浅倉紙業株式会社 (ショールーム 紙あさくら)のブログ

−石川県金沢市、創業1897年の和紙専門店−

2014年01月

平面なのに立体感!?お雛様柄のミニ和紙屏風(お客様ご依頼品)

ショールームにご来店頂いたお客様のご依頼品です。
「雛祭りにお子様のお名前を名入れして飾りたい」とのご要望で、黄緑色のグラデーション染めの雲竜紙を使用してミニ屏風に仕上げました。

雲竜紙の染和紙
雲龍紙を緑系の同色ぼかし染めを行いました。
弊社では染色加工を強みとしており、ご依頼に合わせて全て自社工房で手染めしております。

お雛様柄のミニ和紙屏風
(寸法:H370×W800)

写真では命名紙をまだ入れておりませんが、左側の左側の開いている部分に入ります。
お雛様が優しく見守ってくれているようですね。

お雛様柄のミニ和紙屏風(裏側)
裏側は黒染めのもみ和紙で仕上げてあります。

立体感が良い感じです。(お雛様柄のミニ和紙屏風)
この屏風の特徴としては、なんと言ってもこれ!たち雛はどちらもやや立体感を出させてあります。
おびなのお顔もふっくらしているのが分かりますでしょうか。

写真では写っておりませんが、めびなは胴体にもう少し厚みを出させる事で女性らしさを出しました。
言われなければ分からない事ですが、細かな部分までこだわって製作させて頂きました。
これから名入れをおこなって完成となります。

命名紙の飾り方として、今回ご紹介した屏風タイプをご紹介いたしました。
お客様のご希望をお聞きしてオリジナルでお作りすることも可能です。
商品に関してご質問が御座いましたら、お気軽にお問合せ下さい。


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

イベントのご案内「いしかわの伝統工芸ー建築・内装分野への可能性」

東京のOZONEにて開催致します。いしかわの伝統工芸ー建築・内装分野への可能性ー
こちらのイベントは終了致しました。またのご来訪をお待ちしております。

本展は、石川県の伝統工芸に潜む建築内装材としての可能性を探るものです。

会場では、気候風土に根ざし、伝統の技術を受け継ぐ県内のつくり手企業13社が、これまで手がけてきた生活用品などのプロダクトとしてではなく、装材やインテリアの一部といった新たな製品開発に取り組んだ経過を紹介します。

さまざまな生活シーンの中で伝統と現代が織りなす空間提案をとおして、次代を見据えた新たな魅力を発信する石川県のものづくりの現在と未来をご覧ください。 」

■会期:2014年2月27日(木)〜3月4日(火) ※水曜日(祝日を除く)休館
■時間:10:30〜19:00
■会場:リビングデザインセンターOZONE(7F リビングデザインギャラリー、照明体感ラボ)
〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー
■入場料:無料

弊社は新たなインテリアの可能性として、創作和紙パネルを出品致します。
従来のアートパネルではなく、建築内装材の壁面素材として取り入れやすいように工夫しています。
一般の方には、これから住宅を建てようとお考えの方、石川県の伝統工芸に興味がある方など、きっと良いアイディアのきっかけになるのではと思います。

皆様のご来場、お待ちしております_(_^_)_



お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

シンプルなのに奥深い−墨グラデーション和紙アートパネルのご紹介

日本の墨の歴史は、推古天皇18年(西暦610年)、高麗の僧・曇徴(どんちょう)がその製法を伝えたことが始まりとされています。日本人にとって馴染み深い為か、現代においても墨でデザインされたものは飽きなくて、どこかホッと落ち着く色合いがあり人気です。

今回はそんな墨を使った、グラデーション染和紙インテリアアートパネルをご紹介。
墨グラデーションの和紙アートパネル(横アングル)
※寸法:H200mm×W900mm、厚さ22mm

写真のアートパネルは厚みが2.2cmと、やや厚みを出しているので高級感があります。
パネル自体も1kg未満と軽量なので、ダルマピンで簡単に設置して頂ける手軽さも喜ばれています。
※裏側には縦横どちらでも設置出来るように金具と紐付き。

全て弊社で染めを行っています。(墨グラデーション和紙アートパネル)

空間を圧迫しない細身のパネル。
限られた空間(お手洗いや玄関など)にも、スッキリとした印象を与えてくれます。

以前お客様で、「お手洗いに飾るパネルを探しているので考えて欲しい」とご来店頂いた事がありました。その時に飾ってあった、今回の墨グラデーションパネルに一目惚れされて同じ仕様でお作りした事があります。

2つ配置がオススメです。(墨グラデーション和紙アートパネル)

このように、2つのパネルを少しずらして設置するとお洒落な感じです。
自社工房で和紙染色を行い、パネル加工まで一貫して行っております。

県外のお客様など、直接ご来店が難しいお客様でもお電話・メール・FAX・お手紙などで打ち合わせが可能です。

ご自宅の空間イメージ、お客様のご要望に合わせて企画提案を行っておりますので、和紙アートパネルでご不明な事が御座いましたらお気軽にお問合せ下さい。


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

どちらがお好み?花柄の和紙アートパネルが仕上がりました。

2種類の花柄アートパネルをご紹介いたします。

白×黒(艶なし)和紙アートパネル
(寸法:H270×W900、厚さ12mm)
麻和紙をベースに、盛り上がりのある樹脂ラインで花柄を画きました。
印刷などではなく、全て手画きでデザインを入れています。
だからこそ一つ一つに心を込めて製作する事が出来ます。

モダンな感じに仕上がっています(和紙アートパネル)
無地の和紙に染色やデザイン入れて、和紙が仕上がった後にパネル貼り進めていきます。
デザインによっては、和紙を貼った後にデザインを入れていくこともあります。

今回、パネルの厚みは標準的な12mmのもの。
完成サイズやデザインを考慮してパネルサイズを変えていきます。

グレー×黒(艶あり)和紙アートパネル
(寸法:H270×W900、厚さ12mm)

この角度から見ると艶感が分かりますね♪(和紙アートパネル)
こちらのパネルはグレー色と艶あり黒ものです。
柄は最初と同じ花柄ですが、手書きの良さを生かして画きました。
色合いが違うだけで、イメージも異なって見えますね。

どちらのパネルもモダンな柄で、飾るだけでお部屋のイメージを引き立たせてくれます。
手軽にお部屋の印象を変えたい方には、和紙のアートパネルをオススメいたします(^^)/


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)
浅倉紙業株式会社(ショールーム紙あさくら)をフォロー
和紙のある空間作りならお任せ下さい。
アートパネルや光壁を始めとしたインテリア企画製作、手漉・手染和紙、和紙小物のOEMなど、あらゆるニーズにお応えいたします。

〒920-0841
石川県金沢市浅野本町1-10-8
(Google mapで開く)
■TEL:076-252-6632
(月〜土 9:00-18:00)
■FAX:076-252-1318
(24時間受付)
※定休日:日曜、祝日

オンラインショップ「Washiあさくら」トップページへ



ブログ内の記事検索