先日の26日(日)にお世話になっているデザインTAMAの社長さんからお誘い頂き、金沢のお香専門店「香屋」さんが企画したイベント「感心香食」に参加してきました!
このイベントは聞香席、お抹茶席、ミニ点心懐石が一度に体験・味わう事が出来るイベントです。

聞香席とは香りを聞き当てるゲームで、聞くといっても「もしも〜し」と聞く物ではありません(笑)
香道の世界では香りを嗅ぐではなく、「聞く」と言うそうです。

実際に香木の香りには六国五味(りっこくごみ)という六種類の香木と五つの味があり、六国とは、「伽羅(キャラ」「羅国(ラコク)」「真南蛮(マナカ)」「真那伽(マナバン)」「佐曾羅(スモタラ)」「寸聞多羅(サソラ)」の六種類の香木。

五味は、 「甘い」「辛い」「酸っぱい」「苦い」「鹹(しおからい)」 の五つの味です。
それぞれの香木によって香り(味)が異なり、それをゲーム形式で当てるのが聞香会の醍醐味です。

私はまだ2回しか聞香の世界に踏み込んでいないので、香木とか味とか全く分からないのですが、それでも違いは多少なりと分かる…かな??っという所まではいきました。凄い人になると香木の種類まで言い当ててしまうそうです。
※香木の香りは単純に一味とは限らず、五味の強弱や組み合わせによって成り立っています。違いを言い当てるならまだしも、香木の種類を言い当てる事はとても凄い事なんです。

さてそんな私ですが、今回2度目の挑戦でまたしても聞き当てる事が出来ず……3度目の挑戦で勝ちにいきます!(笑)※何故か香木の香りを聞くとリラックスするのか、鼻づまりが一時的に治りました(笑)

宗和流のお抹茶、お茶席
聞香席の次はお茶席なのですが、これは初体験で色々と勉強になりました。
宗和流のお抹茶、そしてこのようなお茶席でしか味わえない「吉はし」さんの和菓子を頂きました。しかし、慣れない正座で足が痺れて……その後は時間が止まったように動けなくなりました(^_^;)

その後は富山県の懐石料理・万惣(まんそう)さんの点心懐石を味わいました。
これもまたやさしいお味でとても美味しかったです。

お庭を見ると、うっすら雪景色
外を見ればうっすら雪景色で、身も心も清々しい日曜日を過ごせました。
デザインTAMAの社長さま、お誘い頂き有難うございました!!


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

Facebookページに「いいね」お願いします。