浅倉紙業株式会社 (ショールーム 紙あさくら)のブログ

−石川県金沢市にある創業明治30年の和紙専門店−

和紙アートパネル

モダンな空間に優しいピンクの差し色。和紙アートパネル製作事例

洗練された落ち着きのある空間―。天井と壁はホワイト、床はダークブラウンで統一された石川県Hさまの新築のご自宅です。その玄関ホールの壁面に飾る和紙アートパネルをご依頼頂きました。

H様のご希望は「和を感じるやわらかな印象。淡いピンク色を使ったアートパネルにしたい」というものでした。弊社ショールームにもご来店頂き、イメージに合う和紙を見ながら打合せを進めました。

和紙インテリアでは、デザインイメージをスケッチで数パターンご提案しています。原案のままという事もありますが、それをベースに修正・変更を行ってお客様の理想とするものに仕上げていきます。

完成したHさまのオリジナルアートパネルがこちら
モダンな空間に優しいピンクの差し色。和紙アートパネル製作事例(正面)モダンな空間に優しいピンクの差し色。和紙アートパネル製作事例(デザイン部分アップ)
※寸法:W800mm×H600mm×T20mm
※制作日数:約10日間


麻和紙をベースに、やさしい印象のピンク色ぼかし染め、ラメ入り樹脂ライン、金粉をあしらいデザインしました。

パネルを飾る予定の壁には、天井からのスポットライトがあたるようになっています。その光によって樹脂ラインに陰影が強調され、立体感のある表情を楽しめます。

モダンな空間に優しいピンクの差し色。和紙アートパネル製作事例(やや斜めから)モダンな空間に優しいピンクの差し色。和紙アートパネル製作事例(斜めから)

今回のH様の事例では、モダンな空間に映える優しくやわらかな印象のアートパネルをご紹介いたしました。

玄関は中と外をつなげる場所であり、その家の第一印象を決める重要な役割をもっています。
アートパネルなど、壁面を使ったインテリアはスペースを気にすることなく気軽に空間作りを行えるので、みなさんも是非活用してみてくださいね。

商品に関してのご質問など御座いましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

日々の暮らにさりげなく。和紙花を使ったモダンな一輪挿しパネル

一見、本物の植物に見えるツル系植物。
実は全て和紙で出来ています。

今回ご紹介するのは、ショールームディスプレイ用に制作した2種類の一輪挿し和紙アートパネル。
葉や実に高知県の土佐楮和紙を使用し、リアルな感じを出すため色付けにはボカシやグラデーションの技法を用いて仕上げました。

和紙の植物は枯れないので、美しい状態で長く楽しめます。
※画像はクリックすると大きくご覧頂けます。

『グリーンの実を付けた和紙の植物と一輪挿し』

グリーンの実をつけた和紙製の植物を使ったモダンな一輪挿しパネル(正面から)グリーンの実をつけた和紙製の植物を使ったモダンな一輪挿しパネル(斜めから)
※パネル寸法:W110mm×H575mm×T7mm

墨染の楮和紙のパネルに、アクリル製の筒にオリジナル創作和紙を巻き付けて仕上げた一輪挿し。
筒はパネル面にあるフックに引掛けて使用します。

グリーンの実をつけた和紙製の植物を使ったモダンな一輪挿しパネル(アップ)グリーンの実をつけた和紙製の植物を使ったモダンな一輪挿しパネル(赤や紫の実)
実在しない植物なのですが、ちょっと美味しそうな実がなっていますね。
葉先には茶色い部分があったり、葉脈も見て取れます。ほかにも赤や紫の実も作ってみました。

『和紙製のカラスウリと一輪挿し』

和紙製のカラスウリを使ったモダンな一輪挿しパネル(正面)和紙製のカラスウリを使ったモダンな一輪挿しパネル(斜めから)
※パネル寸法:W100mm×H910mm×T7mm

すっきりとした細身の一輪挿しアートパネル。
先ほどのタイプと同様に、パネル部分にはラメ入り樹脂ラインでデザインしました。

和紙花を使ったモダンな一輪挿しパネル(パネルデザイン部分アップ)

黒に近いラインなので主張しすぎず、光の当たり具合で陰影が出来ると浮き上がって見えます。
これらのデザインも手画きで入れています。

和紙製のカラスウリを使ったモダンな一輪挿しパネル(カラスウリ部分アップ)
カラスウリ(烏瓜)をモチーフとして制作した和紙の植物。
葉には、虫食いの穴も表現してみました。

普段から染色用として使う事も多い和紙なだけに、繊細な色表現が可能です。
白いままでも透き通るような透明感のあり、弊社の和紙フラワーギフトでも使用しています。

花器は置いて飾るだけではなく、今回ご紹介した壁に引っ掛けて使う「壁掛け花瓶」などがあります。
壁面はお部屋の中でも面積が大きいため、うまく活用することでオシャレな空間作りを楽しめますよ。

弊社では、一般住宅からホテルや旅館などの空間作りとして、和紙インテリアの企画制作を行っております。商品に関してご質問やご要望が御座いましたら、お気軽にお問合せ下さい。


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

立体的なラインが織りなす、陰影豊かな花柄の和紙アートパネル

空間の中で大部分をしめる“壁”
そんな壁を使ったインテリアは、お部屋のスペースを気にすることなく、空間の雰囲気作りを行う事が出来ます。

今回ご紹介するのは、福岡県T様のリビング壁面用の和紙アートパネルです。
これから建てられるご自宅に合うものを探されている中で、弊社ブログの事例を見てお問合せ頂きました。

デザインやサイズは、ご要望や空間に合わせて企画・ご提案しながら進めていきました。
陰影豊かな花柄の和紙アートパネル (横写真)壁インテリア陰影豊かな花柄の和紙アートパネル (アップ)
※リビング用 寸法 W400mm×H800mm×T20mm

ベージュと墨グラデーション染めのベース。デザイン部分には銀ラメ樹脂ラインに、金粉をアクセントに入れた花柄アートパネルに仕上がりました。
このようなボタニカル(植物)テイストは、季節問わずにとても人気があるデザインの一つ。
インテリアに癒しや温もりを感じさせてくれます。

パネルの設置に関しては「壁にピッタリと取付けしたい」とのご要望をうけて、裏側の構造を変更。
壁面と一体感ある設置が可能となっています。

陰影豊かな花柄の和紙アートパネル (アップ斜めから)
太めに入れた銀ライン。
光が当たる角度によって陰影が生まれ、立体感が強調されます。

これらの加飾は、決定したデザインをもとにフリーハンドで画いたもの。
染色も自社工房にて行っているので、細かなご要望にもお応えする事が出来ます。

納品後、T様から「豪華な感じに仕上がって満足です。これからパネルをかけるのが楽しみです」との声も頂けました。このように、お客様の理想のインテリアコーディネートをお手伝い出来る事が、私たちの喜びです。

陰影豊かな花柄の和紙アートパネル (縦写真)壁インテリア

和紙アートパネルを使った壁インテリア。
思い描いた理想の空間作りに、取り入れる方も増えてきています。

とは言っても、どの様なデザインが良いか迷ってしまいますよね。
弊社では、ヒアリングを行いながら仕様やデザインのご提案を行っています。
お客様に見える形(デザインスケッチなど)でご検討頂きながら、理想を形にしていきます。

和紙アートパネルに関して、
・どんなデザインが良いか迷っておられる方、
・何か飾りたいけど、どんなものが良いか分からない方
・こんなデザインで作って欲しい!とお考えをお持ちの方

など、商品に関してご不明な事やご要望が御座いましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

玄関インテリア−お客様オリジナルの和モダンアートパネル

玄関は家の「顔」ともいわれ、もっとも個性が出やすい場所です。
家族はもちろん、ゲストも目にする場所なだけに空間にはこだわりたいですよね。

そんな玄関ホール用のインテリアアイテムとして、
愛知県のH様から和紙アートパネルのご依頼を頂きました。

設置をお考えの空間は、床以外“白と黒”で統一され、落ち着きのあるモダンな雰囲気。
H様から「既にあるインテリアアイテムとの調和や、空間のイメージに合わせて落ち着いたデザインにしたい」とのご希望をうけて、サイズやデザインをご提案しながら打ち合わせを行いました。

そして完成したアートパネルがこちら!
玄関インテリア(愛知県H様オリジナル和紙アートパネル)正面玄関インテリア(愛知県H様オリジナル和紙アートパネル)斜め
※寸法:W200mm×H700mm×T20mm

墨染め楮紙に、五彩箔や金ラメ樹脂ラインのデザイン。
光の当たり方や見る角度によって、様々な表情を見せてくれます。

モダンなアイテムというとクールな印象をうけますが、和紙素材が加わる事で温かみも感じられます。

玄関インテリア(愛知県H様オリジナル和紙アートパネル)アップ
納品後、H様からも「サイズも丁度よく、玄関の雰囲気にもピッタリで、家族も喜んでくれました」との
お言葉を頂けました。H様、有難うございます(^^♪

弊社では設置をお考えのインテリアや、ご要望に合わせたアートパネルをお作りしております。
下記に、アートパネル製作から納品までの流れをまとめてみました。

「アートパネル製作はどの様にすすめていくの?」
Step1 お問合せ:
アートパネルの仕様やデザインについて、分からない事がありましたらお知らせ下さい。
ご不安に感じている部分や、概算見積り、納期など、何でも結構です。

Step2 打ち合わせ・ご提案:
可能であれば、設置をお考えの空間・壁面が分かる写真を1〜2点お送り下さい。
ご要望をお聞きしながら、打ち合わせ・ご提案を行います。

Step3 お見積もり・ご入金:
仕様が決まりましたら正式なお見積もりをお知らせ致します。
内容にご納得頂けましたらご入金をお願い致します。
※ご入金前にキャンセルとなっても、お客様に費用のご負担はありません。

Step4 製作開始:
ご入金確認後、製作を進めさせて頂きます。
途中経過をメール等でお知らせしています。

Step5 完成・納品(発送):
完成後、写真をメールでお送り致します。
ご了解頂いてから梱包し、発送(もしくは店頭お渡し)致します。


アートパネル製作でご不明な事など御座いましたら
お気軽にお問合せ下さいませ。


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

モノトーンのモダンアート、金銀デザイン和紙アートパネル(ご依頼品)

千葉県H様からご依頼頂いた、和モダンアートパネルの事例をご紹介いたします。

ブログでご紹介している事例をご覧頂いていたH様。その中でイメージにピッタリのものがあり、お問合せ頂きました。設置する場所に合わせて、サイズ・デザインの調節をおこない仕上げました。

金銀デザインのモノトーン和紙アートパネル (正面から)金銀デザインのモノトーン和紙アートパネル (斜めから)
寸法:H350mm×W1200mm×T20mm

モノトーンのベースに、金銀のデザインがアクセントに入ったモダンアートパネル。
黒染めの楮紙を貼った後で、その上から墨グラデーション染めの麻和紙(落水)を貼り仕上げました。

落水とは、和紙特有の伝統技法のひとつ。漉きたての濡れた和紙の上から水を落す事で、ランダムな水玉模様になった和紙の事をいいます。
※今回使用した麻和紙に限らず、楮紙を始めとした様々な和紙で落水紙があります。

金銀デザインのモノトーン和紙アートパネル (アップ)
パネル面にある金銀ラメ樹脂ライン、金銀箔粉のデザインは和紙を貼り終えた後で入れています。
貼る前に入れると、落水の穴の部分でラインの流れが途切れてしまうためです。
改めて写真をご覧頂くと、ラインが抜けることなく続いているのがお分かり頂けます。

「オーダーメイド アートパネルの良さとは?」

なんといっても飾る場所に合わせて、大きさ、デザインを自由に決められる事が利点です。
既製品には無いオリジナルデザインで、お客様だけのこだわりのインテリア作りをお手伝い致します。
手のひらサイズの小さなものから、3m以上の大きなものまで幅広く対応可能です。

求めるイメージが分からない方もご安心下さい。
弊社ではまずヒアリングを行いながら、お客様の求めるイメージを形にしていきます。その上でデザイン案(スケッチ)を数パターン企画提案しながら進めていきます。

創作和紙だけでも、年間約500種類のデザイン企画を行っておりますので、細かなご要望にも対応可能です。和紙アートパネルについて、ご不明な事が御座いましたらご遠慮なくお問合せ下さいませ。


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

遠くからでも雰囲気が伝わる「色を使った墨デザインアートパネル」

兵庫県のT様から、創作和紙アートパネルのご依頼を頂きました。
その中から特徴的な墨デザインのものをご紹介したいと思います。

「遠くからでも雰囲気が伝わるようなデザインにしたい」
そんなT様から頂いたご希望をもとに設置場所の写真も拝見させて頂き、テイストの異なる数種類のデザインをご提案、打ち合わせさせて頂きました。

そして完成したアートパネルがこちら。
墨と3色カラーの和紙アートパネル (1)
寸法:40cm×40cm×厚み1.2cm

麻和紙に墨の濃淡の刷毛目やボカシで画き、緑・赤・青のカラーや金箔をあしらった特徴的なアートパネルに仕上がりました。これらのデザインはすべて手画きで入れています。今回最もこだわった部分が緑・赤・青のカラーが入った部分です。

墨で画いた部分とのバランスがとても大切で、単純に色を入れるだけでは色の発色が強すぎて、墨デザインとのバランスが悪くなってしまいます。そこで、それぞれの色合いに少量の黒い染料を混ぜて発色を押さえる事で調整を行いました。

デザインの流れに沿って色が入る事で、より一層躍動感のあるデザインに仕上がりました。
墨と3色カラーの和紙アートパネル (2)墨と3色カラーの和紙アートパネル (アップ)

弊社では、個人のお客様、企業の方問わず「こんなイメージで作って欲しい!」と明確なイメージをお持ちのお客様から、「何か壁面に飾ってオシャレな空間を作りたい」という方まで安心してご検討頂けるようにお客様に合わせたご提案を行っております。

まだ具体的にどんなデザインが良いか分からない場合には、沢山の中から1つを選ぶのは難しいですよね。そこで、予めお好きな色合いや雰囲気をお聞きした上で、最もご要望に合うようなデザインを数種類ご提案させて頂いております。

その他、商業空間(店舗向け)等になると、お店のコンセプトに合わせたものであったり、「にぎやかな空間にしたい」「人の目に留まるようなインパクトのあるものにしたい」など、空間に求められる事があったりするので、またご提案の方法も異なるものになってきます。

一般住宅空間、商業空間それぞれの目的に合わせたご提案・製作を行っておりますので、和紙アートパネルに関してご質問等ございましたらお気軽にお問合せ下さいませ。


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

Japan Shop 2017 ご来場のお礼(創作和紙アートパネル)

Japan Shop 2017 asakurashigyo (2)
東京ビックサイトにて先週3月7日(火)〜10日(金)の4日間行われました店舗総合見本市「Japan Shop 2017」も、お蔭をもちまして盛況のうちに開催終了となりました。お忙しい中お立ち寄り頂きました皆様、誠に有難うございました。

会期中、ご説明などが行き届かない点もあったかと存じますが、ご質問やご要望等が御座いましたらお気軽にお問合せ下さいませ。

Japan Shop 2017 asakurashigyo (和紙アートパネル)
▲アートパネルの一部には後ろから照明を入れて、光を透かせた時の印象が見えるようにしました。

弊社では漆、珪藻土、染料、樹脂、墨を用いてデザインした創作和紙アートパネル15点を展示させて頂きました。印刷などの量産ではなく、1つずつ手画き・手染めでデザインしている部分がとてもビックリされる方や、立体的なデザインにご興味を持って頂く方が多くいらっしゃいました。

インテリアのこだわりや好みはお客様それぞれに異なります。
弊社ではこれまで、そのご要望をくみ取って企画・ご提案を行い求められるアートパネルをつくり続けてきた事で、現在の1点ずつの手画き装飾による和紙(創作和紙)アートパネルが生まれました。

これからもお客様の声を活かしながら魅力的な商品開発、必要とされる企業であり続けるように取り組んでまいります。

来月からは石川県伝統産業工芸館(金沢市兼六町1番1号)でも、今回の展示会で出品したアートパネルの展示が予定されています。詳細が分かりましたらブログでもお知らせします。
★石川県伝統産業工芸館オフィシャルサイト


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

差し込む光によって表情を変える、漆グラデーションの和紙アートパネル

静岡県のY様から、新築のご自宅用として和紙アートパネルのご依頼を頂きました。

最初にお問合せさせて頂いた時にはまだご自宅が完成していなかったので、まずはご希望をお聞きして方向性についてのご提案やご不安に感じておられる部分に関してお話しを伺いました。

今では完成する前にバーチャルリアリティ(VR)の映像で、まるで完成した空間を見ているような疑似体験してから自宅を建てる事が当たり前になりつつありますが(すごい世の中ですよね)、やはり実際のインテリアの雰囲気を感じて頂いてからの方が間違いがありません。本格的な打ち合わせはご自宅完成後に行わせて頂きました。

設置予定の場所は、美しい白い塗り壁のお部屋。その空間に合わせて制作したY様オリジナルの和紙アートパネルがこちら。
漆グラデーション和紙アートパネル(自然光)漆グラデーション和紙アートパネル(蛍光灯)
寸法:910弌280弌⊆命榛犬自然光、右が蛍光灯点灯時の見え方の違い。モダンなアートパネルに仕上がりました。

素材感のある麻和紙に漆グラデーション、金樹脂の刷毛目としぶきを入れたデザインです。
上の写真の様に、自然光が差し込んだ時には金樹脂デザインや和紙の繊維質部分が浮かび上がり、蛍光灯の光では統一感のある雰囲気になります。
このように光りによっても見え方が変わるのもこのデザインの特徴です。

また、アートパネルの設置を検討する際にデザインと同じくらい悩むのが寸法だと思いますが、そんな時にオススメの方法があります。

このブログでも何度かご紹介しているのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、用意するのは新聞紙とセロハンテープのみ。新聞紙をパネルに見立てて、カット(折り曲げただけでも良いです)したものを壁面に貼ってみることで大きさの確認が簡単に出来ます。
今回、Y様にも同様にパネルサイズを確認して頂きました。

弊社オンラインショップではお好みの和紙から届いて直ぐに飾って頂けるアートパネルお仕立てサービスも行っておりますので、手軽に空間作りを楽しんで頂けます。
※オンラインショップWashiあさくらはこちらから

和紙アートパネルについてご質問が御座いましたらどのような事でも結構ですので、お気軽にお問合せ下さいませ。


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

家族一同大満足!モダンな空間にもピッタリの和紙アートパネル

生活空間に変化をつけたいなとか、なんだか壁面が物足りないなぁと感じた事が1度はあるのではないでしょうか。

思い切って壁紙を変えてみる、リフォームをするというのも良いですが、どうしても費用的な事もあって難しいですよね。弊社では和紙アートパネルで気軽に空間作りを行って頂けるように、ご要望をお聞きしてオリジナルのアートパネルを1点から制作させて頂いております。

打ち合わせの際にも妥協点を見つけるのではなく、お客様のご要望はもちろん私たちも自信をもってオススメ出来るご提案を心がけています。ご質問も喜んでお応え致しますので、お気軽にお問合せくださいね(#^.^#)


さて、本日は福岡県のN様からご依頼頂いた、リビング壁面用の和紙アートパネル事例をご紹介いたします。サイズはH300×W1200のパネルを2点使用し、上下のパネルを30僂困蕕靴得瀉屬垢詈法に決まりました。それに伴ってデザインの見え方やバランスを調整させて頂きました。
N様ご依頼品(モダンな和紙アートパネル 2連) (1)N様ご依頼品(モダンな和紙アートパネル 2連) アップ
※画像をクリックすると大きくご覧頂けます。

ベースには素材感のある麻和紙に、墨濃淡の刷毛目に金ラメ樹脂ラインのデザイン。
上下のデザインも含めてN様の拘りを形にしたモダンな和紙アートパネルに仕上がりました。

上の設置写真は納品後、N様からお送り頂いたものです。
他のインテリアアイテムともピッタリな素敵なものだったので、ブログでご紹介しても良いですか?とお聞きするとご快諾下さいました。ご家族の皆さんにも大変好評のようで、モダンで素敵な空間が出来たととても喜んで頂けました。

N様のご希望通りの空間作りのお手伝いが出来た事が何よりの喜びです(^^♪
ご依頼頂いたN様、誠に有難うございました!


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

アートパネルを美しく設置する2つのポイント

一般的な住宅の壁面下地材には、主に石膏ボードが使われています。
軽量物であれば手軽にフックやピンで取付する事が出来ますが、その反面で、重量物を設置する際には色々と対策が必要となります。

「たった2つのポイントで美しく飾れる」

アートパネルを美しく設置する2つのポイント(飾り方)
オンラインショップ「Washiあさくら」のアートパネル加工で使用しているパネル重量は約1.3kg。
これくらいの軽いものであれば、下地が石膏ボードでも市販のダルマピン(針先が長いタイプ)で取付可能です。

そこで今回は、弊社の和紙アートパネルを「たった2つのポイント」を押さえるだけで、より美しく安全に設置出来る方法をお伝えしたいと思います。

ポイント 嵎斌未離團鵑2箇所にして安定感アップ」

アートパネルを美しく設置する2つのポイント (ピンの位置)
※1点で引掛けるよりも2点の方が安定感のある取付が出来ます。

通常、アートパネルの裏側には、縦向き・横向き設置可能な金具と紐がそれぞれ取り付けられています。細長いアートパネル等は1点吊りだと、どうしても中心が出しにくく左右どちらかに傾いてしまう事があります。

それを解決する方法としては、間隔をあけて2つのピンを取り付けて2点吊りにすることで左右の傾きが抑えられます。また、荷重がそれぞれのピンに分散する事でより安全に設置する事にもつながります。

ポイント◆屮僖優襪侶垢を修正し、美しく飾ってみよう」

アートパネル裏側の紐をピンに引掛ける方法では、どうしても下の写真(左)の様に、パネルがお辞儀したようになってしまいます。

傾きを修正してあげる事で、写真(右)の様に真っすぐに飾る事が出来るので、横からの見た目も美しく飾る事が出来ます。
アートパネルを美しく設置する2つのポイント (1)アートパネルを美しく設置する2つのポイント (3)
※写真(左):横から見るとパネルがお辞儀したようになっています。
※写真(右):傾き調整済みのもの。横からの見た目もスッキリとした印象です。


その方法とは、壁面部分に2箇所(アートパネル裏面下部に接する位置)に紐を引掛けたピンと同じものを追加するというものです。それがスペーサーの役割を果たす事でお辞儀していたパネルが真っすぐになるのです。

アートパネルを美しく設置する2つのポイント (4)アートパネルを美しく設置する2つのポイント (6)
※写真(左):壁面に取り付けたピンの位置。上部の2つはパネルの紐を引掛け用、下部の2つは傾き調整用。
※写真(右):ピンの位置が実際にどの辺にあるかのイメージです。


ピンを追加する際のポイントとしては、アートパネルを設置した時に横から追加したピンが見えない位置に取り付ける事です。あまり外側にピンを寄せすぎると横からピンが見えてしまいます。

位置決めが難しい場合は、一度アートパネルを設置した状態のまま確認しながら行うと簡単ですよ。

また、もし紐引掛け用と同じピンがない場合は、同じくらいの高さになるように調節したゴム等を挟む事でも可能です。ただその場合はゴムが自然とずり落ちたりしない様に、壁面側とゴムの間に簡易的な接着(両面テープなど)が必要かもしれません。

最後に

今回お伝えした2つのポイント
・ポイント 嵎斌未離團鵑2箇所にして安定感アップ」
・ポイント◆屮僖優襪侶垢を修正し、美しく飾ってみよう」

は今から始められる簡単なものです。

市販品にはJフックと呼ばれる石膏ボードにオススメの取付金具のほか、外した時の穴が目立ちにくいピンなども販売されています。

そのような金具を使用した場合でも今回の方法は有効ですので、是非、美しくアートパネルを設置してみてください。


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)
【 浅倉紙業株式会社 】
ショールーム紙あさくら


和紙のある空間作りならお任せ下さい。
アートパネルや光壁を始めとしたインテリア企画製作、手漉・手染和紙、和紙小物のOEMなど、あらゆるニーズにお応えいたします。

〒920-0841
石川県金沢市浅野本町1-10-8
(Google mapで開く)
■TEL:076-252-6632
(月〜土 9:00-18:00)
■FAX:076-252-1318
(24時間受付)
※定休日:日曜、祝日


ウェブサイト

オンラインショップ

インスタグラム

フェイスブック

製作事例

お問い合わせフォーム

オンラインショップ「Washiあさくら」トップページへ



Facebookページに「いいね!」お願いしますm(__)m

ブログ内の記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード