗に貼れます。
隙間が無くなるまで、貼り重ねていきます。
でんぷん糊で和紙を貼っている所(リンゴ型オブジェの作り方)上下のくぼみ部分を指先で押さえる(リンゴ型オブジェの作り方)

下の写真は貼り終えた時のもの。
しっかりと、くぼみも出来ているのが分かります。
和紙を全体に貼り終えました(リンゴ型オブジェの作り方)貼り終えたリンゴのアップ(リンゴ型オブジェの作り方)

Step5:自然乾燥させる

日光のもとや熱風による乾燥は、和紙にも中身のリンゴにも良くないので、風通しの良い日陰で自然乾燥させます。乾きにくい場合は、扇風機を使うと早く乾きます。

乾くと下の写真の様な感じになります。
濡れているときと比べると、明るい色味に戻りました。
自然乾燥後(リンゴ型オブジェの作り方)

Step6:乾燥後、カッターで切込みを入れる

カッターで切込みを入れて、中身のリンゴを取り出す工程です。
写真のように、下側のくぼみはカットせずに必ず残しておいてください。

出来るだけ和紙だけカット出来るように、刃の入り具合を調整してください。
一度でカットしようと思わず、様子を見ながら少しずつ行います。
カッターで切込みを入れているところ(リンゴ型オブジェの作り方)上側の切込み写真(リンゴ型オブジェの作り方)下側の切込み写真(リンゴ型オブジェの作り方)

Step7:中身を取り出す

指先で軽く握るようにすると、隙間が空いてきます。
隙間が出来ない場合は、しっかりと切れていない可能性あります。必要に応じてカットしながら進めて下さい。
指のはらで軽く押さえている所(リンゴ型オブジェの作り方)1指のはらで軽く押さえているところ(リンゴ型オブジェの作り方)2

上側は全てカットされ、下側は一部カットされていないのが分かります。
指のはらで軽く押さえている所。上部(リンゴ型オブジェの作り方)指のはらで軽く押さえている所。下部(リンゴ型オブジェの作り方)

隙間がしっかりとあいたら、くぼみに親指を入れて2つに割るようにします。
大きく隙間が空いたら、切り口に指をかけて形が崩れないように注意しながらリンゴを取り出します。
※形が崩れない様に注意
リンゴを取り出している所(リンゴ型オブジェの作り方)1リンゴを取り出している所(リンゴ型オブジェの作り方)2リンゴを取り出している所(リンゴ型オブジェの作り方)3

リンゴを取り出している所(リンゴ型オブジェの作り方)4リンゴを取り出している所(リンゴ型オブジェの作り方)5リンゴを取り出せました(リンゴ型オブジェの作り方)

取り出した本物のリンゴは、この後スタッフが美味しくいただきました(#^.^#)
※リンゴの使い回しはせず、1回使用のみで行って下さい。

Step8:割れた和紙リンゴを元に戻す(マスキングテープ使用)

隙間やズレがないように調節しながら、マスキングテープで左右3か所ずつ(計6か所)仮止めします。

マスキングテープを貼っている所(リンゴ型オブジェの作り方) (1)マスキングテープを貼っている所(リンゴ型オブジェの作り方) (3)マスキングテープを貼っている所(リンゴ型オブジェの作り方) (2)

Step9:割れたリンゴを元に戻す(和紙を貼る。1回目)

マスキングテープをさけ、カット箇所を覆うように和紙を貼っていきます。
厚みが出てしまうので、貼り重ねず行います。

くぼみ部分も忘れずに和紙を貼ってください。
和紙を貼っていきます。(リンゴ型オブジェの作り方)1和紙を貼っていきます。(リンゴ型オブジェの作り方)2

貼り終えると下記写真の様になります。
その後、風通しの良い日陰で自然乾燥させます。
和紙を貼り終えました(リンゴ型オブジェの作り方)1和紙を貼り終えました(リンゴ型オブジェの作り方)2

Step10:割れたリンゴを元に戻す(和紙を貼る。2回目)

和紙リンゴがしっかりと乾いたら、マスキングテープをゆっくりとはがします。
和紙を貼った部分は、切れ間が分からなくなっています。
カットラインが分からなくなっています(リンゴ型オブジェの作り方)

「初めに切れ間に和紙を貼る。」

マスキングをはがした切れ間の部分に、和紙を覆うように貼っていきます。
カットラインに和紙を貼る2回目(リンゴ型オブジェの作り方) (1)カットラインに和紙を貼る2回目(リンゴ型オブジェの作り方) (2)カットラインに和紙を貼る2回目(リンゴ型オブジェの作り方) (3)

「全体に和紙を貼る」

ちぎった和紙の残りを全体に貼っていきます。
全体に和紙を貼る(リンゴ型オブジェの作り方)1全体に和紙を貼る(リンゴ型オブジェの作り方)2全体に和紙を貼る(リンゴ型オブジェの作り方)3

