和紙のバレンタインラッピング! (2)

気持ちが伝わる和紙ラッピング!

バレンタインが近付いてくると中身と同じく悩むのがラッピング。
プレゼントした時に真っ先に目にするものだけにこだわりたい所です。

そこで今回は、もみシワの入った和紙を使用して、箱物ラッピングと友チョコなどにもオススメの小袋ラッピングの2種類ご紹介致します(*´▽`*)

「バレンタインラッピング 箱物を包むタイプ」

バレンタインラッピング 箱物を包むタイプ

【材料】

・和紙(包むものによってサイズは異なりますが今回は44cm角)
・水引(お好みの色合いで3本。91〜70cmあれば十分です)
・金色紙(折り紙の金でも代用可能。今回の場合は3cm角)
・セロハンテープ
・両面テープ


バレンタインラッピング(ボックス等) (9)バレンタインラッピング(ボックス等) (10)
※今回使用した和紙はこちら

まず包む箱等に合わせて和紙をカットしていきます。
写真の箱サイズの場合は縦12cm×横12僉濆6cmで、このサイズだと44儚僂縫ットすると丁度良いです。

バレンタインラッピング(ボックス等) (8)
和紙をカットするときのポイントとしては、写真の様に和紙の立ち上がりのバランスを見て寸法を決めます。短くカットしすぎてしまうと後で調整が出来なくなるので、少し余裕をもって長めになるようにカットするとボリュームが出やすく豪華な感じになります。

※包んだ物が見えない厚みがある和紙であればお好みの和紙でも大丈夫です。
その場合はしなやかになるまで揉んでシワをつけた後、手で軽くシワを伸ばしてから進めて下さい。
※どうしてもカットするのが不安!という方は、一度新聞紙でサイズ合わせがオススメです。
サイズが決まってから本番の和紙をカットしてください。

バレンタインラッピング(ボックス等) (7)
箱を包んで、手でぎゅっとしぼっていきます。
そうする事で後の水引で結ぶ工程が簡単になります。

バレンタインラッピング(ボックス等) (5)バレンタインラッピング(ボックス等) (6)バレンタインラッピング(ボックス等) (4)
用意した水引を束にして、先ほどしぼった部分を縛ります。
この時の結び目がある方が裏側になるので注意してください。
結び難い時には、写真の様に手前側にもってきて縛っても構いません。

バレンタインラッピング(ボックス等) (3)
結び目を作った後ろ側から水引をハートになるようなイメージで手前にもってきます。
その後、まとめた水引を写真の様にセロハンテープでまとめます。
※水引が余り過ぎた場合はカットして下さい。

バレンタインラッピング(ボックス等) (2)バレンタインラッピング(ボックス等) (1)
四角く切った金色紙(今回の場合は3cm角)2枚を重ねた状態で、裏側から水引をセロハンテープで止めます。その後、そこに両面テープをつけて正面部分に貼り付けて完成です。

「バレンタインラッピング 小袋を包むタイプ」

バレンタインラッピング 小袋を包むタイプ

【材料】

・和紙(包むものによってサイズは異なりますが今回は23cm角)
・水引(お好みの色合いで3本。91〜70cmあれば十分です)


今回、小袋に2個のチョコレートを入れて包んでみます。
小袋に包んだサイズで縦13僉濂17cm、このサイズで23儚僂縫ットした和紙を使用しています。
袋のサイズを大きくしてもっと入れるチョコを増やすこともできます。
バレンタインラッピング(小袋タイプ) (6)
※今回使用した和紙はこちら

こちらも中に入れる小袋サイズに合わせて和紙をカットしていきます。
包み込むようにラッピングしていくので、余裕をもったサイズでカットしてください。

※包んだ物が見えない厚みがある和紙であればお好みの和紙でも大丈夫です。
その場合はしなやかになるまで揉んでシワをつけた後、手で軽くシワを伸ばしてから進めて下さい。
※どうしてもカットするのが不安!という方は、一度新聞紙でサイズ合わせがオススメです。
サイズが決まってから本番の和紙をカットしてください。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (7)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (8)
さて、いよいよ包んでいきます。
写真の様に小袋を置いて、左右の和紙を中央で重ねます。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (9)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (10)
手前の端をその上に重ねます。
その後、もう片方も折り曲げていきます。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (11)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (12)
端の飛び出た部分を内側に折り曲げます。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (13)
中心をぎゅっと手でしぼります。
※この時中身をつぶさないように気を付けて下さいね(^^)/

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (5)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (4)
水引を束にして、あわじ(あわび)結びを行います。
あわじ結びが慣れている方は、先ほど手でぎゅっと絞った部分であわじ結びを行ってください。
慣れていない方は、あわじ結びを作ってから下の輪っかに包んだものを通して行うと簡単ですよ♪

次に、写真の様に右側の輪っかをずらして、飛び出た水引をカットします。
※写真ではすでにカットしてあります。
カットしすぎると外れてしまう事もあるので、その時はボンドで接着して下さい。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (3)
右側の水引を写真の様に左側へ通していきます。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (2)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (1)
バランスを整え、最後に水引の端をカールするように行って完成です。
※もし水引が長すぎる場合はカットして調節してください。


「最後に」

和紙のバレンタインラッピング! (1)
いかがでしたでしょうか。
今回使用した、もみシワが入った和紙は通常のラッピングの様に折りシワを気にする必要がないので、ラッピングしやすいのが特徴です。その優しい手触り感でプレゼントされた方が、ほっこりするようなラッピングに是非挑戦してみて下さい♪


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

Facebookページに「いいね」お願いします。