浅倉紙業株式会社 (ショールーム 紙あさくら)のブログ

−石川県金沢市、創業1897年の和紙専門店−

2014年05月

結婚式でご両親への贈り物−結納水引飾りのリメイク品(石川県Y様)

結納水引リメイクパネルを結婚式でご両親へ感謝の気持ちを込めたプレゼントとして、ご依頼頂いた石川県F様の事例をご紹介致します。

お預かりした水引飾り

ご両親プレゼント用と、そうでないものとでは特にリメイク品自体に変わりはありません。
ですが、プレゼント用としてお考えのお客様はオプションにはなりますが、下の写真のような専用ボックスをご依頼頂く事が多いです。

水引を取り付けたまま収納出来る専用BOX
このボックスには水引を取り付けた状態で収納する事が出来ます。
ボックス上蓋にはF様の水引飾りを使用し、パネルのデザインと同じような金で画いたデザインを入れて、見分けが付きやすくしています。

結婚式でご両親に感謝の気持ちをこめてお渡しするプレゼントは様々なものがありますが、少し調べてみるとプレゼントの傾向として、

「ご両親への感謝の気持ちを 記念としてずっと残せるもの」や、
「自分たちの結婚に関連するもの」だったりするようです。

しかし、そういう関連商品は本当に沢山の種類があるので、決めるのにも一苦労なのではないかと思います。そんな中で弊社の結納水引リメイク品を選んで頂けて、とても嬉しいです。

さて、完成したF様のリメイクパネルがこちらです!
本金を贅沢に使い、金樹脂のラインを入れてデザインしました。
華やかな結納水引リメイクパネルに仕上がりました。
※金具取付済みで、縦横自由に壁掛けが可能です。

立派な置き型の水引飾りはリメイクパネルのアクセントとして、そのまま使用します。
普段からこの置き型の水引飾りも一緒に飾っても良いですし、お正月やお祝いの際にのみ飾っても良いですね。

リメイクの際、場合によってはこの置き型の水引飾りも一つ一つのパーツにして、パネルに配置出来る状態にする事もあります。

落ち着いた濃緑の漆染め楮紙(結納水引リメイクパネル)横で壁掛けも可能です(この写真は置いて撮影しています)結納水引リメイクパネル
またF様ご依頼のパネルも、弊社のリメイクパネルの特徴でもありますマグネット仕様になっています。
このマグネット仕様とは、パネル自体にマグネットがくっつく様になっていて、水引パーツに取付けたマグネットによって自由に配置換えや脱着が可能になっています。

例えばマグネットが付いた水引飾りを取り外すと、下の写真のような感じになります。
水引を配置すれば華やかなイメージになりますし、取り外してもインテリアパネルとして飾って頂けるようになっています。
このままでも飾れるデザインです(結納水引リメイクパネル)金沢の本金箔と金樹脂デザイン(結納水引リメイクパネル)
パネルの色に関しては、写真では黒っぽく写っていますが、実際には緑色の漆で染色した楮紙を使用しています。少し分かりにくいので、参考までに黒に染めた楮紙と並べて写真を撮ってみました。

上が緑漆染めパネル、下が黒色の楮紙です。
下半分が黒染め和紙、上が今回の緑漆染め和紙です。
これだと色味が分かりやすいですね(笑)

置型水引飾りと、マグネットを取り付けた水引たち
仕上がった商品を納品した際、F様から素晴らしい出来栄えと仰って頂けました。

私たちにとって、仕上がった商品をお客様にお渡しする時が一番緊張します。
しかも最近は殆ど県外のお客様からのご依頼が多いので、リメイク品を受け取ったお客様の顔を見ることが出来ないので尚更そう思います。

今後もお客様に喜んで頂けるような、結納水引リメイク品を手掛けていきます。

ご依頼頂きましたF様、有難うございました。



「結納品の水引飾りを素敵なインテリアアイテムにリメイクしませんか?」

ご要望やお持ちの水引飾りに合わせた完全オーダーメイドのリメイク品を製作致します。
結納水引リメイクの専用ページで、リメイク品の特徴やこれまでの製作事例をご覧頂けます。

お問合せはフォーム、お電話、FAXからお気軽にどうぞ!

(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力ください)

岩手県のN様より新たに水引のマグネット加工をご依頼頂きました。

以前、結納水引リメイクとして屏風タイプを製作させて頂いた岩手県のN様から、新たに水引にマグネット取付加工をお願いしたいとご連絡を頂きました。
※弊社のリメイク品の特徴として、水引にマグネットを取り付ける事でパネル内の好きな場所に水引を取付取外しが可能になっています。

N様は非常に拘りがある方で、屏風タイプのリメイクを行う際にもご要望を様々頂きながら製作を進めて行きました。製作にお時間はかかってしまいましたが、気に入って頂き日常的に目の留まる所に飾られているそうです。こういうご連絡を頂くと本当に嬉しく思います。

今回、お預かりした水引についてお話を伺うと、水引飾りの中には亡くなられたご両親が大切に保管されていた40年ほど前の物も含まれているそうです。

お預かりした40年前の水引と現代の水引飾り

実際の水引飾りを拝見させて頂くと、40年前の水引飾りは色合いにとても深みがあり現代の水引とはまた違った印象を受けました。

上の写真では分かりづらいかもしれませんが、大きめの水引飾りは全て40年前のもの。
色味が深く、金や銀であっても燻したような色合いになっています。
現代の水引が40年経過しても、こんな良い表情にはならないだろうなぁっと思いました。

マグネットを取り付けていく際には、揺さぶった時に落ちたり傾いたりしないように、取付位置や個数を確認しながら行っていきます。下の写真が完成した時ものです。

水引飾りにマグネット取付&梅水引にリメイクしました。

長い水引飾りは梅の水引飾りに作り変えました。
元々の水引自体にややクセがついてしまっているので、通常の作り方ではクセが目立ってしまい綺麗に仕上がりません。また取り付ける屏風のイメージを考えて、飾り自体にややボリュームを出させる形でリメイクを行いました。深みのある色合いと相まって、良い感じに仕上がりました。

梅の水引飾りにリメイク!

可愛らしい色合いの場合にはパール等を中心に入れる場合がありますが、今回の場合は水引自体が存在感のある色合いなので、あえてシンプルにまとめてみました。

商品到着後にN様からは早速御礼のご連絡を頂きました。
ブログも見て頂いているそうで、やる気が出ますね(笑)

N様、ご依頼頂き有難うございました。
またお気軽にご連絡下さいませ!



「結納品の水引飾りを素敵なインテリアアイテムにリメイクしませんか?」

ご要望やお持ちの水引飾りに合わせた完全オーダーメイドのリメイク品を製作致します。
結納水引リメイクの専用ページで、リメイク品の特徴やこれまでの製作事例をご覧頂けます。

お問合せはフォーム、お電話、FAXからお気軽にどうぞ!

(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力ください)

厳選創作和紙アイテム、ネットショッピングで購入可能になりました!

以前よりご要望を頂く事が多かったオンラインショッピングを本日スタートさせました。
※お支払いはクレジットカード決済(VISA、Master、American Express)、コンビニ決済、銀行振込、PayPal、翌月後払い、キャリア決済の中からお選び頂けます。

ショッピングサイト「Washiあさくら」の入り口はこちら

創作和紙の製造元である弊社では、日々新しい和紙が生まれています。
全てをネットショップに掲載するには、量が多すぎる為、その中から厳選して入荷してまいります。
Kamiwaza名刺入れ
これまで、オンラインショッピングをしてこなかったのには理由があります。
それは先代社長のこんな言葉からでした。

「和紙その物の色合いや手触りを含めた表情などをそのまま生で伝えたい」

その想いを引き継ぎ、どうしたらパソコンと言うツールに頼らずにお客様に伝えられるのかという部分を探っていました。

実際に使ってもらう事で感じて頂ける事も多くありますし、時代に合わせて柔軟に変化させた、新しい和紙の形としてご提案していければと考えています。良い意味で、これまでにない和紙専門店と皆様に思ってもらえるように日々精進致します。無理難題、いつでもお待ちしております(笑)

オンラインショッピングの方も、どうぞ宜しくお願いいたします♪


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

【保存版】日常使い出来る!結納品の水引リメイク方法まとめ

結納品の水引飾りを使ったリメイク品。ブログで事例をご紹介する様になってから、県内外問わず捨てたり(処分)するのではなく、リメイクする方法でご依頼を頂く事が増えています。

一般的には、羽子板や額に入れる形でのリメイク(再利用)する方法もありますが、現在では通年飾る事が出来て、インテリアとしても楽しめる方法が求められています。

やはりそれぞれに思い入れのある水引飾り。
「出来れば常に目の留まる場所に飾っておきたい」とお考えの方が多いのではないでしょうか。

結納水引リメイク品まとめブログ

弊社で行う結納水引リメイク品は、飾られる場所・水引の数・用途に合わせて、お客様オリジナルのデザインや形をご提案・製作を行っております。

【弊社の結納品リメイク、5つの特徴】

1:水引飾りパネル内で自由にレイアウトを楽しんで頂けるマグネットタイプ。
2:水引の色合い、数、飾られる空間に合わせてお作りするお客様オリジナル品。
3:好みに合わせてお選び頂ける3タイプのリメイク方法
4:水引飾りを取り外しても使用出来るデザイン。
5:和紙インテリア専門店の経験を活かしたデザイン性。
※結納水引リメイク紹介ページはこちら


今回、3つのタイプのリメイク方法と、製作の流れについてご紹介致します。

主な3種類のリメイク方法

【アートパネルタイプ】

壁掛けはもちろん、立掛け台(有料オプション)を使えば置いても飾る事が出来ます。
スッキリとしたフォルムで、リメイク品の中でも人気のタイプ。
壁にかけるタイプの結納水引リメイク品 (1)壁にかけるタイプの結納水引リメイク品(2)

【額タイプ】

壁に掛けたり、置いても飾る事が出来る額タイプ。
ホコリの侵入を防ぎ、お掃除も簡単に行える点が喜ばれています。
壁にかけたり出来る額タイプの結納水引リメイク品(1)壁にかけたり出来る額タイプの結納水引リメイク品(2)

【屏風タイプ】

お部屋の間仕切りとしても使える屏風タイプ。
両面使えるので、水引飾りのレイアウト自由度の高さが喜ばれています。
枠の色もご希望に合わせて変更可能です。
屏風タイプの結納水引リメイク品(1)屏風タイプの結納水引リメイク品(2)


【ご注文から製作までの流れ】

1 お問合せ:
現在お持ちの水引飾り写真を ( info@washi.co.jp )までお送り下さい。
その際に、ご不明な事やご要望が御座いましたら合わせてお知らせ下さい。

2 概算見積り:
お客様の水引飾りに合った仕様をもとに、概算お見積もりをお知らせ致します。

3 水引送付:
正式なお見積もりには、現物の水引飾りを採寸する必要があります。
ご了解頂けましたら水引を弊社宛までお送り下さい(送料お客様ご負担)

直接、弊社ショールームにお持ち頂いても構いません。
その場合はサンプル品や、使用する和紙をご覧頂きながらその場で、打ち合わせをさせて頂く事も出来ます。

4 ご提案:
お送り頂いた水引飾りをもとに、リメイク品のサイズを決定致します。
また合わせて色合いやデザインについてもご提案し、打ち合わせをさせて頂きます。

5 お見積もり:
決定した内容で正式なお見積もりをお知らせ致します。
もし、この時点でキャンセルとなった場合でも費用は一切頂いておりませんので、ご安心下さい。
その場合は、お預かりしております水引飾り一式は全てご返却させて頂きます。

6 ご入金・製作開始:
ご入金確認後、製作を進めさせて頂きます。納期は製作開始から約10〜20日間。
もし納期にご希望がある場合は、スケジュールを調節致しますので、予めお知らせ下さい。
(例:結婚披露宴でお披露目する為、〇月〇日までに納品して欲しい等)

7 完成・発送:
完成写真をお送り致します。
ご了解頂いてから商品の梱包、発送を行います。

結納水引リメイク品の概要や事例紹介などは、こちらの専用ページに掲載しております。

何かご不明な事などございましたら、ご遠慮なくお問合せ下さいませ。



「結納品の水引飾りを素敵なインテリアアイテムにリメイクしませんか?」

ご要望やお持ちの水引飾りに合わせた完全オーダーメイドのリメイク品を製作致します。
結納水引リメイクの専用ページで、リメイク品の特徴やこれまでの製作事例をご覧頂けます。

お問合せはフォーム、お電話、FAXからお気軽にどうぞ!

(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力ください)

ウェルカムボードを製作中です(和紙の貼り方のポイント)

お客様からご依頼頂いたウェルカムボード製作風景を撮影してみました。

黄緑とピンク色のグラデーションに染色した和紙に、金ラメ入りのラインでデザインを施したお客様オリジナルの創作和紙。
グラデーション染め創作和紙
この創作和紙がパネルになるとどうなるでしょうか!?
早速作業に取り掛かります。

裏側から糊を塗っている所です。(ウェルカムボード製作風景)
上の写真は和紙の裏側に糊(でんぷん糊)を塗り終えた所です。
様々な角度から見て、塗り残しが無いように塗っていきます。
※弊社でいつも使用している糊はこちら

糊の濃度は和紙の種類によって変えています。基本的には染み込みやすい和紙にはやや濃度を薄く、染み込みにくい和紙には濃いめの糊を使って作業しています。

今回使用している麻和紙は凹凸感のある和紙なので、ややたっぷりと塗っています。

糊を塗ってパネルに合わせた所(ウェルカムボード製作風景)
↑和紙に糊を塗って上下左右均等になるようにパネルに和紙を置いた所です。

紙の上からなでるようにして空気を押し出す。(ウェルカムボード製作風景)
位置が決まったら空気を押し出す作業を行います。この時に、水分を吸ってくれる障子紙のようなものを上に置いて、その上から撫で刷毛や手で押し出していきます。

濡れている時に擦ると和紙は毛羽立ちしやすいので、この紙一枚をのせるだけで作業は非常に楽になりますし、仕上がりも綺麗になります。毛羽立ちも抑えられ、余分な水分も取れるので乾燥までの時間も短縮出来ます。

角も綺麗になりました(ウェルカムボード製作風景)
角の処理も綺麗に出来ました。
これからチャレンジされる方は、角の処理が一番難しい部分かもしれません。
角の処理もいくつか方法があり、難易度も異なります。

裏側はこのような感じ(ウェルカムボード製作風景)
表側の紙が乾燥後、この部分にモミ紙を全面に貼っていきます。
弊社では見えない部分にもきちんとした仕立てを行う事を心掛けています。

そして完成したものがこちら!(乾燥後のものです)

完成したパネル(ウェルカムボード製作風景)
1枚の和紙が、このようにパネルに仕立てる事で立体感がうまれました。

このウェルカムボードはこの後、水引飾りを取り付けて仕上げの作業へと進んでいきます。
ゴールデンウイークを挟んでしまいますが、また完成した写真が撮影出来ればご紹介したいと思います。和紙の事でお悩みが御座いましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。


☆2014年6月7日追記:
本記事でご紹介したウェルカムボードが完成しました。
こちらからご覧いただけます。


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)
浅倉紙業株式会社(ショールーム紙あさくら)をフォロー
和紙のある空間作りならお任せ下さい。
アートパネルや光壁を始めとしたインテリア企画製作、手漉・手染和紙、和紙小物のOEMなど、あらゆるニーズにお応えいたします。

〒920-0841
石川県金沢市浅野本町1-10-8
(Google mapで開く)
■TEL:076-252-6632
(月〜土 9:00-18:00)
■FAX:076-252-1318
(24時間受付)
※定休日:日曜、祝日

オンラインショップ「Washiあさくら」トップページへ



ブログ内の記事検索