浅倉紙業株式会社 (ショールーム 紙あさくら)のブログ

−石川県金沢市、創業1897年の和紙専門店−

2014年06月

深緑色の漆染和紙を使った、結納水引飾りのリメイクパネル(石川県K様)

先日、石川県のK様に結納水引リメイクパネルを納品させて頂きました。
まずは完成したリメイクパネルをご覧ください。

水引のレイアウトは自由に変えられます(結納水引飾りリメイクパネル)
寸法(左と真ん中は700×270、右のものは700×150)

緑漆染めのベースパネルは、色鮮やかな水引飾りにも合う落ち着いた色合いに仕上がりました。
当初、お部屋に合う色合いについてKさまは悩まれていたので、お部屋で雰囲気を見て頂けるように和紙の色見本をご用意させて頂きました。

デザインには全て手作業で金沢箔(本金)に、金のラメ樹脂ラインを入れています。
こういう柄の部分は決まった中から選ぶというのではなく、お客様のご要望をお聞きしながらご提案させて頂き作り上げています。例えばハートを入れて欲しいという要望であれば、ハートをモチーフにしたデザインのご提案も可能です。

また、パネル本体にはマグネットがくっつくようになっていて、水引飾りに取付けたマグネットによって自由な位置に付け外しが可能になっています。水引の位置替えが出来る事で、自分で好きなアレンジを楽しめるという部分が、弊社の結納水引リメイク品の特徴です。

例えば、下の写真は宝船をパネルにプラスして配置してみました。
水引の点数が増えるのでゴージャスに見えますね。
宝船をプラスしてゴージャスな感じに(結納水引飾りリメイクパネル)


水引飾りを全て取り外すとこのような感じで、アートパネルとして飾って頂けます。
水引飾りを取り外せばアートパネルとしてお使い頂けます(結納水引飾りリメイクパネル)金沢の本金を使用しています(結納水引飾りリメイクパネル)
パネル裏には壁掛け用の金具が取り付けてありますので、縦横お好きな方向で壁にかけることが出来ます。またパネル自体も軽量の為、ひっかけるタイプの画鋲1つでも安心してかけられます。


最初に仕上がったパネルをお見せしたかったので順番がバラバラですが、このお預かりした結納品の水引をリメイクに利用します。

お預かりした結納飾り
結構しっかりと固定されているものもありますが、一つ一つ丁寧に取り外していきます。

マグネットを取り付けた水引飾り
上の写真は写真はパネルに取り付ける用の水引飾りで、既にマグネットを水引に取り付けた完成状態のものです。

ご両家ご両親様用の専用収納BOX
今回はご両親様にはそれぞれに専用BOXを製作しました。
この部分に使われている飾り用の水引飾りも、結納飾りから取り外したものを使用しています。

ちなみに箱に書かれている柄も手描きで、パネルの柄とリンクするような柄になっています。
(パネルの柄と見比べて頂くとわかります)

新郎新婦様用のラッピング
こちらは新婚ご夫婦のラッピングです。
この時点で結納飾りに使われていた水引飾りのほぼ全てを使用しています。

水引の点数が少ない場合でも、パネルサイズや飾りになっていない水引からお花の飾りに作り変えたりと方法はありますので、水引のボリュームやご要望に合わせて安心してお任せ頂けるようにしております。

壁面パネル以外でも、こんなリメイクしてほしい!っというご要望がありましたらお気軽にお問合せ下さいませ。

K様ご依頼頂き有難うございました。



「結納品の水引飾りを素敵なインテリアアイテムにリメイクしませんか?」

ご要望やお持ちの水引飾りに合わせた完全オーダーメイドのリメイク品を製作致します。
結納水引リメイクの専用ページで、リメイク品の特徴やこれまでの製作事例をご覧頂けます。

お問合せはフォーム、お電話、FAXからお気軽にどうぞ!

(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力ください)

誰でも簡単に出来る!フチ取りを耳付和紙のように仕上げるカット方法

手漉きの和紙ってフチに耳(繊維がモサモサっと出ている感じ)がついていて、とてもきれいですよね。

この耳の部分は和紙を漉いた際にフチの部分が薄く仕上がる為、自然と出てくるものです。他の素材には無い、和紙の魅力の一つでもあります。

皆さんは和紙をカットする時、何を使って行っていますか?

カッターやハサミでカットされる方、手でちぎる方もおられるかもしれませんね。和紙は自然な温かみがあって、今までのカット方法でも和紙の魅力が十分伝わってきますが、

より一層和紙の魅力を引き出す方法の一つでもある
手漉きの耳付の様に仕上げるカット方法をお教えします!


これがとっても簡単なんです。
ご存知の方も改めてご覧頂けたら嬉しいです。

まず下の比較写真をご覧ください。どちらも同じ楮(こうぞ)和紙ですが左側のものは綺麗にカットされていて、右側のものは和紙の繊維が出ていますね。
カッターで切った物と水切りした和紙の比較
左側の和紙はカッターでカットしたもの、右側の和紙はこれからお教えする水切りという方法でカットしたものです。水切りした物の方が遠くから見ても「和紙」って分かりやすいですよね。

というわけで早速カットしていきましょう♪
まずは基本の直線水切りをしていきたいと思います。

【用意するもの】

・水:コップなどに入れて下さい。
・筆:細筆が理想的ですが、太筆でもOKです。
・ヘラ:無い場合は、先がとがっていない棒状の物。
・定規
・カットしたい和紙


水切りのやり方

Step1:ヘラでスジをつける。

まずカットする部分に定規を置いてヘラで和紙にスジをつけていきます。
このスジの付け方が水切りの良し悪しを決めるので、ブログ下段の「Q&A」等をご覧頂きながら行ってみてください。ポイントとしては傷をつけるのでは無く、押し跡をつける感覚です。
先が尖っていないヘラのようなもので行うと綺麗に出来ます。

このようにスジがつきました。薄い線なので画像をクリックして大きく見て頂くとお分かり頂けます。
ヘラでスジがきれいにつきました。

Step2:つけた"すじ"に筆を使って水をしみ込ませる

スジにそって水をつけた筆でスジをなぞっていきます。
スジにそって水を付けた筆でなぞっていきます。
スジに水が浸透しているのが分かります。
↑写真を大きくして見て頂くと分かりますが、
最初につけたスジに水が染み込みやすくなっていてライン状に濃く出ています。


Step3:スジにそって、ゆっくりとちぎっていく。

もしうまくちぎれない場合は、定規を置いてちぎるとガタガタになりにくいです。
ゆっくりと手切りしていきます。

綺麗に切れました!
綺麗な和紙の毛羽立ちが出ました!

Step4:仕上げに毛先を整える

カット後に和紙の細かい毛羽立ちを指先で整えて自然乾燥させると、とてもきれいに仕上がります。
毛先を整えるとよりキレイに仕上がります。
紙の種類によってこの毛羽立ちの出方が異なります。

〜番外編〜

直線が切れるという事は、型さえあれば下の写真のような円形のものを作る事も可能です!
円形に水切りしたもの
アイディア次第でどんな形でも出来ちゃいます。
是非楽しみながら挑戦してみてくださいね。

Q&A

Q. どれくらいの強さでスジを付ければいいのですか?
A.  和紙には様々な種類や厚さがあるので一概には言えませんが、

・薄手の和紙の場合…まずは弱めにスジを付けて下さい。
強くしすぎるとそれだけで和紙が切れてしまう場合があります。

・厚手の和紙の場合…強めにスジをつけてもOKです。
ただし極端に強すぎると繊維が切れてしまって綺麗に出てきません。
逆に弱すぎるとちぎるのに一苦労します(^_^;)

いずれの場合も一度目立たない所で水切りを試してみて、一番きれいに毛羽立ちが出る強さを見つけてみてください。
Q.  水切りしたところがガタガタになってしまいました。なぜですか?
A.  ヘラで押し跡をつける強さが弱い事が考えられます。
もう少し強めに跡をつけてみてください。
適度な強さで押し跡がつけられれば、まっすぐ綺麗に水切りが出来ます。
Q.  なぜ水を付けると綺麗にちぎれるのですか?
A.  元々和紙の繊維は親水性のセルロース繊維から出来ています。
繊維同士の結合が水の分子によってほどけやすくなり、つけたスジがガイドの役割となり綺麗にちぎれるのです。

スジを付けないで行うと、繊維同士の結合が弱い部分の方が破れやすいため、水を付けても思い通りにちぎれなかったりします。
Q.  ちぎれやすい方向、ちぎれにくい方向があるのはなぜですか?
A.  そこに気付いた方は凄いです!これを「紙の目」と言います。
殆どの紙製品には縦目と横目があり、和紙も例外ではありません(一部を除く)。

身近な物では新聞紙を用意して、縦と横で裂いてみてください。
不思議な事にまっすぐ切れる方向と上手く切れない方向がありますよね。

紙の繊維が製造の過程で一定の方向に揃っている為、縦横でちぎれやすい、ちぎれにくいが出てくるのです。
Q.  何度やっても上手く毛羽立ちが出ないのですが。
A.  水切りをしてみたのに、毛羽立ちが出てこなくてカッターで切ったような感じできれてしまったという場合、原因として考えられるのは…

ヘラでスジを強くつけすぎている
もう少し弱めにスジをつけてみてください。


スジをつける物の先端が尖っている
和紙の表面に傷をつけてしまうとうまく毛羽立ちが出ずに切れてしまいます。
先のとがっていないもので行ってください。
傷をつけるのではなく、押し跡をつけてあげる感覚です。

いずれの場合も出てくるはずの繊維まで切れてしまうので、毛羽立ちがうまく出てきません。


和紙原料の問題
和紙の原料の種類によって繊維の長さが違う為、思ったように出てこない場合があります。
楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)の主な和紙原料の中で、一番繊維の長い楮がより繊維が出やすくなります。


また原料を混合して作られている和紙もあるので、和紙を購入されるお店でご相談して頂ければ丁寧に教えて頂けると思います。

皆さんうまく水切りは出来ましたでしょうか。
おこなってみて、もし分かりにくい部分がありましたらお気軽にお問合せ下さい。

今後も和紙に関して、こんな事教えて!っという声がありましたらブログでアップしていきます。
また見て下さいね!


■こちらの記事も人気です。

「和紙のシワを簡単・綺麗にのばす方法」

和紙についてしまったシワ。
浅い折シワ、くしゃくしゃになってしまった深く細かいシワまで和紙の加工を長く行っていく中で培った方法をご紹介致します。特別な技術は必要ありません!是非試してみてくださいね。


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

来年の干支「ひつじ」の折り紙がとても可愛い!

先日、弊社の和紙を使ってお花や生き物などの折り紙をされているお客様から、来年の干支である未(ひつじ)の折り紙を頂きました!

ヒツジの角の部分がなんとも可愛いですよね♪
干支「ひつじ」の折り紙

このお客様が作られる折り紙は全て独自で考えて折っているそうなので、本やネットでは出ていないそうです。極めればこんな複雑なものでも考えながら折れてしまうのですね。

折り紙一つでも、使う和紙を工夫すれば仕上がりが全く違ってきます。
和紙の種類も沢山ありますので拘ってみると面白いですよ。

例えば、うさぎの折り紙には繊維の長い楮和紙を毛羽立たせたものを使うとうさぎのフカフカした毛並みを表現できたりします。
※毛羽立ちはセロハンテープの接着面を使って、ポンポンと叩く様にすると和紙表面に繊維が出てきます。

ちなみにこのヒツジの折り紙、残念ながら非売品ですがショールームで飾ってあります。
ぜひ見に来て下さいね。


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

華やかな色合い〜ピンク・グリーン系の和紙ウェルカムボード完成

石川県K様のウェルカムボードが完成致しました!
麻和紙を淡いグリーンとピンクのグラデーションに染め、ラメ入りの樹脂ラインでデザインを施しました。とっても可愛い感じに仕上がりました〜♪

和紙のウェルカムボード
※寸法:32cm×60cm×厚さ7mm
※上の写真は文字が入った場合の雰囲気がお伝え出来るように入れてみました。


文字の部分はお客様の方で書かれるとの事でしたので、下の写真のような雲竜紙に金振りを入れた和紙を3パターンご用意させて頂きました。※クリックして大きくご覧頂くと分かりやすいです。
金振りした雲竜紙(和紙のウェルカムボード)

水引飾りもパネルの色合いに合わせて、ピンク系とグリーン系の水引を使って製作しました。
世界に一つだけのK様オリジナルのウェルカムボードです。
水引が何とも可愛らしいです。(和紙のウェルカムボード)

実はこのウェルカムボード、弊社のリメイクパネル同様にマグネット取付タイプになっています。

マグネットを取り付けた水引飾りは自由に位置替え出来ます。(和紙のウェルカムボード)

一般的なウェルカムボードは文字が書かれている紙を貼り付けて使用するものが多くあります。しかし、そうなると次になにか別の用途でと考えた時に剥すのが難しかったりします。

その点、このマグネット取付タイプは文字を書く紙自体も水引に取り付けたマグネットで一緒に止めてしまう事が出来る優れもの。紙を外す時もマグネットを外せば、簡単に取り外し可能なのです。

ラメ入りのラインがとてもきれいです。(和紙のウェルカムボード)

気に入った配置があればずっとそのままで置いておけますし、もし水引飾りの位置替えをしたい時は簡単に変えられるので大変好評を頂いています。

お使い頂いた後は、赤ちゃんの命名書を取り付けるという使い方も出来ますね。
このように、お二人のご結婚の時の想い出のウェルカムボードを、また記念すべき日に使うという事も可能です。

弊社では、お客様オリジナルの和紙製ウェルカムボードを企画制作しております。
商品に関してご質問が御座いましたらお気軽にお問合せ下さい。


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)
浅倉紙業株式会社(ショールーム紙あさくら)をフォロー
和紙のある空間作りならお任せ下さい。
アートパネルや光壁を始めとしたインテリア企画製作、手漉・手染和紙、和紙小物のOEMなど、あらゆるニーズにお応えいたします。

〒920-0841
石川県金沢市浅野本町1-10-8
(Google mapで開く)
■TEL:076-252-6632
(月〜土 9:00-18:00)
■FAX:076-252-1318
(24時間受付)
※定休日:日曜、祝日

オンラインショップ「Washiあさくら」トップページへ



ブログ内の記事検索