気軽に始められる100均のフォトフレームと、和紙を使った壁インテリアの作り方をご紹介。
和紙の繊維を出しながらカットする「水切り」という方法で、シンプル・ナチュラルな空間作りが楽しめます。お部屋のイメージカラーや好みに合わせて、手作りしてみてください。

フォトフレームと和紙を使った100均DIY (フォトフレームと和紙)フォトフレームと和紙を使った100均DIY (和紙アップ)

【材料】

・100均のフォトフレーム(内寸 約15×22.5cm)素材:ガラス・木・紙
・背景紙(コピー用紙でも可)
・和紙
・壁面設置金具(最初から付属の場合は不要)

※必要に応じて
・透明の塩ビ板 2mm厚(背景紙の代わりに使用)
・オイルステイン等(フレーム着色用)



壁面を使ったインテリアの3つのメリット!

壁に飾るインテリアには、主に下記の3つのメリットがあります。

1.お部屋のスペースを狭めることなく飾る事が出来る。
壁面はお部屋の中でも面積が大きい所、うまく活用したいですよね。
壁インテリアはスペースを取らないので、今ある家具や小物類はそのままに飾る事が出来ます。

2.季節や気分によって気軽に変える事が出来る。
今回ご紹介するフォトフレームを使ったアイテムだと、中身を差し替えて季節感をだせます。
洋服を楽しむ様にインテリアを楽しんでみて下さい。

3.気軽にインテリア作りを楽しめる。
一つ飾るだけでも空間の印象が変わる壁インテリア。
家具などを新調しなくても、思いのままにインテリア作りを楽しめる気軽さがあります。


細身のフレームでシャープな印象に

フォトフレームと和紙を使った100均DIY (フォトフレーム)フォトフレームと和紙を使った100均DIY (細めのフレーム)
「フレームの中に入れるものを目立たせたい」、「すっきりシャープな印象にしたい」
という時は、写真のような細めのフレームがオススメ。

今回使用したフォトフレームは、ポピアという北陸地方のみで展開されている100均のもの。フレームは木製、窓部分にはガラスの板が入っています。
セリア、ダイソーなどにも細めのフォトフレームが販売されているので、手にはいるもので代用してください。飾る場所に合わせて小さめのフォトフレームを使うと可愛く仕上がりますよ♪


シンプルなグラデーション染めの和紙

フォトフレームと和紙を使った100均DIY (使用したグラデーション和紙)
グラデーションの染めが特徴的な和紙を使用しました。
お部屋のイメージカラーや、好きな柄の和紙を使っても良いですね。

※弊社オンラインショップでも、染色和紙を販売しています。
Washiあさくら染色和紙商品の一覧

このあとご紹介する「水切り(和紙の繊維を出してカットする方法)」を行なう場合には、楮(こうぞ)などの繊維のある和紙を使って下さい。パルプが多く入った一部の和紙、和洋紙などは上手く繊維が出ないことがあります。
もしお手元に和紙がある場合には、少しちぎってみて繊維を確認してから行うのも方法の一つです。


作り方:

Step1:和紙を水切りという方法でカットする。

フォトフレームと和紙を使った100均DIY (型をつかって水切り)フォトフレームと和紙を使った100均DIY (水切りを終えた所)
そのままカッターで切っても良いのですが、和紙らしさを出す為に水切りで繊維を出すようにカットしました。その方法は下記のブログ記事で詳しく解説しています。
誰でも簡単に出来る!フチ取りを耳付和紙のように仕上げるカット方法

水切りには写真のような型(厚紙など)を作っておこなうと、均一な形になりやすいです。あらかじめ、型よりもひとまわり大きめに和紙をカットして水切りを行うと簡単ですよ。


Step2:自然乾燥後、アイロンで形を整える

和紙を自然乾燥したあとで、シワなどが気になるようであれば裏側からアイロン(中温)をかけて形を整えます。和紙の裏表は、触ったときにツルツルしている方が表側、ざらざらしている方が裏側です。質感などの好みで裏表を自由に決めるのもOKです。


Step3:額に和紙をセットして完成!

フォトフレームと和紙を使った100均DIY (フォトフレームに和紙をセット)
和紙が上下左右均等の位置にくるようにセットして完成です。
今回はアーチ状のグラデーション和紙だったので、3枚用意して柄が繋がるようにしてみました。


必要に応じて金具を取り付ける

フォトフレームと和紙を使った100均DIY (フォトフレーム裏側)フォトフレームと和紙を使った100均DIY (ティースハンガー金具を取付けました)

今回使用したフォトフレームは、壁掛け用の金具がついてなかったのでフレーム上部に金具をつけました。このギザギザした「ティースハンガー」金具は、軽量のフォトフレームなどを取り付ける際とても便利です。ネジやフックに引掛けて使用します。

金具を取り付ける際、もともとついている黒いピンが干渉するので位置をずらしました。
裏ブタが厚紙製で強度がないため、ピンはついていた方が安心です。


透明塩ビ板を使用したアレンジ

フォトフレームと和紙を使った100均DIY (白と透明背景の比較)フォトフレームと和紙を使った100均DIY (透明背景)
和紙の素材感をより引き立たせたい場合には、背景紙や裏蓋を外して透明塩ビ板に差し替えてみて下さい。壁が透けて見えて、スッキリとした印象になります。

ティースハンガー金具(壁掛け用金具)を使用していることで、
紐などの余計なものが見えずに設置出来ている事が分かります。

透明塩ビ板は、裏蓋の厚みに合わせたものにします。
今回は2mm厚のものを使用しました。


木目を生かしたオイルステインでシックな印象に

フォトフレームと和紙を使った100均DIY (塗装前にパーツは全て外します)フォトフレームと和紙を使った100均DIY (シックな印象の壁アート)
※透明塩ビ板と、オイルステイン塗装の組み合わせ。

フレームをオイルステインなどで着色すると、古木っぽい印象にもなります。
100均なので、気軽に加工出来るのがうれしいですね。

【塗装する際のポイント】

・取り外せるパーツは全て外す。
ガラスやネジなど付いた状態で行うと、他の部分に塗料が付いたりするので外しておきます。

・塗装面をサンドペーパーで研磨する。
最初から保護塗装がされている場合があります。
塗料の種類によっては、はじいてしまう事があるので研磨して下地作りをしておきます。

・一度に厚塗りせず、薄く塗る。
薄く塗って、仕上がりを見ながら塗り重ねると好みの雰囲気に仕上がります。
どんな塗料を使うかによっても異なるので、
必ず塗料記載の説明に目を通してからペイントして下さい。

・スプレータイプのクリアニスを塗って仕上げる(オイルステインの場合)。
オイルステインだけだと色移りする事があるので、クリアニスを塗って保護します。


今回は、手軽にDIYが出来る100均フォトフレーム、和紙を使用した壁インテリアを作ってみました。
壁を使ったインテリアは、お部屋のスペースを気にすることなく飾る事ができます。もし、賃貸などで壁に穴があけられない場合は、窓際に立てかけて飾っても素敵ですよ。

中に入れる和紙は気軽に変える事が出来るので、季節感を出したい時に入れ替えても良さそうです。是非みなさんも手作りしてみてください。


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

Facebookページに「いいね」お願いします。