こんばんは、浅倉紙業のKです。
2008年7月28日朝8時45分……予期せぬ事態が発生しました。

会社の近くを流れる浅野川が氾濫しました。

氾濫が起きた時刻、私は車で会社に向かっていました。
いつもより妙に道が混んでいて、事故かなにかだと思っていたのですが、そんな時に慌てた様子で、数人のお兄さんたちに行く手を止められました。

「この先は行っちゃいけない!危ないから引き返して!」と。

会社の方向を見ると、目の前が川になっている状態。
慌てて引き返し、徒歩で会社に急ぎました。

会社前の大通りは通行止めになり、異様な光景です。
下の写真がその時の様子。
2008年7月28日「浅野川の氾濫」 会社前2008年7月28日「浅野川の氾濫」 会社の前には鮎
※会社の駐車場では、鮎の姿も。

会社の入り口に泥水がちょろっと入ってきましたが、目立った被害は無し。
しばらくすると、水も引いてきました。
残されたのは、沢山の泥とタイヤやマットレス等の大きなゴミでした。

2008年7月28日「浅野川の氾濫」 東山周辺2008年7月28日「浅野川の氾濫」 東山周辺 (2)
翌日、浅野川沿いにも行きましたが、こちらは被害が大きいです。
橋の下には、大きな流木もありました。

新聞やニュースをご覧になりご一報下さった方々、この場をお借りしてお礼を申し上げます。
誠に有難うございました。


■2008年08月25日 追記:

浅野川の氾濫から約1ヶ月程が経ちました。
弊社の周りでは道を覆っていた泥も、道路清掃が入ってすっかり綺麗になりました。

しかし、まだ泥が残っている所もあり、氾濫以前に戻るには時間がかかりそうです。

不幸中の幸いでは無いですが、今から思えば決壊ではなく、氾濫ですんで良かったなと感じています。決壊だと被害は想像を絶するものだったと思います。


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)