浅倉紙業株式会社 (ショールーム 紙あさくら)のブログ

−石川県金沢市、創業1897年の和紙専門店−

2018年10月

結納品をアートボックスにリメイク!ベンガラ和紙のモダンデザイン

愛知県H様から結納品リメイクとして、壁掛けや自立設置も可能な「アートボックス/立体額」のご依頼を頂きました。

アートボックスとは奥行きのある額のことで、立体物を中に入れて飾ることが出来ます。
通常の額同様、ホコリや汚れからリメイク品を守り、拭き取るだけで綺麗な状態を保てます。
※これまでの結納品リメイク製作事例はこちら

結納品リメイク「水引アートボックス」

結納品をアートボックスにリメイク!ベンガラ和紙のモダンデザイン (斜めから)※寸法:W650mm×H300mm×T85mm

黒ベンガラ楮紙に、本金粉、金樹脂ラインのモダンなデザイン。
フレームはブラウン系のシックな色合いで、リメイク品が引き立ちます。
※ベンガラとは…土から取れる酸化鉄のこと。日本では昔から防虫防腐の為や、見栄えを良くする為に家屋の内外に塗料として使用されてきました。ベンガラ和紙のインテリア使用例はこちら

結納品の水引飾りといっても、お客様によってサイズも様々なので、現品のサイズに合わせてアートボックスのサイズを調整して仕上げました。

結納品をアートボックスにリメイク!ベンガラ和紙のモダンデザイン (アップ)結納品をアートボックスにリメイク!ベンガラ和紙のモダンデザイン (正面)

立体的な金樹脂ラインは、光の当たり具合で陰影が強調され、豊かな表情を創り出します。

デザインは決められた中から選ぶのではなく、飾られる場所やご要望を元にスケッチを作成。
気になる箇所などをお聞きし、アイディアを盛り込みながら作り上げています。

「水引飾りのレイアウト自由自在」

結納品をアートボックスにリメイク!ベンガラ和紙のモダンデザイン (水引取付)結納品をアートボックスにリメイク!ベンガラ和紙のモダンデザイン (水引無し)

アートボックスの裏板を外して、水引飾りを取り付けます。
水引飾りに取り付けたマグネットによって、パネル内で自由に位置替え・取り外しが可能です。

普段はシンプルに。記念日やおめでたい時には、ゴージャスなレイアウトで。
好みやシーンに合わせて使い分けられることがマグネット取付タイプの特徴です。

お手入れ簡単!アートボックス(立体額)タイプ

結納品をアートボックスにリメイク!ベンガラ和紙のモダンデザイン (アクリル板)結納品をアートボックスにリメイク!ベンガラ和紙のモダンデザイン (フレーム)

アートボックスにはアクリル製の板がはめ込まれており、大切なリメイク品を埃や汚れから守ります。
汚れが気になったら、さっと拭くだけで綺麗な状態を保てるのも嬉しいですね。

設置方法に合わせた金具・紐付き

結納品をアートボックスにリメイク!ベンガラ和紙のモダンデザイン (裏面)結納品をアートボックスにリメイク!ベンガラ和紙のモダンデザイン (付属品)

アートボックス裏側は10カ所のクリップ止め。
付属品として、吊り金具、吊り紐、直掛け用ビスが付いています。
壁面設置のほか、奥行きのある額なので自立させて飾ることもできます。


弊社では水引の数・大きさに関係なく、ご要望に合わせたご提案をおこなっております。
結納品リメイクに関してご不明なことが御座いましたら、お気軽にお問い合わせください。


【結納水引リメイク品 制作の主な流れ】


  1. お問合せ・概算お見積り
    ご不明なことなどお気軽にお問合せ下さい。
    また、水引飾りの写真をメール等でお送り頂けましたら、概算でお見積り致します。

  2. 水引飾りの送付
    結納飾り一式を弊社までお送り下さい。(送料お客様ご負担)
    ※水引飾りがつぶれないように、箱などに入れてお送りください。

  3. 企画・ご提案
    水引飾りが届き次第、企画提案致します。
    設置場所の写真をお送り頂けましたら、空間に合わせたご提案も可能です。
    デザインのご提案には、デザインスケッチをお送りしながら進めていきます。

  4. ご入金・制作開始
    仕様が決まりましたら正式なお見積りをお知らせ致します。
    制作はご入金確認後となります。
    ※ご入金前であればキャンセルは可能です。
    その際に企画料などのご請求は一切ございませんが、ご返送にかかる着払い送料のみご負担頂いております。
    ※ご希望の納期に合わせた制作が可能です。

  5. 完成・納品
    完成後、商品写真をお送り致します。ご了解後、ご指定の場所へお届けいたします。
    ※製作で使用しなかった水引、残った水引材料は全てご返却致します。
    もしご不要でしたら弊社で無料引き取りも行っております。

  6. ※製作の流れについて、詳しくはこちら
    ※これまでの製作事例はこちら



「結納品の水引飾りを素敵なインテリアアイテムにリメイクしませんか?」

ご要望やお持ちの水引飾りに合わせた完全オーダーメイドのリメイク品を製作致します。
結納水引リメイクの専用ページで、リメイク品の特徴やこれまでの製作事例をご覧頂けます。

お問合せはフォーム、お電話、FAXからお気軽にどうぞ!

(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力ください)

光の当たり具合で見え方が変わる!珪藻土を使った創作デザイン和紙

珪藻土を使った創作デザイン和紙 (1)

オンラインショップ「Washiあさくら」に、珪藻土を使った創作デザイン和紙が新入荷しました。

珪藻土(けいそうど)とは、珪藻という植物性プランクトンが化石化した土(堆積岩)のこと。
顕微鏡で見てみると微細な孔(あな)が無数に空いていて、空気中の水分やニオイを吸着する作用があります。※気になる方は、「珪藻土 顕微鏡」で画像検索してみて下さい。

一般的な用途は、ろ過材、土壌改良材、七輪の原料などとして使われています。
最近では珪藻土バスマットがヒット商品になったりしているので、名前だけは知っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

※Washiあさくら新商品一覧はこちらから

■創作デザイン和紙(珪藻土)(商品番号:as-181001)
珪藻土を使った創作デザイン和紙 (2)珪藻土を使った創作デザイン和紙 (3)
※寸法:約970弌320

シックな濃グレー色のベースに、珪藻土を使ったデザインをあしらいました。
珪藻土には柔軟性を持たせているので、和紙を折っても割れたり剥がれてくることはありません。

【 創作デザイン和紙の主な用途 】
テーブルランナーやアートパネル、タペストリーなどのインテリア用。
作品づくりの材料として幅広くお使い頂けます。

光の当たり具合で見え方が変わる和紙

珪藻土を使った創作デザイン和紙 (光による見え方の違い)珪藻土を使った創作デザイン和紙 (デザイン部アップ)

デザイン部分は凹凸があり、光のあたり具合で引き立って見えます。

見え方の違いが分かりやすいように動画もご用意しました。
和紙をアートパネル加工したものを、自然光に当てながら撮影しています。
1枚で様々な表情を見せてくれる創作デザイン和紙です。


※Washiあさくら新商品一覧はこちらから


和紙ご購入をご検討のお客様へ
Washiあさくらの創作和紙・染色和紙はアートパネルやタペストリー、作品素材やディスプレイ用としてお求め頂く事が多い商品です。 使用されている和紙の手触りや透け感などを確認でき、安心してお買い求め頂ける様、無料の和紙素材サンプルをご用意しております。
和紙素材サンプル請求
無料サンプル依頼ページ


気に入った創作和紙をアートパネルに加工致します
オンラインショップで販売されている和紙を届いてすぐに飾ることが出来るインテリア用アートパネルにお仕立て納品致します。
完成サイズは91cm×28cm。この大きすぎず小さすぎないサイズは、リビングや寝室だけではなく、玄関などの限られた空間にも丁度良いサイズです。
インテリア用和紙アートパネル加工 (2)インテリア用和紙アートパネル加工 (1)
アートパネル加工詳細ページ
完成サイズ:91cm×28cm×厚み1.2cm
パネル内部:木合板、和紙下地貼り有
本体重量:約1.3kg
※パネル裏面には、縦横設置用の金具・紐付き


タペストリーキット
お好きな創作和紙をタペストリーとして飾ることが出来る、専用タペストリーキットです。接着して止めるタイプではないので、和紙を付け替えて繰り返しお使い頂けます。
創作和紙用、タペストリーキット (2)創作和紙用、タペストリーキット (1)
タペストリーキット詳細ページ
寸法:長さ36僉直径2
使用素材:アルダー材(無塗装)、PP紐
セット内容:丸棒2本(上下用)、三角棒2本(上下共通)、紐1本、取付説明書


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)
浅倉紙業株式会社(ショールーム紙あさくら)をフォロー
和紙のある空間作りならお任せ下さい。
アートパネルや光壁を始めとしたインテリア企画製作、手漉・手染和紙、和紙小物のOEMなど、あらゆるニーズにお応えいたします。

〒920-0841
石川県金沢市浅野本町1-10-8
(Google mapで開く)
■TEL:076-252-6632
(月〜土 9:00-18:00)
■FAX:076-252-1318
(24時間受付)
※定休日:日曜、祝日

オンラインショップ「Washiあさくら」トップページへ



ブログ内の記事検索