浅倉紙業株式会社 (ショールーム 紙あさくら)のブログ

−石川県金沢市にある創業明治30年の和紙専門店−

2017年01月

オンラインショップ「Washiあさくら」 代表的な3つのデザイン和紙について

弊社の創作和紙は作品制作の素材としてお使い頂くほか、インテリアに取り入れる事で手軽に空間作りを楽しんで頂けます。

オンラインショップ「Washiあさくら」では様々な種類の和紙を取り扱っていますが、デザインが多すぎて迷ってしまう!というお客様の為に、カテゴリー毎の特徴をまとめてみました。

【 墨書入りデザイン 】
墨や金彩を用いて手描きでデザインした創作和紙。
モダンでクールな印象なので、洗練された空間作りとしてオススメです。
墨書入りデザイン(創作和紙)
墨書入りデザイン商品一覧ページへ

【 柿渋デザイン 】

天然の柿渋を用いて手描きでデザインした創作和紙。
圧迫感を感じない優しい色合いで、他のインテリア品ともコーディネートしやすいのが特徴です。
柿渋デザイン(創作和紙)
柿渋デザイン商品一覧ページへ

【 染め・樹脂デザイン 】
染色した和紙をベースに使用したものや、和紙の色合いを活かした無地ベースにデザインを入れた創作和紙。

ベース色によって、お部屋の雰囲気をシックで落ち着いたものから、明るくしてくれるものまで幅広くラインナップしています。好みに合わせてコーディネートの幅を広げてくれます。
染め・樹脂デザイン(創作和紙)
染め・樹脂デザイン商品一覧ページへ

【 それでも迷ってしまうという場合には… 】
各デザインカテゴリー毎に様々な創作和紙がありますので、それでも迷ってしまう〜という時の為にスタッフオススメカテゴリーも作ってみました。こちらも合わせてご覧頂き、是非お気に入りの一枚を見つけて下さいね(^^)/
スタッフおすすめ和紙一覧ページへ


創作和紙・和紙インテリアの専門店
オンラインショップ「Washiあさくら」はこちらから


「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出として、また大切な方への贈り物としてもオススメです。

お問合せはフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

シンデレラをイメージした記念日和紙ブーケ(東京都S様ご依頼品)

東京都のS様からご依頼頂いた、結婚1周年記念日(紙婚式)和紙ブーケをご紹介致します。

S様からご要望頂いた和紙ブーケのテーマはディズニー映画でも有名な「シンデレラ」。
その色使い、雰囲気を和紙ブーケで表現しました。シンデレラというと白、青、黄がバランスよく組み合わさった印象があります。やや白を多く入れる事で優しく可愛らしい印象が出るので白をやや多めに、青は濃淡を使い、黄はアクセントにしてまとめました。

シンデレラがテーマのS様オリジナル和紙ブーケ (1)シンデレラがテーマのS様オリジナル和紙ブーケ (2)
※製作期間:約3日間(見本制作から完成まで)

色の組合せや、比率が変わるだけで印象が全く違ってくるので、シンデレラのイメージに合うように組合せを変えながら、これだ!となるまで試しながら進めさせて頂きました。
とても可愛らしく仕上がりました(#^.^#)

弊社の和紙ブーケは全て国産の和紙を使用し、お客様のブーケの色合いに合わせて染色から行っています。また、バラなどに使用している和紙は染め上げた後に、コンニャク糊などを塗ってもみ加工を繰り返した素材を使用。そのため表面は優しいもみ和紙の表情がありつつ、コシのある和紙に仕上げている事で型崩れししにくくなっています。初めて触られる方は、そのしっかり(型崩れしなさそうな)した感じにビックリされるくらいです。

制作する際に心がけている事は、お客様のご要望は勿論ですが、私たちも良いと思えるものをお作りする事です。和紙ブーケの制作に関わるスタッフは皆女性スタッフなので、そういった面からも女性がプレゼントされて嬉しいブーケを心がけてお作りしています。

和紙ブーケに関して、どの様な事でもご不明な事がございましたら、お気軽にお問合せ下さいね(^^)/



「和紙専門店の和紙ブーケ」
結婚記念日や大切な方への贈り物としても喜ばれる、
国産和紙を使用したオリジナルの和紙ブーケを製作しています。
和紙専門店の和紙ブーケ商品ページへ
(オンラインショップ和紙ブーケページはこちら)

その他、お客様のご要望をお聞きしてオリジナルブーケの制作も行っております。
お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

結婚記念日(紙婚式)にピンポンマム風の和紙ブーケ(広島県M様ご依頼品)

広島県のMさまから、結婚1周年記念日(紙婚式)に奥様へのプレゼントとしてご依頼頂いた和紙ブーケのご紹介です。M様の結婚式で使用した生花ブーケの写真をメールでお送り頂き、それを元に和紙ブーケを制作させて頂きました。

写真を拝見させて頂くと、まんまるい白いマムが特徴の優しい印象のブーケでした。その印象を和紙ブーケでも表現出来る様に、M様と打ち合わせさせて頂きながら進めていきました。
完成したM様オリジナルの和紙ブーケがこちら!