下の写真が貼り終えたときのもの。
もうどこがカットしたところか分かりません。
その後、風通しの良い日陰で自然乾燥させます。
全体に和紙を貼る(リンゴ型オブジェの作り方)4全体に和紙を貼る(リンゴ型オブジェの作り方)5全体に和紙を貼る(リンゴ型オブジェの作り方)6

Step11:ヘタを付けて仕上げる

目打ちで和紙リンゴ上部のくぼみ(ヘタを取り付ける所)に穴をあけます。
開ける穴の大きさはヘタの太さに合わせます。

穴が小さすぎると入りませんし、大きすぎるとヘタが中にスポっと入ってしまうかもしれないので注意してください。ヘタを少し押し込んで入るくらいが丁度良いです。
目打ちで穴をあける(リンゴ型オブジェの作り方)目打ちで開けた穴(リンゴ型オブジェの作り方)

Step1でカットしたヘタを用意し、根元にボンドを適量つけます。
ヘタを取付ける(リンゴ型オブジェの作り方)1ヘタを取付ける(リンゴ型オブジェの作り方)2

先程開けた穴にさせば完成です!
※ボンドが乾くまでずれやすいので、気をつけてください。
ヘタを取付ける(リンゴ型オブジェの作り方)3ヘタを取付けて完成(リンゴ型オブジェの作り方)

こんなアレンジも出来ます!

「葉っぱを付けて可愛らしさアップ♪」

和紙とワイヤーで作った葉っぱを付けると、より一層リンゴの雰囲気がでます。
ヘタに押ピンや目打ちなどで穴をあけ、ワイヤーの先端にボンドを付けて差込み取付けます。
葉っぱを付けるアレンジ(リンゴ型オブジェの作り方)1葉っぱを付けるアレンジ(リンゴ型オブジェの作り方)2

「リンゴのインテリア照明」

LEDキャンドルライトを使って照明としても使えます。
ライトの大きさに合わせて、和紙リンゴの下をカットするだけで出来ます。
照明にする場合は、和紙の厚みを薄く仕上げると綺麗に光が透過してくれます。

リンゴの照明(リンゴ型オブジェの作り方)
ただし、使用する光源について一つ注意点があります。
熱の逃げ場がないので、電池式のLEDキャンドル以外は火災の原因となります。
※通常の電球照明はもちろん「コンセントに差すタイプのLED」であっても熱を帯びますので、絶対に使用しないでください。

最後に

完成したリンゴのオブジェ(リンゴ型オブジェの作り方)完成したリンゴのオブジェ。葉っぱ付(リンゴ型オブジェの作り方)
今回、和紙を使ったリンゴ型オブジェの作り方をご紹介させて頂きました。
この本物を使って型を取る方法は、他のものにも応用が出来ます。

例えば、かぼちゃを使ったものだったり。
和紙のかぼちゃ(パンプキン)オブジェ和紙のかぼちゃ(パンプキン)照明点灯時

変わり種では、以前製作したこちらの壺。
和紙の壺
※完成後、漆を塗って仕上げました。

左側が型として使用した本物の壺。右側が和紙の壺です。
本物は重さ十数kgはありますが、和紙の壺は470gと見た目からは想像できない軽さです。
フチの部分は少しやり方が異なりますが、基本的には今回と同じ方法で作られています。

和紙はアイディア次第で、様々なものに形を変えることが出来ます。
少しでも多くの方に和紙の魅力や、可能性が伝われば嬉しいです(#^.^#)


「和紙DIY用の製作材料ご用意しております」

個人の方はもちろん、教室やイベントで製作される際の染色和紙や糊などの材料をご用意いたします。そのほか作り方やご不明な事など、何かございましたらお気軽にこちらのフォーム、またはお電話・Faxにてお問合せ下さいませ。




(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

【DIY 和紙飾り】紙糸を使ったクリスマスオーナメントの作り方

紙糸を使ったクリスマスオーナメントの作り方をご紹介致します。
一見複雑で難しそうに見えますが、意外と簡単。大きさやサイズ、形も自由に出来るので楽しみながら手作り出来ます。

一つ一つがとても可愛いのでクリスマスの時期だけではなく、日常的に吊るして飾ったりランダムに置いておくだけでも素敵な空間作りが楽しめますよ。
クリスマスオーナメント(紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り)

手作りのオーナメントは温もりが感じられ、愛着が湧いてきます♪
ツリーに見立てた円錐型のオブジェは以前、ブログで作り方をご紹介したものです。オーナメントと組み合わせる事で、オリジナルのクリスマスディスプレイになります。
(飾り付けたクリスマスツリー&オーナメント)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作りモビール・つるし飾り(紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り)

【材料】

・紙糸(色や太さは好みに応じて。今回は太さ1mm、こちらの紙糸を使用)
・でんぷん糊(今回使用した糊はこちら
・ラップフィルム(サランラップ)
・スチレンボードor発泡ボード(必要に応じて白ボール紙)
・コンパス
・定規
・ステンレス製のクギ
・セロハンテープ
・ドライヤー(天候の悪い日に使用します。詳しくは"Step4"でご説明致します)



Step1:コンパスで円を書く

今回使用したボードは厚さ7mmの建材。発泡スチロールを白ボール紙でサンドしてあるものです。
代用品としては、スチレンボードや発泡ボードに白ボール紙を貼り付けたものが使えます。
しっかりしたものだと、その型を何度も使えるので厚みがある分には問題ありません。

コンパスを使って作りたいサイズの円を書いていきます。
下の写真のものは外側の円が直径5.5cm、内側の円が直径2cmです。

Step3でクギをさしていくので、2枚目の写真のように等間隔で印をつけます。
釘の本数によって形が変えられるので、必要に応じて印の数を変えて下さい。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(コンパスで円を書いている所)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(コンパスで円を書き終えた所)

Step2:ラップで包む

パネルの表側にシワが出来ない様にラップで包みます。
製作の途中ではがれてこないように、裏側はセロハンテープでとめます。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(ラップで包んでいる途中)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(ラップで包んだ裏側)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(ラップで包み終えました)

Step3:クギをさす

Step1で付けた印の位置に釘を出来るだけ垂直にさしていきます。
多少曲がっても仕上がりは変わらないのでご安心を。
画鋲等であらかじめ穴をあけてから行うとやりやすいかもしれません。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(クギをさす。斜めから)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(クギをさす。正面から)

Step4:糸に糊をしみ込ませて、糸をかけていく


ワンポイントアドバイス:
雨や湿気の多い時に制作する場合、ドライヤーで紙糸の湿気をとばしてから行って下さい。湿気が糸に残ってままで行うと、糊が十分に染み込まず柔らかく仕上がってしまいます。

でんぷん糊の濃度は濃いめ(シャバシャバだと薄い)トロトロっとした感じが理想的です。糊は薄すぎると柔らかく仕上がり、ドロドロと濃すぎると隙間に糊の膜が出来やすく、きれいに仕上がりません。

でんぷん糊をしっかり染み込ませたら、手で軽くしぼって余分な糊を落とします。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(紙糸に糊を染み込ませる)

■糸をかけていく際の注意点 その1

糸をかけていく際に内側の円にかからない様に巻いていきます。1枚目の写真が正解。2枚目の写真はかける位置が間違っているため、糸が内側の円にかかってしまっています。注意して巻いていきましょう。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(正しい糸のかけ方)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(誤った糸のかけ方)

■糸をかけていく際の注意点 その2

形によっては、糸が通っていないクギが残っているのにスタート地点に戻ってしまうことがあります。
その場合は下の写真の様に外側を通って隣の釘に移ってください。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(スタート地点に戻ってきました)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(外側を通って隣のクギへ)


内側の円にかからない様にかけていきます。
紙糸をかけていく度に形が見えてくるのが楽しいですね。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(糸かけ途中1)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(糸かけ途中2)

こんな感じで仕上がりました。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(糸掛け完成1)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(糸掛け完成2)

Step5:外側をつける場合(必要に応じて)

釘の外側に糸をかけていきます。今回は3回巻いてみましたが、好みに応じて巻く回数を変えて下さい。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(外側の糸を巻いている途中)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(外側の糸を巻き終えました)

Step6:浮きがないように、しっかり押さえたあと乾燥

よく浮きやすい位置が、クギに引っかかっている糸の部分です。
しっかり押さえたら、その後乾燥してください。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(しっかり押さえているところ)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(乾燥したら完成です)

乾燥後、クギを抜いてゆっくりとはがすと完成です!
大きさやクギの本数などによって、様々な形を作る事が出来ます。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(オーナメント完成品)

★おまけ:ツリーの先端に飾るオーナメント

白い針金を写真の様に巻いて、糸と針金が接している部分にボンドを適量つけます。
乾くと針金がグラグラしなくなります。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(ツリーの先端に飾るオーナメント1)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(ツリーの先端に飾るオーナメント2)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(ツリーの先端に飾るオーナメント3)

好みに応じてスプレー塗装を行います。
今回は金と銀色で塗装してみました。乾燥後ツリーにセットして完成です。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(ツリーの先端に飾るオーナメント、塗装済み)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(飾り付けたクリスマスツリー)
余分に作ったオーナメントは、ツリーの周りに散りばめてみました。

このクリスマスツリーに見立てた可愛いオブジェも紙糸で出来ています。
作り方は下記リンクでご紹介しています。
【DIY・和紙照明】手作りしてみよう!紙糸の円錐型ランプシェード

最後に

今回ご紹介した紙糸で作るオーナメント、いかがでしたでしょうか。
クリスマスに限らずモビール(吊るし飾り)やアクセサリーとしてもオススメです。
オーナメント型の和紙アクセサリー完成品

糸のかけ方はもちろん、丸以外でも作ることが出来ます。
ぜひ自分だけのオリジナル作品を作ってみて下さいね。


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

【DIY 和紙照明】手作りしてみよう!紙糸の円錐型ランプシェード

紙の糸を使った趣のあるランプシェード。球体型は風船を使って作る方法がよく知られているので、今回は珍しい円錐型ランプシェードの作り方をご紹介致します。

インテリアのちょっとしたオブジェとして。または、ツリーに見立てて飾りつけをおこなうとクリスマスインテリアとしてもお使い頂けます。ぜひ楽しみながら手作りしてみて下さい。

【DIY 和紙照明・あかり】和紙糸の円錐型ランプシェード (様々な色の灯り)

市販のLEDキャンドルを入れて、手作りのランプシェードに。
インテリアをワンランクアップさせてくれます。
【DIY 和紙照明・あかり】和紙糸の円錐型ランプシェード (LEDキャンドル)【DIY 和紙照明・あかり】和紙糸の円錐型ランプシェード (ムードのある和紙あかり)


【材料】

・紙糸(色や太さは好みに応じて。今回は太さ1mm、こちらの紙糸を使用)
・でんぷん糊(今回使用した糊はこちら
・ラップフィルム(サランラップ)
・白ボール紙(厚さ0.44mm、今回はサイズ22cm×39.5cmを使用)
・チップボール紙(厚さ約1mm)
・伸縮性の無い太糸(紙糸で代用可能)
・シャープペンシル
・ダルマピン(作る個数分)
・ホッチキス
・セロハンテープ
・ハサミ

※必要に応じて
・ドライヤー(天候の悪い日に使用します。詳しくは"制作開始のStep2"でご説明致します)
・コンパス(無くても良い)



製作型を作る(Step1〜7)


使うもの:
白ボール紙、チップボール紙 、シャープペンシル、伸縮性の無い太糸(紙糸で代用可能)、ダルマピン、ホッチキス、セロハンテープ、ハサミ

■Step1:白ボール紙をカットする。

カットする際に注意して頂きたいのは紙の流れ目です。紙には曲がりやすい方、曲がりにくい方があります。写真の様に長尺側が曲がりやすい方向でカットします。

■縦のサイズ:縦の長さが完成サイズとほぼ同じ高さになります。好みの大きさでカットしてください。
■横のサイズ:作る大きさにより変わります。巻いたときに白ボール同士が十分重なるくらい長さがあると、しっかりした型が作れます。
【DIY 和紙照明・あかり】製作型を作る(1:白ボール紙をカットする。紙の流れ目に注意)
※写真にある白ボール紙のサイズは22cm×39.5cm

■Step2:白ボール紙を丸める。

先端が尖る様に巻いていきます。最初は白ボールが固いのでうまくいかない場合がありますが、何度か行うと適度なクセが付き、やりやすくなります。先端が尖っていると、美しい仕上がりになります。
【DIY 和紙照明・あかり】製作型を作る(2:白ボール紙を丸める) (1)【DIY 和紙照明・あかり】製作型を作る(2:白ボール紙を丸める) (2)

■Step3:ホッチキスで仮止め。セロハンテープで固定する。

巻いた後、ずれない様にまずホッチキスで止めます。その後にセロハンテープを貼って固定します。
セロハンテープは一気に貼ろうとせず、スポットで付けた後に全体をつけるとやりやすいです。
※セロハンテープがシワになっていても、仕上がりには影響しなので問題ありません。
【DIY 和紙照明・あかり】製作型を作る(3:ホッチキスで仮止め、セロハンテープで固定する)

■Step4:先端の穴にダルマピンを入れる。

伸縮性のない太糸(画像では紙ひもを使っています)をダルマピンの根本に結びます。もう片方は写真の様に、型の一番短い部分よりも内側で緩めの結び玉を作ります。
※緩めの結び玉には、この後の行程でシャープペンシルを入れます。
【DIY 和紙照明・あかり】製作型を作る(4:先端の穴にダルマピンを入れる) (1)【DIY 和紙照明・あかり】製作型を作る(4:先端の穴にダルマピンを入れる) (2)

■Step5:シャープペンシルで線をひく。

先ほどの行程でつくった緩めの結び玉に、シャープペンシルの先端を通します。
※外れてしまう場合は、通してから硬く結びます。

紐が張った状態で、回転させながら線を引いていきます。
注意点として、ダルマピン側の紐が引っ掛からないように片方の手で補助しながら行います。
※テーブルに置いてやり難い場合は、手に持ってお腹辺りに少し押し付けながらだとやりやすいです。
【DIY 和紙照明・あかり】製作型を作る(5:シャープペンシルで線をひく) (1)【DIY 和紙照明・あかり】製作型を作る(5:シャープペンシルで線をひく) (2)【DIY 和紙照明・あかり】製作型を作る(5:シャープペンシルで線をひく) (3)

■Step6:線にそってカットする。

大まかにカットしてから、線にそってカットするとやりやすいです。
【DIY 和紙照明・あかり】製作型を作る(6:線にそってカットする) (1)【DIY 和紙照明・あかり】製作型を作る(6:線にそってカットする) (2)

■Step7:底部分を作る(チップボール紙使用)

真上から見ると、少し歪んでいるのが分かります。綺麗に仕上げるために、底部分を取付けます。
※底が無いと、糸を巻いていくうちに形がゆがんでくるので必ず取り付けて下さい。

底のサイズを図り、それに合わせたサイズでカットします。コンパスを使ってもいいのですが、写真の様に厚紙の簡易コンパスが便利です。片方の穴にはダルマピン、片方の穴にはシャープペンシルをさして円を描きます。

カットした底の大きさが合わない場合は調節し、写真の様にやや内側に入り込む形になるようにします。はめた後は外れない様にセロハンテープを4か所、写真の様に止めて型の完成です。
※型の大きさに合わせて、仮止めのセロハンテープの数を調節してください。
【DIY 和紙照明・あかり】製作型を作る(7:底の部分を作る。チップボール紙使用) (1)【DIY 和紙照明・あかり】製作型を作る(7:底の部分を作る。チップボール紙使用) (2)【DIY 和紙照明・あかり】製作型を作る(7:底の部分を作る。チップボール紙使用) (3)【DIY 和紙照明・あかり】製作型を作る(7:底の部分を作る。チップボール紙使用) (4)


いよいよ製作開始!(Step1〜6)


使うもの:
製作した型、ダルマピン、ハサミ、紙糸、でんぷん糊

■Step1:ラップを巻いて、先端にダルマピンを入れる。

【DIY 和紙照明・あかり】製作開始(1:ラップを巻いて、先端にダルマピンを入れる) (1)【DIY 和紙照明・あかり】製作開始(1:ラップを巻いて、先端にダルマピンを入れる) (2)

■Step2:紙糸に糊を染み込ませる。

ワンポイントアドバイス:
雨や湿気の多い時に制作する場合、ドライヤーで紙糸の湿気をとばしてから行って下さい。湿気が糸に残ってままで行うと、糊が十分に染み込まず柔らかく仕上がってしまいます。

でんぷん糊の濃度は濃いめ(シャバシャバだと薄い)トロトロっとした感じが理想的です。糊は薄すぎると柔らかく仕上がり、ドロドロと濃すぎると隙間に糊の膜が出来やすく、きれいに仕上がりません。

でんぷん糊をしっかり染み込ませたら、手で軽くしぼって余分な糊を落とします。
【DIY 和紙照明・あかり】製作開始(2:紙糸に糊を染み込ませる)
※木工用ボンドを使うとテカリが出たり、経年による黄変、熱で歪みやすくなります。でんぷん糊のみ、使用してください。

■Step3:糊を染み込ませた紙糸を型に巻き付けていく。

素手で行うと手が汚れてしまいますが、糸に糊がしっかり染み込んでいるか確認しながらおこなえるので、出来れば素手で行って下さい。

紙糸の巻き方は好みに応じて行ってください。あまり隙間が多いと強度が弱く仕上がるので、写真を参考にしてください。また、巻くときはダルマピンの根本を通る様に巻き付けると先端が綺麗に仕上がります。

糊が足りないと感じる部分は手や刷毛等を使って塗って下さい。
最後に全体を軽く握るようにして、紙糸同士の密着度を高めます。
※糊を塗りすぎた場合は、絞った雑巾などで軽く叩くようにして余分な糊を取り除いて下さい。
糸と糸の隙間に、固まった糊の膜が出来やすくなります。
【DIY 和紙照明・あかり】製作開始(3:糊を染み込ませた紙糸を型に巻き付けていく) (1)【DIY 和紙照明・あかり】製作開始(3:糊を染み込ませた紙糸を型に巻き付けていく) (2)

■Step4:最後に底の部分の強度を出す為に巻き付ける。

好みに応じて厚みを調節。今回は5回ほど巻き付けました。底が帯状になる事で強度が高まり、歪みにくくしっかりした仕上がりになります。その後ダルマピンは抜かずに、自然乾燥して下さい。

※紙糸が型のフチぎりぎりにくるように調節して下さい。底の部分が歪んだままだと、真っすぐ立たなくなります。
【DIY 和紙照明・あかり】製作開始(4:底の部分の強度を出す為に巻き付ける) (1)【DIY 和紙照明・あかり】製作開始(4:底の部分の強度を出す為に巻き付ける) (2)

■Step5:乾燥後、ダルマピンを抜く。

ダルマピンを抜くと先端に穴が開いたままになっているので、糊を塗って穴を隠して乾燥させます。
※完成後に何か飾りを差し込む場合などは、この工程は必要ありません。
【DIY 和紙照明・あかり】製作開始(5:乾燥後、ダルマピンを抜く) (1)【DIY 和紙照明・あかり】製作開始(5:乾燥後、ダルマピンを抜く) (2)

■Step6:乾燥後、型から抜く。

底の部分の糸とラップをカットする。裏側の蓋を取って引っ張ると、すっぽりと抜けます。
ポイントとしては、蓋を止めていたセロハンテープを引っ張るようにすると、型も歪まず抜く事が出来ます。この方法で行うと、型は再使用可能です。

型から抜いた後は、飛び出している紙糸をカットして完成です。
【DIY 和紙照明・あかり】製作開始(6:乾燥後、型から抜く) (1)【DIY 和紙照明・あかり】製作開始(6:乾燥後、型から抜く) (2)【DIY 和紙照明・あかり】製作開始(6:乾燥後、型から抜く) (3)【DIY 和紙照明・あかり】製作開始(6:乾燥後、型から抜く) (4)


最後に

以前ディスプレイ用として、高さ2m越えの大物を製作したことがあります。
基本的には今回ご紹介した作り方と変わりません。型を製作する部分が慣れるまでは難しいかもしれませんが、お好みの大きさに作ることが出来ます。

色違いの物を重ねても綺麗ですよ♪
【DIY 和紙照明・あかり】和紙糸の円錐型ランプシェード (色違いを重ねたもの)

ペンダントライト(吊り下げ照明)など、アイディア次第で様々なものに応用できますね。
是非、自分だけのオリジナル品を作ってみてください!

★追記:
円錐ランプシェードを使ったクリスマスディスプレイの作り方をご紹介しています。
今回使用した紙糸を使って可愛いオーナメントを作ってみましょう!
【DIY 和紙飾り】紙糸を使ったクリスマスオーナメントの作り方


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

100均DIY!フォトフレームと和紙を使った【壁インテリア】の作り方

気軽に始められる100均のフォトフレームと、和紙を使った壁インテリアの作り方をご紹介。
和紙の繊維を出しながらカットする「水切り」という方法で、シンプル・ナチュラルな空間作りが楽しめます。お部屋のイメージカラーや好みに合わせて、手作りしてみてください。

フォトフレームと和紙を使った100均DIY (フォトフレームと和紙)フォトフレームと和紙を使った100均DIY (和紙アップ)

【材料】

・100均のフォトフレーム(内寸 約15×22.5cm)素材:ガラス・木・紙
・背景紙(コピー用紙でも可)
・和紙
・壁面設置金具(最初から付属の場合は不要)

※必要に応じて
・透明の塩ビ板 2mm厚(背景紙の代わりに使用)
・オイルステイン等(フレーム着色用)



壁面を使ったインテリアの3つのメリット!

壁に飾るインテリアには、主に下記の3つのメリットがあります。

1.お部屋のスペースを狭めることなく飾る事が出来る。
壁面はお部屋の中でも面積が大きい所、うまく活用したいですよね。
壁インテリアはスペースを取らないので、今ある家具や小物類はそのままに飾る事が出来ます。

2.季節や気分によって気軽に変える事が出来る。
今回ご紹介するフォトフレームを使ったアイテムだと、中身を差し替えて季節感をだせます。
洋服を楽しむ様にインテリアを楽しんでみて下さい。

3.気軽にインテリア作りを楽しめる。
一つ飾るだけでも空間の印象が変わる壁インテリア。
家具などを新調しなくても、思いのままにインテリア作りを楽しめる気軽さがあります。


細身のフレームでシャープな印象に

フォトフレームと和紙を使った100均DIY (フォトフレーム)フォトフレームと和紙を使った100均DIY (細めのフレーム)
「フレームの中に入れるものを目立たせたい」、「すっきりシャープな印象にしたい」
という時は、写真のような細めのフレームがオススメ。

今回使用したフォトフレームは、ポピアという北陸地方のみで展開されている100均のもの。フレームは木製、窓部分にはガラスの板が入っています。
セリア、ダイソーなどにも細めのフォトフレームが販売されているので、手にはいるもので代用してください。飾る場所に合わせて小さめのフォトフレームを使うと可愛く仕上がりますよ♪


シンプルなグラデーション染めの和紙

フォトフレームと和紙を使った100均DIY (使用したグラデーション和紙)
グラデーションの染めが特徴的な和紙を使用しました。
お部屋のイメージカラーや、好きな柄の和紙を使っても良いですね。

※弊社オンラインショップでも、染色和紙を販売しています。
Washiあさくら染色和紙商品の一覧

このあとご紹介する「水切り(和紙の繊維を出してカットする方法)」を行なう場合には、楮(こうぞ)などの繊維のある和紙を使って下さい。パルプが多く入った一部の和紙、和洋紙などは上手く繊維が出ないことがあります。
もしお手元に和紙がある場合には、少しちぎってみて繊維を確認してから行うのも方法の一つです。


作り方:

Step1:和紙を水切りという方法でカットする。

フォトフレームと和紙を使った100均DIY (型をつかって水切り)フォトフレームと和紙を使った100均DIY (水切りを終えた所)
そのままカッターで切っても良いのですが、和紙らしさを出す為に水切りで繊維を出すようにカットしました。その方法は下記のブログ記事で詳しく解説しています。
誰でも簡単に出来る!フチ取りを耳付和紙のように仕上げるカット方法

水切りには写真のような型(厚紙など)を作っておこなうと、均一な形になりやすいです。あらかじめ、型よりもひとまわり大きめに和紙をカットして水切りを行うと簡単ですよ。


Step2:自然乾燥後、アイロンで形を整える

和紙を自然乾燥したあとで、シワなどが気になるようであれば裏側からアイロン(中温)をかけて形を整えます。和紙の裏表は、触ったときにツルツルしている方が表側、ざらざらしている方が裏側です。質感などの好みで裏表を自由に決めるのもOKです。


Step3:額に和紙をセットして完成!

フォトフレームと和紙を使った100均DIY (フォトフレームに和紙をセット)
和紙が上下左右均等の位置にくるようにセットして完成です。
今回はアーチ状のグラデーション和紙だったので、3枚用意して柄が繋がるようにしてみました。


必要に応じて金具を取り付ける

フォトフレームと和紙を使った100均DIY (フォトフレーム裏側)フォトフレームと和紙を使った100均DIY (ティースハンガー金具を取付けました)

今回使用したフォトフレームは、壁掛け用の金具がついてなかったのでフレーム上部に金具をつけました。このギザギザした「ティースハンガー」金具は、軽量のフォトフレームなどを取り付ける際とても便利です。ネジやフックに引掛けて使用します。

金具を取り付ける際、もともとついている黒いピンが干渉するので位置をずらしました。
裏ブタが厚紙製で強度がないため、ピンはついていた方が安心です。


透明塩ビ板を使用したアレンジ

フォトフレームと和紙を使った100均DIY (白と透明背景の比較)フォトフレームと和紙を使った100均DIY (透明背景)
和紙の素材感をより引き立たせたい場合には、背景紙や裏蓋を外して透明塩ビ板に差し替えてみて下さい。壁が透けて見えて、スッキリとした印象になります。

ティースハンガー金具(壁掛け用金具)を使用していることで、紐などの余計なものが見えずに設置出来ている事が分かります。

透明塩ビ板は、裏蓋の厚みに合わせたものにします。
今回は2mm厚のものを使用しました。


木目を生かしたオイルステインでシックな印象に

フォトフレームと和紙を使った100均DIY (塗装前にパーツは全て外します)フォトフレームと和紙を使った100均DIY (シックな印象の壁アート)
※透明塩ビ板と、オイルステイン塗装の組み合わせ。

フレームをオイルステインなどで着色すると、古木っぽい印象にもなります。
100均なので、気軽に加工出来るのがうれしいですね。

【塗装する際のポイント】

・取り外せるパーツは全て外す。
ガラスやネジなど付いた状態で行うと、他の部分に塗料が付いたりするので外しておきます。

・塗装面をサンドペーパーで研磨する。
最初から保護塗装がされている場合があります。
塗料の種類によっては、はじいてしまう事があるので研磨して下地作りをしておきます。

・一度に厚塗りせず、薄く塗る。
薄く塗って、仕上がりを見ながら塗り重ねると好みの雰囲気に仕上がります。
どんな塗料を使うかによっても異なるので、必ず塗料記載の説明に目を通してからペイントして下さい。

・スプレータイプのクリアニスを塗って仕上げる(オイルステインの場合)。
オイルステインだけだと色移りする事があるので、クリアニスを塗って保護します。


今回は、手軽にDIYが出来る100均フォトフレーム、和紙を使用した壁インテリアを作ってみました。
壁を使ったインテリアは、お部屋のスペースを気にすることなく飾る事ができます。もし、賃貸などで壁に穴があけられない場合は、窓際に立てかけて飾っても素敵ですよ。

中に入れる和紙は気軽に変える事が出来るので、季節感を出したい時に入れ替えても良さそうです。是非みなさんも手作りしてみてください。


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

和紙を使ったバレンタインラッピングの方法(箱物、小袋を包むタイプ)

和紙のバレンタインラッピング! (2)

気持ちが伝わる和紙ラッピング!

バレンタインが近付いてくると中身と同じく悩むのがラッピング。
プレゼントした時に真っ先に目にするものだけにこだわりたい所です。

そこで今回は、もみシワの入った和紙を使用して、箱物ラッピングと友チョコなどにもオススメの小袋ラッピングの2種類ご紹介致します(*´▽`*)

「バレンタインラッピング 箱物を包むタイプ」

バレンタインラッピング 箱物を包むタイプ

【材料】

・和紙(包むものによってサイズは異なりますが今回は44cm角)
・水引(お好みの色合いで3本。91〜70cmあれば十分です)
・金色紙(折り紙の金でも代用可能。今回の場合は3cm角)
・セロハンテープ
・両面テープ


バレンタインラッピング(ボックス等) (9)バレンタインラッピング(ボックス等) (10)
※今回使用した和紙はこちら

まず包む箱等に合わせて和紙をカットしていきます。
写真の箱サイズの場合は縦12cm×横12僉濆6cmで、このサイズだと44儚僂縫ットすると丁度良いです。

バレンタインラッピング(ボックス等) (8)
和紙をカットするときのポイントとしては、写真の様に和紙の立ち上がりのバランスを見て寸法を決めます。短くカットしすぎてしまうと後で調整が出来なくなるので、少し余裕をもって長めになるようにカットするとボリュームが出やすく豪華な感じになります。

※包んだ物が見えない厚みがある和紙であればお好みの和紙でも大丈夫です。
その場合はしなやかになるまで揉んでシワをつけた後、手で軽くシワを伸ばしてから進めて下さい。
※どうしてもカットするのが不安!という方は、一度新聞紙でサイズ合わせがオススメです。
サイズが決まってから本番の和紙をカットしてください。

バレンタインラッピング(ボックス等) (7)
箱を包んで、手でぎゅっとしぼっていきます。
そうする事で後の水引で結ぶ工程が簡単になります。

バレンタインラッピング(ボックス等) (5)バレンタインラッピング(ボックス等) (6)バレンタインラッピング(ボックス等) (4)
用意した水引を束にして、先ほどしぼった部分を縛ります。
この時の結び目がある方が裏側になるので注意してください。
結び難い時には、写真の様に手前側にもってきて縛っても構いません。

バレンタインラッピング(ボックス等) (3)
結び目を作った後ろ側から水引をハートになるようなイメージで手前にもってきます。
その後、まとめた水引を写真の様にセロハンテープでまとめます。
※水引が余り過ぎた場合はカットして下さい。

バレンタインラッピング(ボックス等) (2)バレンタインラッピング(ボックス等) (1)
四角く切った金色紙(今回の場合は3cm角)2枚を重ねた状態で、裏側から水引をセロハンテープで止めます。その後、そこに両面テープをつけて正面部分に貼り付けて完成です。

「バレンタインラッピング 小袋を包むタイプ」

バレンタインラッピング 小袋を包むタイプ

【材料】

・和紙(包むものによってサイズは異なりますが今回は23cm角)
・水引(お好みの色合いで3本。91〜70cmあれば十分です)


今回、小袋に2個のチョコレートを入れて包んでみます。
小袋に包んだサイズで縦13僉濂17cm、このサイズで23儚僂縫ットした和紙を使用しています。
袋のサイズを大きくしてもっと入れるチョコを増やすこともできます。
バレンタインラッピング(小袋タイプ) (6)
※今回使用した和紙はこちら

こちらも中に入れる小袋サイズに合わせて和紙をカットしていきます。
包み込むようにラッピングしていくので、余裕をもったサイズでカットしてください。

※包んだ物が見えない厚みがある和紙であればお好みの和紙でも大丈夫です。
その場合はしなやかになるまで揉んでシワをつけた後、手で軽くシワを伸ばしてから進めて下さい。
※どうしてもカットするのが不安!という方は、一度新聞紙でサイズ合わせがオススメです。
サイズが決まってから本番の和紙をカットしてください。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (7)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (8)
さて、いよいよ包んでいきます。
写真の様に小袋を置いて、左右の和紙を中央で重ねます。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (9)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (10)
手前の端をその上に重ねます。
その後、もう片方も折り曲げていきます。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (11)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (12)
端の飛び出た部分を内側に折り曲げます。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (13)
中心をぎゅっと手でしぼります。
※この時中身をつぶさないように気を付けて下さいね(^^)/

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (5)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (4)
水引を束にして、あわじ(あわび)結びを行います。
あわじ結びが慣れている方は、先ほど手でぎゅっと絞った部分であわじ結びを行ってください。
慣れていない方は、あわじ結びを作ってから下の輪っかに包んだものを通して行うと簡単ですよ♪

次に、写真の様に右側の輪っかをずらして、飛び出た水引をカットします。
※写真ではすでにカットしてあります。
カットしすぎると外れてしまう事もあるので、その時はボンドで接着して下さい。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (3)
右側の水引を写真の様に左側へ通していきます。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (2)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (1)
バランスを整え、最後に水引の端をカールするように行って完成です。
※もし水引が長すぎる場合はカットして調節してください。


「最後に」

和紙のバレンタインラッピング! (1)
いかがでしたでしょうか。
今回使用した、もみシワが入った和紙は通常のラッピングの様に折りシワを気にする必要がないので、ラッピングしやすいのが特徴です。その優しい手触り感でプレゼントされた方が、ほっこりするようなラッピングに是非挑戦してみて下さい♪


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)
浅倉紙業株式会社(ショールーム紙あさくら)をフォロー
和紙のある空間作りならお任せ下さい。
アートパネルや光壁を始めとしたインテリア企画製作、手漉・手染和紙、和紙小物のOEMなど、あらゆるニーズにお応えいたします。

〒920-0841
石川県金沢市浅野本町1-10-8
(Google mapで開く)
■TEL:076-252-6632
(月〜土 9:00-18:00)
■FAX:076-252-1318
(24時間受付)
※定休日:日曜、祝日

オンラインショップ「Washiあさくら」トップページへ



ブログ内の記事検索