「せっかく頂いた結納品を、有意義に利用したい」。福岡県M様から、結納水引リメイク品のお問い合わせを頂きました。

結納品は地域や仕様によって違いはありますが、鶴・亀・松竹梅などの水引飾りが使われています。弊社では縁起の良い水引飾りを、日常的に飾ることが出来るインテリアとしてリメイクしています。
※これまでの制作事例はこちら

今回、M様が希望とするデザインが制作事例の中にあったので、それを基本として数パターンのデザイン案をご提案・打ち合わせをおこないました。

仕上がった結納水引リメイクパネルがこちら。
結納品の活用法、結納水引リメイクパネル(鶴と亀)結納品の活用法、結納水引リメイクパネル(梅)
※パネル寸法:(2点とも)W200mm×H700mm×T19mm
※制作日数:約10日間


グレー色のパネルは、黒ベンガラ和紙。もう一方は漆とベージュ色(自然色)和紙の貼り合わせです。
デザインには金沢の本金粉と、ラメ入り樹脂ラインをあしらい仕上げました。
※金箔ソフトクリームでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、石川県金沢市は日本の金箔生産量の99%を占める箔のまちです。

パネルサイズはM様の水引飾りの大きさや、実際に飾られる場所に合わせて製作しているので大きすぎず小さすぎない。程よいサイズ感です。

『水引飾りのレイアウト自由自在』

水引飾りはマグネットによって、お好きな位置に取付・脱着が可能です。時には鶴亀を使って豪華な雰囲気に、またある時は梅の水引飾りで可愛らしく。マグネット取付タイプは、気軽に雰囲気を変える事が出来ます。
結納品の活用法、結納水引リメイクパネル(梅、アップ)結納品の活用法、結納水引リメイクパネル(水引取外し時)

「どういう感じで水引飾りを配置して良いか迷ってしまう」。
初めて飾る時にはそんな事があるかもしれません。
そこで完成時には、水引飾りの参考レイアウト写真をメールなどでお送りしています。

複数点パネルがある場合は、それぞれに水引飾りを分けてレイアウトしますので、記念品として贈られる際にも安心です。
結納品の活用法、結納水引リメイクパネル(梅と漆、横バージョン)結納品の活用法、結納水引リメイクパネル(梅とベンガラ、横バージョン)

パネル裏側には取付金具と紐付き。設置場所に応じて、縦横どちらでも飾る事が出来ます。
※置いて飾る場合の木製パネルスタンド(有料)もご用意しております。

結納品の活用法、結納水引リメイクパネル(水引パーツ)結納品の活用法、結納水引リメイクパネル(レイアウト)

置き型の水引飾りは、飾りの数やご要望に応じてパーツとして使用する事もあります。

今回M様との打ち合わせで、立派な松竹の水引飾りはそのまま使うことになりました。
下の写真は設置参考として、見本のパネルとM様の水引飾りを使ったものです。
結納品の活用法、結納水引リメイクパネル(置き型の水引飾りの使用例)

商品完成後、M様から「とても素敵な仕上がりで大満足です。和紙と水引という和風のものが、洋間のリビングにとても良く合い、大変うれしく思います」と、ありがたいお言葉を頂きました。
※頂いたお礼を一部抜粋しております。

記念に残る結納水引飾り。できれば常に飾って置きたいとお考えの方は少なくありません。
今回M様の想いを形に出来て、私たちも幸せな気持ちになりました。
ご依頼頂いたM様、ありがとうございました。



「結納品の水引飾りを素敵なインテリアアイテムにリメイクしませんか?」

ご要望やお持ちの水引飾りに合わせた完全オーダーメイドのリメイク品を製作致します。
結納水引リメイクの専用ページで、リメイク品の特徴やこれまでの製作事例をご覧頂けます。

お問合せはフォーム、お電話、FAXからお気軽にどうぞ!

(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力ください)

Facebookページに「いいね」お願いします。