記念日和紙ブーケ ピンポンマム(広島県M様) (1)
ピンポン玉のようにまんまるいマムがメインのM様オリジナル和紙ブーケ。
枯れる心配がなく、和紙ならではの優しい質感です。
その他には白や淡い緑色のバラや小花を入れて、葉っぱの濃い緑色で全体のバランスがまとまるようにしています。

記念日和紙ブーケ ピンポンマム(広島県M様) (2)
全て国産和紙(主に高知県、徳島県産)を使用し、薔薇や小花に使用している和紙は紙衣(かみこ)を使用しています。※紙衣(かみこ)とは、その昔に着物の生地の代替品としても使用された丈夫な加工和紙です。

ブーケには厚みや紙質が異なるものを使用する事で、全体的に変化のある仕上がりになります。
例えば、優しいイメージや透明感が必要なものには薄く透き通るような和紙。コシは必要な場合には、しっかりとした厚みのある和紙(紙衣など)です。

制作期間は約4日と限られた制作期間ではありましたが、M様へ完成後の写真をお送りした際に「記念日が待ち遠しくなりました!」とのお言葉も頂けました。

私たちも心も温かくなる魔法の言葉ですね(#^.^#)
ご依頼頂いたM様、有難うございました!



「和紙専門店の和紙ブーケ」
結婚記念日や大切な方への贈り物としても喜ばれる、
国産和紙を使用したオリジナルの和紙ブーケを製作しています。
和紙専門店の和紙ブーケ商品ページへ
(オンラインショップ和紙ブーケページはこちら)

その他、お客様のご要望をお聞きしてオリジナルブーケの制作も行っております。
お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

和紙を使ったバレンタインラッピングの方法(箱物、小袋を包むタイプ)

和紙のバレンタインラッピング! (2)

気持ちが伝わる和紙ラッピング!

バレンタインが近付いてくると中身と同じく悩むのがラッピング。
プレゼントした時に真っ先に目にするものだけにこだわりたい所です。

そこで今回は、もみシワの入った和紙を使用して、箱物ラッピングと友チョコなどにもオススメの小袋ラッピングの2種類ご紹介致します(*´▽`*)

「バレンタインラッピング 箱物を包むタイプ」

バレンタインラッピング 箱物を包むタイプ
使用する材料:
・和紙(包むものによってサイズは異なりますが今回は44cm角)
・水引(お好みの色合いで3本。91〜70cmあれば十分です)
・金色紙(折り紙の金でも代用可能。今回の場合は3cm角)
・セロハンテープ
・両面テープ

バレンタインラッピング(ボックス等) (9)バレンタインラッピング(ボックス等) (10)
※今回使用した和紙はこちら

まず包む箱等に合わせて和紙をカットしていきます。
写真の箱サイズの場合は縦12cm×横12僉濆6cmで、このサイズだと44儚僂縫ットすると丁度良いです。

バレンタインラッピング(ボックス等) (8)
和紙をカットするときのポイントとしては、写真の様に和紙の立ち上がりのバランスを見て寸法を決めます。短くカットしすぎてしまうと後で調整が出来なくなるので、少し余裕をもって長めになるようにカットするとボリュームが出やすく豪華な感じになります。

※包んだ物が見えない厚みがある和紙であればお好みの和紙でも大丈夫です。
その場合はしなやかになるまで揉んでシワをつけた後、手で軽くシワを伸ばしてから進めて下さい。
※どうしてもカットするのが不安!という方は、一度新聞紙でサイズ合わせがオススメです。
サイズが決まってから本番の和紙をカットしてください。

バレンタインラッピング(ボックス等) (7)
箱を包んで、手でぎゅっとしぼっていきます。
そうする事で後の水引で結ぶ工程が簡単になります。

バレンタインラッピング(ボックス等) (5)バレンタインラッピング(ボックス等) (6)バレンタインラッピング(ボックス等) (4)
用意した水引を束にして、先ほどしぼった部分を縛ります。
この時の結び目がある方が裏側になるので注意してください。
結び難い時には、写真の様に手前側にもってきて縛っても構いません。

