浅倉紙業株式会社 (ショールーム 紙あさくら)のブログ

石川県金沢市にある創業明治30年の和紙専門店
「浅倉紙業株式会社(紙あさくら)」のブログ。
オリジナル創作和紙や壁掛アートパネル、
和紙商品を定期的にご紹介しています。

訪問・見学

悠久紙(五箇山和紙)の冬の風物詩「雪晒し」の現場見学に行ってきました。

先週末、お付き合いのある五箇山和紙「悠久紙」の宮本さんから、
雪晒し(ゆきさらし)や紙漉きの現場体験を行うとお誘い頂いたので行ってきました!
※雪晒しとは五箇山の冬の風物詩で、詳しくはこの後ご紹介しています。
豪雪地帯の五箇山地方は、当たり前のように3m以上は積もるそうで、
道中の景色は雪がミルフィーユのように層になっていました。

悠久紙(五箇山和紙)体験 (2)
集合場所に到着するとご覧の通りの雪!これでも少ないそうです(^_^;)
晴天にも恵まれ、空気も澄んで心地がよいです。

紙漉きの現場体験では、まず悠久紙についての説明をして頂いたのですが、
まず何より驚いた事が下の大福帳。一番左が最近作ったもの、真ん中と右は…
いつ頃作られたか分かりますか?
悠久紙(五箇山和紙)体験 (1)
そう、大正6年というと1917年なので100年経っているんです。
実際に触って中身も見させて頂いたのですが、これまた驚くほどしっかりしています。
とても100年経っているとは思えないほど和紙の自然な白さも保たれています。
普通これだけ古い大福帳だと黒ずんでいて、周りがボロボロなので触るのも怖いくらいですよね。

耐久性のある美しい和紙を作るには、
いかに良質な和紙繊維を傷めず原料を処理出来るかが大切なのだそうです。
なぜこんなに耐久性がある和紙が作れるのか、今回その理由を垣間見る事が出来ました。

その工程の一つ、雪晒し(ゆきさらし)の現場を見学させて頂きました。
雪深い道を歩いていきます。奥に鳥居が見えますが、
その長さでどれだけ雪が積もっているのか分かりますね(笑)
はしゃいでジャンプとかすると、簡単にひざ上くらいまで埋もれてしまうので、
ゆっくり慎重に歩いていきます。
悠久紙(五箇山和紙)体験 (3)

こちらが雪晒しをまさに行っている所です。
いくつかの工程を経て、楮(こうぞ)表皮の黒皮部分を手作業で削りとったあとに、
写真の様に雪の上に処理した楮を広げて1週間から2週間ほど、ひっくり返しながら晒していきます。
太陽の紫外線によって、徐々に葉緑素が抜けて天然の白色が得られます。
※葉緑素とは…植物の葉緑体の中に含まれる緑色の色素のこと。
悠久紙(五箇山和紙)体験 (7)悠久紙(五箇山和紙)体験 (4)

葉緑素が抜けてくると、下の写真の様にあきらかな違いが出てきます。
悠久紙ではこのようにして自然な白さを出す工程を行っていますが、市場で出回っている和紙の中には「さらし粉」という化学薬品を使って一気に白くしてしまう方法を行っているものもあります。
簡単でコストも大幅に抑えられますが、原料自体にもダメージを与えてしまうので何百年、何千年と生きる和紙にはなりません。
悠久紙(五箇山和紙)体験 (6)悠久紙(五箇山和紙)体験 (5)
ちなみに雪晒しには雪がとても重要です。
雪の表面は冷たく、そこに原料を置くことで腐らないという意味があります。
ただ、雪が降ると晒している原料が埋もれてしまいどこにあるか分からなくなる事と、
雪の中は意外と暖かい(かまくらの原理ですね)ので、原料が腐ってしまう為、
傍にあるワイヤーに吊るして雪晒しを続けます。


雪晒し見学のあとは工房に移動しました。
こちらでは原料を煮てアク抜きを行ったものに残っている黒皮や汚れ等を
一つ一つ手作業で取り除いている所です。
気の遠くなるような作業ですが、この工程を適当にしてしまうと和紙を漉いた際に
黒い部分が入ってしまうので細かなものも見逃すことなく行っていました。
悠久紙(五箇山和紙)体験 (8)悠久紙(五箇山和紙)体験 (11)悠久紙(五箇山和紙)体験 (12)
この部分も市場に出回っている和紙の中には原料を煮る段階で苛性ソーダという薬品を使って黒皮などの汚れを溶かして処理されているものがあります。
そうすることで、黒皮を手作業で取り除く工程を省く事が出来てコストを抑えられますが、
やはり原料の繊維も傷んでしまいます。
もちろん、悠久紙では薬品は一切使用せず作られています。

