紙糸を使ったクリスマスオーナメントの作り方をご紹介致します。
一見複雑で難しそうに見えますが、意外と簡単。大きさやサイズ、形も自由に出来るので楽しみながら手作り出来ます。

一つ一つがとても可愛いのでクリスマスの時期だけではなく、日常的に吊るして飾ったりランダムに置いておくだけでも素敵な空間作りが楽しめますよ。
クリスマスオーナメント(紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り)

手作りのオーナメントは温もりが感じられ、愛着が湧いてきます♪
ツリーに見立てた円錐型のオブジェは以前、ブログで作り方をご紹介したものです。オーナメントと組み合わせる事で、オリジナルのクリスマスディスプレイになります。
(飾り付けたクリスマスツリー&オーナメント)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作りモビール・つるし飾り(紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り)

【材料】

・紙糸(色や太さは好みに応じて。今回は太さ1mm、こちらの紙糸を使用)
・でんぷん糊(今回使用した糊はこちら
・ラップフィルム(サランラップ)
・スチレンボードor発泡ボード(必要に応じて白ボール紙)
・コンパス
・定規
・ステンレス製のクギ
・セロハンテープ
・ドライヤー(天候の悪い日に使用します。詳しくは"Step4"でご説明致します)



Step1:コンパスで円を書く

今回使用したボードは厚さ7mmの建材。発泡スチロールを白ボール紙でサンドしてあるものです。
代用品としては、スチレンボードや発泡ボードに白ボール紙を貼り付けたものが使えます。
しっかりしたものだと、その型を何度も使えるので厚みがある分には問題ありません。

コンパスを使って作りたいサイズの円を書いていきます。
下の写真のものは外側の円が直径5.5cm、内側の円が直径2cmです。

Step3でクギをさしていくので、2枚目の写真のように等間隔で印をつけます。
釘の本数によって形が変えられるので、必要に応じて印の数を変えて下さい。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(コンパスで円を書いている所)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(コンパスで円を書き終えた所)

Step2:ラップで包む

パネルの表側にシワが出来ない様にラップで包みます。
製作の途中ではがれてこないように、裏側はセロハンテープでとめます。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(ラップで包んでいる途中)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(ラップで包んだ裏側)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(ラップで包み終えました)

Step3:クギをさす

Step1で付けた印の位置に釘を出来るだけ垂直にさしていきます。
多少曲がっても仕上がりは変わらないのでご安心を。
画鋲等であらかじめ穴をあけてから行うとやりやすいかもしれません。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(クギをさす。斜めから)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(クギをさす。正面から)

Step4:糸に糊をしみ込ませて、糸をかけていく


ワンポイントアドバイス:
雨や湿気の多い時に制作する場合、ドライヤーで紙糸の湿気をとばしてから行って下さい。湿気が糸に残ってままで行うと、糊が十分に染み込まず柔らかく仕上がってしまいます。

でんぷん糊の濃度は濃いめ(シャバシャバだと薄い)トロトロっとした感じが理想的です。糊は薄すぎると柔らかく仕上がり、ドロドロと濃すぎると隙間に糊の膜が出来やすく、きれいに仕上がりません。

でんぷん糊をしっかり染み込ませたら、手で軽くしぼって余分な糊を落とします。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(紙糸に糊を染み込ませる)

■糸をかけていく際の注意点 その1

糸をかけていく際に内側の円にかからない様に巻いていきます。1枚目の写真が正解。2枚目の写真はかける位置が間違っているため、糸が内側の円にかかってしまっています。注意して巻いていきましょう。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(正しい糸のかけ方)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(誤った糸のかけ方)

■糸をかけていく際の注意点 その2

形によっては、糸が通っていないクギが残っているのにスタート地点に戻ってしまうことがあります。
その場合は下の写真の様に外側を通って隣の釘に移ってください。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(スタート地点に戻ってきました)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(外側を通って隣のクギへ)


内側の円にかからない様にかけていきます。
紙糸をかけていく度に形が見えてくるのが楽しいですね。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(糸かけ途中1)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(糸かけ途中2)

こんな感じで仕上がりました。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(糸掛け完成1)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(糸掛け完成2)

Step5:外側をつける場合(必要に応じて)

釘の外側に糸をかけていきます。今回は3回巻いてみましたが、好みに応じて巻く回数を変えて下さい。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(外側の糸を巻いている途中)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(外側の糸を巻き終えました)

Step6:浮きがないように、しっかり押さえたあと乾燥

よく浮きやすい位置が、クギに引っかかっている糸の部分です。
しっかり押さえたら、その後乾燥してください。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(しっかり押さえているところ)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(乾燥したら完成です)

乾燥後、クギを抜いてゆっくりとはがすと完成です!
大きさやクギの本数などによって、様々な形を作る事が出来ます。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(オーナメント完成品)

★おまけ:ツリーの先端に飾るオーナメント

白い針金を写真の様に巻いて、糸と針金が接している部分にボンドを適量つけます。
乾くと針金がグラグラしなくなります。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(ツリーの先端に飾るオーナメント1)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(ツリーの先端に飾るオーナメント2)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(ツリーの先端に飾るオーナメント3)

好みに応じてスプレー塗装を行います。
今回は金と銀色で塗装してみました。乾燥後ツリーにセットして完成です。
紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(ツリーの先端に飾るオーナメント、塗装済み)紙糸を使ったクリスマスオーナメント作り(飾り付けたクリスマスツリー)
余分に作ったオーナメントは、ツリーの周りに散りばめてみました。

このクリスマスツリーに見立てた可愛いオブジェも紙糸で出来ています。
作り方は下記リンクでご紹介しています。
【DIY・和紙照明】手作りしてみよう!紙糸の円錐型ランプシェード

最後に

今回ご紹介した紙糸で作るオーナメント、いかがでしたでしょうか。
クリスマスに限らずモビール(吊るし飾り)やアクセサリーとしてもオススメです。

糸のかけ方はもちろん、丸以外でも作ることが出来ます。
ぜひ自分だけのオリジナル作品を作ってみて下さいね。


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

Facebookページに「いいね」お願いします。