バレンタインラッピング(ボックス等) (3)
結び目を作った後ろ側から水引をハートになるようなイメージで手前にもってきます。
その後、まとめた水引を写真の様にセロハンテープでまとめます。
※水引が余り過ぎた場合はカットして下さい。

バレンタインラッピング(ボックス等) (2)バレンタインラッピング(ボックス等) (1)
四角く切った金色紙(今回の場合は3cm角)2枚を重ねた状態で、裏側から水引をセロハンテープで止めます。その後、そこに両面テープをつけて正面部分に貼り付けて完成です。

「バレンタインラッピング 小袋を包むタイプ」

バレンタインラッピング 小袋を包むタイプ
使用する材料:
・和紙(包むものによってサイズは異なりますが今回は23cm角)
・水引(お好みの色合いで3本。91〜70cmあれば十分です)

今回、小袋に2個のチョコレートを入れて包んでみます。
小袋に包んだサイズで縦13僉濂17cm、このサイズで23儚僂縫ットした和紙を使用しています。
袋のサイズを大きくしてもっと入れるチョコを増やすこともできます。
バレンタインラッピング(小袋タイプ) (6)
※今回使用した和紙はこちら

こちらも中に入れる小袋サイズに合わせて和紙をカットしていきます。
包み込むようにラッピングしていくので、余裕をもったサイズでカットしてください。

※包んだ物が見えない厚みがある和紙であればお好みの和紙でも大丈夫です。
その場合はしなやかになるまで揉んでシワをつけた後、手で軽くシワを伸ばしてから進めて下さい。
※どうしてもカットするのが不安!という方は、一度新聞紙でサイズ合わせがオススメです。
サイズが決まってから本番の和紙をカットしてください。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (7)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (8)
さて、いよいよ包んでいきます。
写真の様に小袋を置いて、左右の和紙を中央で重ねます。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (9)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (10)
手前の端をその上に重ねます。
その後、もう片方も折り曲げていきます。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (11)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (12)
端の飛び出た部分を内側に折り曲げます。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (13)
中心をぎゅっと手でしぼります。
※この時中身をつぶさないように気を付けて下さいね(^^)/

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (5)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (4)
水引を束にして、あわじ(あわび)結びを行います。
あわじ結びが慣れている方は、先ほど手でぎゅっと絞った部分であわじ結びを行ってください。
慣れていない方は、あわじ結びを作ってから下の輪っかに包んだものを通して行うと簡単ですよ♪

次に、写真の様に右側の輪っかをずらして、飛び出た水引をカットします。
※写真ではすでにカットしてあります。
カットしすぎると外れてしまう事もあるので、その時はボンドで接着して下さい。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (3)
右側の水引を写真の様に左側へ通していきます。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (2)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (1)
バランスを整え、最後に水引の端をカールするように行って完成です。
※もし水引が長すぎる場合はカットして調節してください。


「最後に」

和紙のバレンタインラッピング! (1)
いかがでしたでしょうか。
今回使用した、もみシワが入った和紙は通常のラッピングの様に折りシワを気にする必要がないので、ラッピングしやすいのが特徴です。その優しい手触り感でプレゼントされた方が、ほっこりするようなラッピングに是非挑戦してみて下さい♪


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

力強い銀の刷毛目が入った創作和紙入荷しました(オンラインショップより)

オンラインショップ「Washiあさくら」より、新商品入荷のお知らせです。

■創作デザイン和紙(墨染)(商品番号:as-no6)
2017年1月新入荷の創作和紙 (墨染・銀刷毛目)2017年1月新入荷の創作和紙 (墨染・銀刷毛目)アップ
※商品サイズ:約1m×32cm

麻和紙(墨染)に力強さを感じる銀の刷毛目でデザインした創作和紙です。
今回の和紙に限らず、弊社の創作和紙は全て一つ一つ手書きで製作しています。

刷毛目の銀色も落ち着いた色合いである事と、墨染めの落ち着いた黒色によって大胆でありながらも主張し過ぎない一枚に仕上がりました。モダンなインテリアにも合いそうですね。

商品ページにはその他の写真や詳細を載せております。
オンラインショップ「Washiあさくら」はこちら

※ご購入をご検討のお客様へ
Washiあさくらの創作和紙・染色和紙はアートパネルやタペストリー、作品素材やディスプレイ用としてお求め頂く事が多い商品です。
使用されている和紙の手触りや透け感などを確認頂いた上で安心してお買い求め頂ける様、無料の和紙素材サンプルをご用意しております。



「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

お問合せはフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

アートパネルを美しく設置する2つのポイント

一般的な住宅の壁面下地材には、主に石膏ボードが使われています。
軽量物であれば手軽にフックやピンで取付する事が出来ますが、その反面で、重量物を設置する際には色々と対策が必要となります。

「たった2つのポイントで美しく飾れる」

アートパネルを美しく設置する2つのポイント(飾り方)
オンラインショップ「Washiあさくら」のアートパネル加工で使用しているパネル重量は約1.3kg。
これくらいの軽いものであれば、下地が石膏ボードでも市販のダルマピン(針先が長いタイプ)で取付可能です。

そこで今回は、弊社の和紙アートパネルを「たった2つのポイント」を押さえるだけで、より美しく安全に設置出来る方法をお伝えしたいと思います。

ポイント 嵎斌未離團鵑2箇所にして安定感アップ」

アートパネルを美しく設置する2つのポイント (ピンの位置)
※1点で引掛けるよりも2点の方が安定感のある取付が出来ます。

通常、アートパネルの裏側には、縦向き・横向き設置可能な金具と紐がそれぞれ取り付けられています。細長いアートパネル等は1点吊りだと、どうしても中心が出しにくく左右どちらかに傾いてしまう事があります。

それを解決する方法としては、間隔をあけて2つのピンを取り付けて2点吊りにすることで左右の傾きが抑えられます。また、荷重がそれぞれのピンに分散する事でより安全に設置する事にもつながります。

ポイント◆屮僖優襪侶垢を修正し、美しく飾ってみよう」

アートパネル裏側の紐をピンに引掛ける方法では、どうしても下の写真(左)の様に、パネルがお辞儀したようになってしまいます。

傾きを修正してあげる事で、写真(右)の様に真っすぐに飾る事が出来るので、横からの見た目も美しく飾る事が出来ます。
アートパネルを美しく設置する2つのポイント (1)アートパネルを美しく設置する2つのポイント (3)
※写真(左):横から見るとパネルがお辞儀したようになっています。
※写真(右):傾き調整済みのもの。横からの見た目もスッキリとした印象です。


その方法とは、壁面部分に2箇所(アートパネル裏面下部に接する位置)に紐を引掛けたピンと同じものを追加するというものです。それがスペーサーの役割を果たす事でお辞儀していたパネルが真っすぐになるのです。

アートパネルを美しく設置する2つのポイント (4)アートパネルを美しく設置する2つのポイント (6)
※写真(左):壁面に取り付けたピンの位置。上部の2つはパネルの紐を引掛け用、下部の2つは傾き調整用。
※写真(右):ピンの位置が実際にどの辺にあるかのイメージです。


ピンを追加する際のポイントとしては、アートパネルを設置した時に横から追加したピンが見えない位置に取り付ける事です。あまり外側にピンを寄せすぎると横からピンが見えてしまいます。

位置決めが難しい場合は、一度アートパネルを設置した状態のまま確認しながら行うと簡単ですよ。

また、もし紐引掛け用と同じピンがない場合は、同じくらいの高さになるように調節したゴム等を挟む事でも可能です。ただその場合はゴムが自然とずり落ちたりしない様に、壁面側とゴムの間に簡易的な接着(両面テープなど)が必要かもしれません。

最後に

今回お伝えした2つのポイント
・ポイント 嵎斌未離團鵑2箇所にして安定感アップ」
・ポイント◆屮僖優襪侶垢を修正し、美しく飾ってみよう」

は今から始められる簡単なものです。

市販品にはJフックと呼ばれる石膏ボードにオススメの取付金具のほか、外した時の穴が目立ちにくいピンなども販売されています。

そのような金具を使用した場合でも今回の方法は有効ですので、是非、美しくアートパネルを設置してみてください。


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)
【 浅倉紙業株式会社 】
ショールーム紙あさくら


和紙のある空間作りならお任せ下さい。
アートパネルや光壁を始めとしたインテリア企画製作、手漉・手染和紙、和紙小物のOEMなど、あらゆるニーズにお応えいたします。

〒920-0841
石川県金沢市浅野本町1-10-8
(Google mapで開く)
■TEL:076-252-6632
(月〜土 9:00-18:00)
■FAX:076-252-1318
(24時間受付)
※定休日:日曜、祝日


ウェブサイト

オンラインショップ

インスタグラム

フェイスブック

製作事例

お問い合わせフォーム

オンラインショップ「Washiあさくら」トップページへ



Facebookページに「いいね!」お願いしますm(__)m

ブログ内の記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード