浅倉紙業株式会社 (ショールーム 紙あさくら)のブログ

−石川県金沢市にある創業明治30年の和紙専門店−

2016年07月

火事から大福帳を守る為にとった驚きの方法とは!

皆さん、大福帳というものはご存じでしょうか。
若い方だと初めて聞く方もいるかもしれないので、少しご説明させて頂くと「江戸時代・明治時代の商家で使われていた帳簿の一種」つまりお金の流れを記しているものです。

大福帳を井戸に放りこむ!?

江戸時代には既に掛売が始まっていたので、月末や年末にまとめてお金を回収していました。
大福帳には、誰にいくらの未回収金があるかも記しているので言わば商売をする者にとって何より大切なものです。※大福帳が無くなると代金を払っていないのに払った!と言う人も出てくるでしょうね(^_^;)

大福帳に使われているのは長期保存にも耐えられる日本の和紙。
現代では和紙は水に濡れたら弱いものというイメージされる方もいるかもしれませんが、強靭な繊維が複雑に絡み合って出来た和紙は水に濡れても丈夫なのです。

「大福帳の焼失を回避する為に〇〇に放りこんだ!?」

ここで和紙の丈夫さを物語る、面白いエピソードがあるのでご紹介したいと思います。
昔の建物は燃えやすい木造家屋が連なっていた為、一旦どこかで火がつくと直ぐに燃え広がり、なかなか消火出来なかったそうです。特に江戸の町は火事が多く、数年に一度は大火事がありました。

商家の番頭(商家の使用人で営業・経理など、店のすべてを預かる人)は火事の際に、何より大切な大福帳が燃えないように、なんと井戸に放りこみ、それから避難行動をとったそうです。

事態が収まった後で井戸の水中から大福帳を引き揚げ、その後も普通に使えた事からも和紙の丈夫さが分かります。※濡れた大福帳をばらして一枚一枚乾燥させて組みなおしていたそうです。
ちなみに火消(現在の消防士)の人達が履いていた草履も和紙を撚って紐状にしたものから作られていました。

この様に和紙は一般的に知られている障子紙、傘紙、堤灯紙、合羽紙、謄写版原紙など、日常生活に使われる物だけでなく、強度が求められる草履や大事な帳面などにも用いられるほど日本人の生活になくてはならないものでした。

可能性を秘めた日本の和紙。
少しでも興味を持って頂ける方が増えると嬉しいです(#^.^#)


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

夏を感じさせる色合いの創作・染色和紙が入荷しました!

オンラインショップ「Washiあさくら」より新作の創作和紙・染色和紙入荷のお知らせです。

今回の和紙は、まさにこれからの季節にも合う元気の出るような色合い。眩しい程の青空を思わせるような染色和紙など、計7種類入荷しました。もちろん全て自社企画製作のオリジナルデザインです。

インテリアアイテムとして、和紙を水切りにしてフォトフレーム等に入れたり、アートパネルにして壁面に設置する事でお部屋の印象を手軽に変える事が出来ます。

和紙のサイズはいずれも1000×320mmで、そのままでも扱いやすい寸法になっています。

■創作デザイン和紙(流)(商品番号:as-160707)
※ビタミンカラーの黄色と橙を使った創作和紙
2016年7月入荷「新作創作和紙」(1)2016年7月入荷「新作創作和紙」(1)アップ

■創作デザイン和紙(流)(商品番号:as-160706)
※青と紫の2色を使った創作和紙
2016年7月入荷「新作創作和紙」(2)2016年7月入荷「新作創作和紙」(2)アップ

■創作デザイン和紙(流)(商品番号:as-160705)
※元気の出るような緑色を使った創作和紙
2016年7月入荷「新作創作和紙」(3)2016年7月入荷「新作創作和紙」(3)アップ

■染め和紙(商品番号:as-160704)
※明るい黄色と橙の2色を使った染色和紙
2016年7月入荷「新作染め和紙」(1)2016年7月入荷「新作染め和紙」(1)アップ

■染め和紙(商品番号:as-160703)
※鮮やかな紫と黄色の2色を使った染色和紙
2016年7月入荷「新作染め和紙」(2)2016年7月入荷「新作染め和紙」(2)アップ

■染め和紙(商品番号:as-160702)
※夏の空のような爽やかな青と優しい緑系の染色和紙
2016年7月入荷「新作染め和紙」(3)2016年7月入荷「新作染め和紙」(3)アップ

■染め和紙(商品番号:as-160701)
※鮮やかなオレンジ色の濃淡染め
2016年7月入荷「新作染め和紙」(4)2016年7月入荷「新作染め和紙」(4)アップ

その他、オンラインショップ「Washiあさくら」では、ショップオリジナルデザインの創作和紙・染色和紙を多数取り揃えております。お好みの和紙をアートパネルに加工させて頂くサービスも行っておりますので、是非一度訪れてみてください♪

オンラインショップ「Washiあさくら」はこちら



「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出として、また大切な方への贈り物としてもオススメです。

お問合せはフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

玄関の空間作りに−花柄デザインの和紙アートパネル(栃木県K様)

玄関は、その家の顔というべきスペース。ご家族だけではなく、来客者も目にする場所でもあります。
出来れば自分好みに空間作りを楽しみたいですよね。

今回ご紹介するのは栃木県のK様からご依頼頂いた、花柄デザインの和紙アートパネルです。
玄関スペースの演出としてアートパネルを探されていたK様。そんな時に弊社のブログをご覧になってお問合せ頂きました。

K様は既に具体的な所まで完成形のイメージをお持ちだったので、そのご希望をもとに寸法やデザイン・色合いについて打ち合わせ進めていきました。

花柄和紙アートパネル(縦向き設置例)2016年7月
寸法:W400×H1000mm、重量598g(軽量建材に木材を組み合わせた加工パネルを使用)

玄関スペースには縦長で設置予定でしたが、折角なので横長でも設置出来るように金具の取付けを行いました。※納品後、K様からも玄関には縦長、和室には横長で設置出来ると喜んで頂けました。

花柄和紙アートパネル(横向き設置例)2016年7月花柄和紙アートパネルアップ写真(2016年7月)

白無地と墨染めの2種類の麻和紙を使い、花のデザインには手画きで入れたラメ入り樹脂ラインに銀箔をあしらいました。柄パターンは決まった中から選ぶのではなく、一つ一つ手画きで入れる為、お客様のご要望に合わせて大輪の花から、小さく可愛らしい花まで対応が可能です。

ちなみに製作前の和紙はこんな感じです。
それぞれパネルの大きさに合わせてカットが済んだものです。
パネル用の寸法にカットした麻和紙(白無地、墨染)

実はこの和紙の組み合わせ、何も考えずに同時に貼ってしまうと当然の事ながら、墨の色が白無地の和紙の方に滲んできます。その為、白無地の和紙を貼って乾燥させてから墨染めの和紙を貼っていきます。

和紙を貼り終えたパネル

和紙同士はミリ単位(今回は1mm程)で重ね合わせているので、継ぎ目が目立たず一枚の和紙をそのまま貼っている様に見えますよね。
※和紙の種類によって濡れた時と乾燥時の収縮率が違うので、使用する和紙にあわせて重ねる寸法を調節しています。


和紙のアートパネルは空間の印象を手軽に変える事が出来る便利なアイテム。
ただ、市場には大きさやデザインも様々な種類のアートパネルが出回っています。一度迷ってしまうと、どれも目移りして困ってしまいますよね(^_^;)

弊社ではお客様のご要望をお聞きして、設置予定場所に合わせた寸法やデザインのご提案を行っております。アートパネルの空間作りでご質問やお悩みが御座いましたら、お気軽にお問合せ下さい。


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

和紙を見ると癒される、それにはこんな理由があった!

和紙を見ていると、何となく温かみを感じたり癒されるような感じがする。
そんな風に思った事がある方も多いのではないでしょうか。

暖かみのある和紙の質感和紙等の手作りの物には癒しを感じる「ゆらぎ」が存在した。

実はその感覚は科学的に実証されていて、「1/fゆらぎ」によるものかもしれません。
簡単に言うと、人が生きるために細胞から様々な信号を出していますが、その間隔を調べると一定の「ゆらぎ(1/fゆらぎ)」があるそうです。※波形の波のようなもの。
この「ゆらぎ」を感じると人はリラックスし心地よさを感じます。

■「1/fゆらぎ」が含まれているもの
和紙(手作りのもの)、小川のせせらぎ・波・木・風(自然のもの)、音楽など
小川のせせらぎ海の波自然の木々


■「1/fゆらぎ」が含まれないもの
近代的なビル、精密な工業製品、量産品
オフィスビル工業製品量産品


人間だけでなく、動物でも「1/fゆらぎ」を感じる事が出来るそうです。乳牛に音楽を聞かせると、リラックスしてお乳の出が良くなったりする―。どこかで聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

こうやって何気なく感じている事に、実はちゃんとした理由があったりするんですね。

弊社の和紙アートパネルはお部屋の印象を手軽に変える事が出来るものですが、中には「癒しの空間作り」としてご依頼頂く事があります。人が「1/fゆらぎ」があるものに心地よさを感じるという風に、無意識のうちに癒される物を求めているのかもしれませんね。



「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出として、また大切な方への贈り物としてもオススメです。

お問合せはフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

和紙の繊維質を活かした創作和紙アートパネル(お客様ご依頼品)

地元金沢で知らない人はいないほど有名な、家具やインテリア用品の販売を行っている会社の社長さまからのご依頼品。

別件でショールームにご来店頂いた際に、店内にディスプレイしていたアートパネルを気に入って頂きご自宅の玄関壁面用としてご依頼頂きました。

※画像は全てクリックすると大きく見れます。
和紙の繊維質が特徴的なアートパネル墨と本金を用いてデザインしました(和紙アートパネル)
(寸法:800×400×15)

気に入って頂いた現品の仕様(和紙の繊維質を活かしたパネル)を基本に、デザインには染色した麻和紙、墨染の刷毛目とラメ入り樹脂ライン、そして金色の丸は本金(金沢箔)を使用してデザインしました。2枚がそれぞれ繋がっているようなデザインになっています。

墨染め楮紙を貼った1段目と、高さをもたせた2段目のパネルには一回り大きくカット(水切り)した創作和紙が貼ってあります。

また、水切りした部分は高さを出している事で立体的な感じに仕上がっている事で、和紙の持つ繊維質が引き立って見えます。

和紙の繊維質が特徴的なアートパネル
和紙アートパネルといってもデザインで見せるやり方の他にも、今回の様な和紙の素材感を活かした方法もあります。

弊社ではお客様のご要望をお聞きし、インテリアのトータルバランスを考慮したアートパネルの製作を行っております。ご質問、ご相談など御座いましたらお気軽にお問合せ下さいませ。


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)
【 浅倉紙業株式会社 】
ショールーム紙あさくら


和紙のある空間作りならお任せ下さい。
アートパネルや光壁を始めとしたインテリア企画製作、手漉・手染和紙、和紙小物のOEMなど、あらゆるニーズにお応えいたします。

〒920-0841
石川県金沢市浅野本町1-10-8
(Google mapで開く)
■TEL:076-252-6632
(月〜土 9:00-18:00)
■FAX:076-252-1318
(24時間受付)
※定休日:日曜、祝日


ウェブサイト

オンラインショップ

インスタグラム

フェイスブック

製作事例

お問い合わせフォーム

オンラインショップ「Washiあさくら」トップページへ



Facebookページに「いいね!」お願いしますm(__)m

ブログ内の記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード