浅倉紙業株式会社 (ショールーム 紙あさくら)のブログ

−石川県金沢市、創業1897年の和紙専門店−

2014年09月

和紙製IDカードケースのメンテナンスを行いました!

純粋な和紙から作られたKamiwazaのIDカードケースをご愛用頂いている東京都のO様から、「汚れも目立ってきたので、新品を購入しようか迷っている」とお話をお伺いしました。

O様はお仕事柄、雨に塗れたり擦れたりされる事が多いようなので、2年間ほど使用した現物を拝見させて頂くと、通常よりも汚れや角・縁部分など痛みが目立つ部分がありました。

もともとKamiwazaで使用している和紙は、昔ながらの加工技術で摩擦耐久性を高めた純粋な和紙を使っています。通常の和紙ではボロボロになる場合でもKamiwazaで使用している和紙は丈夫で、表面の毛羽立ちを抑える表面的なメンテナンスを行う事で、より長くご愛用頂く事が可能です。
今回はこのメンテナンスを行う事になりました。

さっそく表面の加工として、コンニャク粉を水で溶いたものを和紙に染み込ませていきます。
この作業によって毛羽立ちが抑えられ、和紙のハリが出てきます。
こんにゃく加工中(IDカードケース)表面加工が終わって自然乾燥させます(IDカードケース)
痛みが激しい所はコンニャク液の吸い込みが多いので、塗っては乾かすを、吸い込み量が少なくなるまで繰り返し行います。今回は5回程この工程を行いました。

そして完成したものがこちら!
比較しやすいように、左側はメンテナンス前、右側はメンテナンス後の写真です。
表側(IDカードケースのメンテナンス前)表側(IDカードケースのメンテナンス後)
裏側(IDカードケースのメンテナンス前)IDカードケースのメンテナンス後(毛羽立ちが抑えられてハリも出てきました。)
写真での見た目は分かりにくいですが、例えばメンテナンス前(裏側)の赤丸をつけている所をご覧下さい。縁部分は一番摩擦が強いので、毛羽立ちしやすい部分。それがメンテナンス後には綺麗になっています。全体的にも細かい毛羽立ちがありましたが、それも綺麗になりました。

また加工後は全体的にハリも出てきて、手触り感もシッカリした感じになっています。

今回は質感が変わらない撥水加工も施工しました。
IDカードケースのメンテナンス後(傾けると水の玉が転がってしまうほどの撥水)
こちらも一般的な撥水剤と異なり、和紙の通気性はそのままに撥水するというものです。
IDカードケースを少し傾けると、水がコロコロっと転がっていきます。

撥水効果はあくまで副産物で、どちらかと言うと汚れが付きにくくする為のものです。
O様、今後も経年変化を楽しんで頂けたら嬉しいです!


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

空間演出にピッタリのモダンな「和紙アートパネル」をご紹介

自社ショールーム展示販売用に、和紙アートパネルを製作しました。

建築用の建材を使用して、完成品の本体重量が約390gと見た目に反してかなり軽量のアートパネルになっています。その為、壁にも押ピン一つで設置する事が可能で、実際に持ってみるとその軽さに結構ビックリされる方が多いです。

弊社で製作するパネルの中の部材には大きく分けて2種類あります。
一つ目は最初にお話しました軽量建材を使用したパネル。
もう一つは大型のパネルを製作する際に使う木素材のパネルです。

大型のパネルの方は、大体3×6版(182cm×91cm)を超えるもので、そのサイズを超えてくるとパネル自体のヒヨリや、落下防止の為に木素材の部材に変更しています。また、しっかりとした取付も必要になってきます。

力強い墨の刷毛目が特徴的な和紙アートパネルシャープなイメージです(和紙アートパネルアップ)
(寸法:タテ28cm×ヨコ91cm×厚さ1.2cm、価格:¥28,000(税別) 現品価格)

力強い墨の刷毛目に本金箔、樹脂のラインを入れたアートパネルです。
シンプルながら奥深く飽きの来ない逸品。

ラメ入り樹脂に光があたると柄が浮かびあがって見えます(和紙アートパネル)下の黒い部分にもラインが入っています(和紙アートパネルアップ)
(寸法:タテ28cm×ヨコ91cm×厚さ1.2cm、価格:¥25,000(税別) 現品価格)

ランダムに画いた墨のラインが特徴的なアートパネル。
一緒に入れた銀ラメ樹脂ラインと、パネル下部の黒色が入る事でモダンな雰囲気に仕上がっています。

宇宙的なイメージがする和紙アートパネル近くでみると、より惑星の感じが出てきました(和紙アートパネルアップ)
(寸法:タテ28cm×ヨコ91cm×厚さ1.2cm、価格:¥25,000(税別) 現品価格)

麻和紙の染めに銀ラメ樹脂のラインと白や銀で、しぶきのようにデザインを施したアートパネル。
見方によっては宇宙っぽい雰囲気にも見えますね。


弊社で取り扱っている創作和紙は、自社にて企画をして、自社工房で製作を行う100%オリジナル品となっています。その特徴を活かして、お客様に合わせた商品の企画製作を行っています。

デザインやサイズもご要望にお応え可能で、飾られる空間に合わせたご提案もさせて頂いております。ご不明な事が御座いましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

ぷっくり感のある水玉模様や、水引を使った和紙金封ご紹介♪

先週アップした和紙金封がとっても好評だったので、他の金封もご紹介致します!
水玉模様の和紙金封結びイメージしたデザイン和紙金封
(いずれも 寸法:18.2cm×9.8cm、価格:380(税別)、短冊2枚入り、包む金額の目安:〜1万円)

左側の写真の金封は水玉をイメージしたデザイン、右側の写真の金封は結びをイメージしたデザインです。前回の金封とはまた違ってイメージですね。

盛り上がりのあるラメ入りの樹脂ラインがポイントとなってシンプルでありながら可愛らしくオシャレな感じに仕上がっています。全て1点1点手描きで、少しずつアレンジを変えながらデザインしたオリジナル性の高い金封です。

次の金封はこちら!
もみ和紙金封可愛らしい水引と和紙の色合い
(寸法:18.2cm×9.8cm、価格:800(税別)、短冊2枚入り、包む金額の目安:〜3万円)

この金封に使われている和紙の手触り感は、ややコシのあるザクザクっとした感じで和紙の魅力が十分に伝わる金封になっています。

和紙の素材感が伝わり、そっと手に馴染む揉み和紙の金封です。手染めした和紙に箔をあしらって華やかさをプラスしてみました。

その中でポイントとなるのが、やはり三連の水引飾りです。
ベースの和紙が非常に華やかなので、あえてシンプルな水引飾りでまとめています。

もしお気に入りの和紙がある場合は、それを使って手作りの金封を作ってみるのもオススメですよ♪

弊社ではその他、様々なオリジナル商品を取り扱っております。
お探しの物が御座いましたらお気軽にお問合せ下さいませ。


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

上品で可愛らしい雰囲気の和紙金封とポチ袋のご紹介

お店にいくと沢山種類があって迷ってしまう金封やポチ袋。

先日お客様から「ちょっとした気持ちを包むのに合うような、優しい雰囲気で可愛らしい感じの和紙金封が欲しい!」との声を頂いたので早速製作しました。

上品で可愛らしい和紙金封とポチ袋
金封(寸法:18.2cm×9.8cm、価格:450(税別)、短冊2枚入り、包む金額の目安:〜3万円)
ポチ袋(寸法10cm×5.5cm)


2種類の質感の違う楮(こうぞ)の和紙を使い分けて、ポイントとなる水引飾りをあしらいました。
カラーの部分は優しい色合いに染めているので、とても上品に仕上がっています。

金封は一般的に友禅などの柄が入っていたり、色合いも鮮やかなものが多くあります。
そんな中で、落ち着いた雰囲気を求めているお客様も沢山おられるようです。
(探すと結構そういう感じの物が少ないですね)

金封に限らず、和紙アイテムでお探しのものがありましたらお気軽にお問合せ下さいませ♪


その他にも「ぷっくり感のある水玉模様や水引を使った金封」もご紹介しています。


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)
浅倉紙業株式会社(ショールーム紙あさくら)をフォロー
和紙のある空間作りならお任せ下さい。
アートパネルや光壁を始めとしたインテリア企画製作、手漉・手染和紙、和紙小物のOEMなど、あらゆるニーズにお応えいたします。

〒920-0841
石川県金沢市浅野本町1-10-8
(Google mapで開く)
■TEL:076-252-6632
(月〜土 9:00-18:00)
■FAX:076-252-1318
(24時間受付)
※定休日:日曜、祝日

オンラインショップ「Washiあさくら」トップページへ



ブログ内の記事検索