悠久紙(五箇山和紙)体験 (10)悠久紙(五箇山和紙)体験 (9)
※熱した真鍮製の乾燥板に貼り付けて乾燥している所。
修復用紙など、用途によっては木の板に貼り付けて、日光で乾燥させる伝統的な方法で行う事もあります。



悠久紙(五箇山和紙)では、全ての行程において化学薬品を一切使わず
和紙の繊維をそのままに和紙を漉いていました。
そうやって出来上がった和紙は経年によりさらに白さを増していくので、
最初にご覧頂いた大福帳の経年を感じさせない状態が納得出来ますね。

このように良質な原料の栽培から手漉きまで一貫して行っている所は全国的にも非常に珍しく、
海外のからの原料に頼らざるを得ない産地も少なくありません。
こだわって作られた悠久紙は、桂離宮の修復、名古屋城の本丸御殿修復、勝興寺の修復、ヨーロッパの絵画修復、などその他さまざまな場所で重要文化財の修復用紙として使われています。
これらの修復用和紙は、最低でも500年耐えうるものである事が求められるそうです。

とても貴重な和紙ですが、お土産品や和紙小物など用途によっては原料の種類や配合を変える事でコストを抑えた和紙も漉いています。

悠久紙の宮本さんともお話しさせて頂きましたが、世の中に出回っている和紙風の和紙が決して悪いのではなく、和紙の正しい知識としてそれぞれの用途に合わせて最適なものを使う事が大切ですね。私たちも和紙を専門に取り扱う者の責任として、お客様に和紙の正しい知識をお伝えしていくと共に、ご要望や用途に合わせた和紙をこれからもご提案していきます。

今回、和紙制作現場の一部を見学出来てとても勉強になりました。
和紙の世界は奧が深いので興味の種は尽きません(^-^)
お声がけ頂いた悠久紙(五箇山和紙)の宮本さん、スタッフの方々有難うございました!


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

横野和紙の上田手漉和紙工場さんに行ってきました。

10月9日、10日の連休を使って岡山県まで行ってきました。

先先代からお世話になっている横野和紙の上田さんがイベントをされているとの事で
そちらにも伺ってきました。上田さんは日本で唯一、箔合紙(簡単に言うと仕上がった金箔を挟んで保管しておく為の和紙)を漉いている所でブログでもちょくちょくご紹介しています(^-^)

「作州の民芸 ものづくり展」という展示会で既に会期が終わってしまいましたが
津山や美作地域の12人の作家の方が作品の展示販売をされていました。

上田手漉和紙工場さんの和紙小物たち
上田さんの手漉き和紙を使った和紙小物の数々が並んでいます。
和紙が上質なのでどれも目移りしてしまいます。
赤茶(ピンクっぽい?)色合いのものはベンガラ和紙です。
※以前ブログでご紹介したベンガラ和紙の詳細はこちら

上田さんが漉いた和紙
原料や製法、色合いが異なる和紙。
これだけ綺麗に並んでいると思わず立ち止まってしまいます(^-^)
表情豊かな和紙が多く、壁面や照明用のほか
書の作品などに使っても良さそうでした。

上田手漉和紙工場さん工房の看板
上田さんの工房にもお伺いしてきました。
空気と水の綺麗な場所に上田さんの工場(工房)があります。
事前予約が必要ですが紙漉き体験なども行っているそうで、日本だけではなく
海外の観光客も来られるそうです。

みつまた(煮た後のもの)ここで煮たあとの原料を洗って、さらします。
ちょうど和紙の原料「三椏(みつまた)」を煮たものが置いてありました。
目の前の川を見ると石で仕切りを作って水の流れを調節出来るようになっています。
ここで原料についた不純物を洗い流し晒す事で、写真の様な茶色っぽい色から自然な白さ(生成り色)になっていきます。塵取りを行いその色合いを活かして漉いたものが生漉き(きずき)や未晒しとも言ったりします。
※市場では生漉きの色合いに似せて染色をした偽物も出回っているそうなので、
お買い求めになられる際には注意が必要です。


一番心配なのは山の天気で、山の上の方で雨が降り増水すると、
川の水が濁ってしまったり、ひどい時には晒している原料もろとも流されてしまう事もあるそうです。

番犬可愛い!
〜おまけ〜
人懐っこいお犬様にも出会えますよ(笑)


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

表具のプロに聞いた!和紙を壁紙に使う際の糊のおはなし

先日、和紙の内装施工でお世話になっている表具店の武田さんとお話する機会があって
昔から気になっていた事を聞いてみました。

壁紙に和紙を貼る場合に、ビニールクロスを貼る糊(クロス糊)で貼る場合と、
昔ながらの煮糊(でんぷん糊)を使う場合とではどのような違いがあるかという疑問です。
昔からクロス糊は和紙と相性が良くないと何度も聞かされてきました。
ではどう良くないのか。

通常、新築住宅やリフォームで和紙の壁紙を依頼した場合、
殆どの場合はビニールクロス壁紙を得意とする業者さんがクロス用の糊を使って和紙を貼っていきます。機械で一気に糊を塗れますし、工期も非常に早く、あっという間に仕上がります。

一方で、和紙の扱いに慣れている経師屋さん(表具屋)が貼る場合は、
今回写真をアップしたように下貼り、表貼り共に袋貼りと言う貼り方で貼っていきます。
余談ですが、袋貼りは必要な部分にしか糊がついていないので、
和紙本来の呼吸(調湿性)を妨げない貼り方です。

※袋貼り…縁には濃いめの糊を塗り、内側には本当に薄い糊を塗って貼るやり方。
乾くと内側だけ浮いて、袋の様になることから袋貼りといいます。和紙のもつ調湿性を最大限に活かす、昔ながらの貼り方。


フチに濃い糊を塗っています内側には水のような薄い薄い糊を塗っていきます。2種類の糊を使用しています。貼っている途中漆の和紙下貼り、上貼り共に袋貼り
-糊は用途に合わせて濃度を調節-
昔の日本の伝統的な表具では、糊を入れたかめを何年も床下に保存し腐敗させて、
接着力が弱くなった古糊を使う事もあったそうです。
今の世の中では強力な糊を使ってバシッと貼るイメージですが、
昔の技法では、数年後に修復を想定した糊の選び方をしてしています。

もし糊が強すぎると修復そのものが出来ないという事なんですね。

糊の違いについて武田さんいわく、
クロス糊で貼った場合、和紙に染み込んで表面に上がってきた糊剤が経年により
シミや黄ばみの原因となるそうです。それが5年先なのか10年先なのかは状況によりけりですが、
そういうリスクがあるとの事(必ず出るとは言えませんが)。

この黄ばみに関しては、ビニールクロスが使われている住宅の場合、よく問題になります。
ビニールクロス自体は水分を通さないので、糊が表面に上がってくる事はありません。
しかし、クロスのつなぎ目の部分など、表面についたクロス糊をきれいにふき取っていないと、
数年後に黄ばみが出た!という例を多く耳にします。

一方で武田さんが昔から使う糊は、シミや黄ばみが起きないようなものを使用しているから
その心配がないのだとか。

確かに!実は、実家の内装は武田さんに和紙を壁紙として貼ってもらいましたが、
あれから20年近く経った今も黄ばみやシミなど一切ありません(#^^#)

これから和紙壁紙を検討されている方は、
糊についても是非吟味してみて下さい。

※弊社ではこちらの糊を使用しています。
経師屋さんが使う本格的な糊ではありませんが、
和紙との相性がとても良く、シミも発生した事がないので長年使っています。


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

金沢和傘の製作途中風景を見てきました!

今日は金沢和傘伝承保存会のメンバーでもあります
工房『明兎』 山田ひろみさんの工房へおじゃましてきました。

山田さんとは和紙を買いにこられた事をきっかけに、
もう10年近くお付き合いさせて頂いております。
和傘の製作や修復、その他にも水引の先生もされているバイタリティーあふれる方です。

今、金沢和傘を継承した職人さんは、松田和傘店を営む
松田弘さん(1924年生まれ 91歳)お一人のみ。
そこで金沢和傘を後世に伝えようと2009年に金沢和傘保存会が発足したそうです。

私、こうして和傘作りを見るのは初めての体験です(o^^o)
和紙の良し悪しが、作業性と仕上がりに大きく影響するんだなと改めて実感しました。
アップした写真はまだ和傘の製作途中、1本の和傘が仕上がるまでには約1カ月程かかるそうです。

「工房 明兎 wagasa & mizuhiki」Facebookページ
IMG_1457IMG_1506IMG_1502IMG_1513IMG_1521IMG_1474


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

金沢の桜は団子が美味しくなる桜です(お花見に行ってきました)

先日15日、ここ金沢では桜の開花が満開となり、
桜の名所とされる兼六園金沢城公園でも数多くの人々で賑わっていました。
というのも兼六園は桜の時期になると無料開放を行っているので、
気軽に日本の三大庭園の一つ「兼六園」の桜を見る事が出来ます。
もちろん観光客の方も無料です。

私はというと、兼六園の桜を見物しお花見団子を食べ!?
(いわゆる花より団子派です(^_^;))

そのまま浅野川沿いを散策してきました。
P4150950
P4150949
桜があまりに綺麗なので、どのように撮っても綺麗に撮れてしまいます(笑)
いつも夜桜ばかり見ていたので、こんなに綺麗だったのかと再確認出来ました♪
種類も沢山あるんですね〜

P4150935
夕方に近いというのもあるのか、人もそれほど多くなく、
家族連れやカップル、水辺では子供達が水遊びをしていました。

この場所は弊社の近くなので、まだもう少し桜を楽しむことが出来そうです。


花より団子の次はサクランボ?の
浅倉紙業Tでした(#^.^#)


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

香りを楽しみ、舌で味わう「感心香食」イベントに参加してきました!

先日の26日(日)にお世話になっているデザインTAMAの社長さんからお誘い頂き、
金沢のお香専門店「香屋」さんが企画したイベント「感心香食」に参加してきました!
このイベントは聞香席、お抹茶席、ミニ点心懐石が一度に体験・味わう事が出来るイベントです。

聞香席とは香りを聞き当てるゲームで、聞くといっても「もしも〜し」と聞く物ではありません(笑)
香道の世界では香りを嗅ぐではなく、「聞く」と言うそうです。

実際に香木の香りには六国五味(りっこくごみ)という六種類の香木と五つの味があり、
六国とは、「伽羅(キャラ」「羅国(ラコク)」「真南蛮(マナカ)」
「真那伽(マナバン)」「佐曾羅(スモタラ)」「寸聞多羅(サソラ)」の六種類の香木、
五味は、 「甘い」「辛い」「酸っぱい」「苦い」「鹹(しおからい)」 の五つの味です。
それぞれの香木によって香り(味)が異なるので、
それをゲーム形式で当てるのが聞香会の醍醐味です。

私はまだ2回しか聞香の世界に踏み込んでいないので、香木とか味とか全く分からないのですが、
それでも違いは多少なりと分かる…かな??っという所まではいきました。
凄い人になると香木の種類まで言い当ててしまうそうです\(◎o◎)/!
(香木の香りは単純に一味とは限らず、五味の強弱や組み合わせによって成り立っているので、
違いを言い当てるならまだしも、香木の種類を言い当てる事はとても凄い事なんです)

さてそんな私ですが、今回2度目の挑戦でまたしても聞き当てる事が出来ず…
3度目の挑戦で勝ちにいきます!(笑)
(何故か香木の香りを聞くとリラックスするのか、鼻づまりが一時的に治るんです(笑))

120226_113515
聞香席の次はお茶席なのですが、これは初体験で色々と勉強になりました。
宗和流のお抹茶と料亭やこのようなお茶席でしか味わえない「吉はし」さんの和菓子を頂き、
慣れない正座で足が痺れて…その後は時間が止まったように動けなくなりました(^_^;)

その後は富山県の懐石料理・万惣(まんそう)さんの点心懐石を味わいました。
これもまたやさしいお味でとても美味しかったです。

DSC_0071
外を見ればうっすら雪景色で、身も心も清々しい日曜日を過ごせました。
デザインTAMAの社長さま、お誘い頂き有難うございました!!


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)
【 浅倉紙業株式会社 】
ショールーム紙あさくら


和紙のある空間作りならお任せ下さい。
アートパネルや光壁を始めとしたインテリア企画製作、手漉・手染和紙、和紙小物のOEMなど、あらゆるニーズにお応えいたします。

〒920-0841
石川県金沢市浅野本町1-10-8
(Google mapで開く)
■TEL:076-252-6632
(月〜土 9:00-18:00)
■FAX:076-252-1318
(24時間受付)
※定休日:日曜、祝日


ウェブサイト

オンラインショップ

インスタグラム

フェイスブック

製作事例

お問い合わせフォーム

オンラインショップ「Washiあさくら」トップページへ



Facebookページに「いいね!」お願いしますm(__)m

ブログ内の記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード