浅倉紙業株式会社 (ショールーム 紙あさくら)のブログ

石川県金沢市にある創業明治30年の和紙専門店
「浅倉紙業株式会社(紙あさくら)」のブログ。
オリジナル創作和紙や壁掛アートパネル、
和紙商品を定期的にご紹介しています。

悠久紙(五箇山和紙)の冬の風物詩「雪晒し」の現場見学に行ってきました。

先週末、お付き合いのある五箇山和紙「悠久紙」の宮本さんから、
雪晒し(ゆきさらし)や紙漉きの現場体験を行うとお誘い頂いたので行ってきました!
※雪晒しとは五箇山の冬の風物詩で、詳しくはこの後ご紹介しています。
豪雪地帯の五箇山地方は、当たり前のように3m以上は積もるそうで、
道中の景色は雪がミルフィーユのように層になっていました。

悠久紙(五箇山和紙)体験 (2)
集合場所に到着するとご覧の通りの雪!これでも少ないそうです(^_^;)
晴天にも恵まれ、空気も澄んで心地がよいです。

紙漉きの現場体験では、まず悠久紙についての説明をして頂いたのですが、
まず何より驚いた事が下の大福帳。一番左が最近作ったもの、真ん中と右は…
いつ頃作られたか分かりますか?
悠久紙(五箇山和紙)体験 (1)
そう、大正6年というと1917年なので100年経っているんです。
実際に触って中身も見させて頂いたのですが、これまた驚くほどしっかりしています。
とても100年経っているとは思えないほど和紙の自然な白さも保たれています。
普通これだけ古い大福帳だと黒ずんでいて、周りがボロボロなので触るのも怖いくらいですよね。

耐久性のある美しい和紙を作るには、
いかに良質な和紙繊維を傷めず原料を処理出来るかが大切なのだそうです。
なぜこんなに耐久性がある和紙が作れるのか、今回その理由を垣間見る事が出来ました。

その工程の一つ、雪晒し(ゆきさらし)の現場を見学させて頂きました。
雪深い道を歩いていきます。奥に鳥居が見えますが、
その長さでどれだけ雪が積もっているのか分かりますね(笑)
はしゃいでジャンプとかすると、簡単にひざ上くらいまで埋もれてしまうので、
ゆっくり慎重に歩いていきます。
悠久紙(五箇山和紙)体験 (3)

こちらが雪晒しをまさに行っている所です。
いくつかの工程を経て、楮(こうぞ)表皮の黒皮部分を手作業で削りとったあとに、
写真の様に雪の上に処理した楮を広げて1週間から2週間ほど、ひっくり返しながら晒していきます。
太陽の紫外線によって、徐々に葉緑素が抜けて天然の白色が得られます。
※葉緑素とは…植物の葉緑体の中に含まれる緑色の色素のこと。
悠久紙(五箇山和紙)体験 (7)悠久紙(五箇山和紙)体験 (4)

葉緑素が抜けてくると、下の写真の様にあきらかな違いが出てきます。
悠久紙ではこのようにして自然な白さを出す工程を行っていますが、市場で出回っている和紙の中には「さらし粉」という化学薬品を使って一気に白くしてしまう方法を行っているものもあります。
簡単でコストも大幅に抑えられますが、原料自体にもダメージを与えてしまうので何百年、何千年と生きる和紙にはなりません。
悠久紙(五箇山和紙)体験 (6)悠久紙(五箇山和紙)体験 (5)
ちなみに雪晒しには雪がとても重要です。
雪の表面は冷たく、そこに原料を置くことで腐らないという意味があります。
ただ、雪が降ると晒している原料が埋もれてしまいどこにあるか分からなくなる事と、
雪の中は意外と暖かい(かまくらの原理ですね)ので、原料が腐ってしまう為、
傍にあるワイヤーに吊るして雪晒しを続けます。


雪晒し見学のあとは工房に移動しました。
こちらでは原料を煮てアク抜きを行ったものに残っている黒皮や汚れ等を
一つ一つ手作業で取り除いている所です。
気の遠くなるような作業ですが、この工程を適当にしてしまうと和紙を漉いた際に
黒い部分が入ってしまうので細かなものも見逃すことなく行っていました。
悠久紙(五箇山和紙)体験 (8)悠久紙(五箇山和紙)体験 (11)悠久紙(五箇山和紙)体験 (12)
この部分も市場に出回っている和紙の中には原料を煮る段階で苛性ソーダという薬品を使って黒皮などの汚れを溶かして処理されているものがあります。
そうすることで、黒皮を手作業で取り除く工程を省く事が出来てコストを抑えられますが、
やはり原料の繊維も傷んでしまいます。
もちろん、悠久紙では薬品は一切使用せず作られています。

悠久紙(五箇山和紙)体験 (10)悠久紙(五箇山和紙)体験 (9)
※熱した真鍮製の乾燥板に貼り付けて乾燥している所。
修復用紙など、用途によっては木の板に貼り付けて、日光で乾燥させる伝統的な方法で行う事もあります。



悠久紙(五箇山和紙)では、全ての行程において化学薬品を一切使わず
和紙の繊維をそのままに和紙を漉いていました。
そうやって出来上がった和紙は経年によりさらに白さを増していくので、
最初にご覧頂いた大福帳の経年を感じさせない状態が納得出来ますね。

このように良質な原料の栽培から手漉きまで一貫して行っている所は全国的にも非常に珍しく、
海外のからの原料に頼らざるを得ない産地も少なくありません。
こだわって作られた悠久紙は、桂離宮の修復、名古屋城の本丸御殿修復、勝興寺の修復、ヨーロッパの絵画修復、などその他さまざまな場所で重要文化財の修復用紙として使われています。
これらの修復用和紙は、最低でも500年耐えうるものである事が求められるそうです。

とても貴重な和紙ですが、お土産品や和紙小物など用途によっては原料の種類や配合を変える事でコストを抑えた和紙も漉いています。

悠久紙の宮本さんともお話しさせて頂きましたが、世の中に出回っている和紙風の和紙が決して悪いのではなく、和紙の正しい知識としてそれぞれの用途に合わせて最適なものを使う事が大切ですね。私たちも和紙を専門に取り扱う者の責任として、お客様に和紙の正しい知識をお伝えしていくと共に、ご要望や用途に合わせた和紙をこれからもご提案していきます。

今回、和紙制作現場の一部を見学出来てとても勉強になりました。
和紙の世界は奧が深いので興味の種は尽きません(^-^)
お声がけ頂いた悠久紙(五箇山和紙)の宮本さん、スタッフの方々有難うございました!


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

初めての結婚記念日「紙婚式」に喜ばれるオリジナル和紙ブーケ(ご依頼品)

結婚記念日には1年目からそれぞれに名前がついているのをご存知でしょうか。
初めて迎える結婚記念日が紙婚式(かみこんしき)と呼ばれていて、
結婚記念日発祥とされているイギリスでは75年目のプラチナ婚式まで
1年毎それぞれに意味があります。

1年目の紙婚式の意味とは…
夫婦として歩みだして初めて迎える結婚記念日には 『白紙の状態から将来の夢を願う』
という意味合いがあり、紙製のものをプレゼントすると良いとされています。
アルバムや手紙などを贈るのが一般的ですが、弊社では紙婚式の特別なプレゼントとして
和紙製のブーケをお作りしています。
※オンラインショップ「Washiあさくら」 和紙製ブーケ商品ページ

今回ご紹介する東京都S様の事例は、結婚式で使用した生花ブーケを元に
美しく咲き続ける和紙製ブーケを制作させて頂きました。
東京都S様(結婚1周年紙婚式のプレゼント、和紙ブーケ) (1)東京都S様(結婚1周年紙婚式のプレゼント、和紙ブーケ) (3)
寸法:お花本体直径約21cm、高さ約27僉スタンドに入れた状態ので高さ約31

白いお花は洋ランの一種であるデンファレというお花。
葉っぱ、お花、つぼみ等、全て国産和紙を使用して制作しています。
自然光の下では、和紙の透き通るような白色が強調された優しい雰囲気のブーケに仕上がりました。

和紙も種類が異なると同じ白色の物でも、やや生成り(ベージュがかったような感じ)のような色合いもありますが、今回使用した和紙はデンファレの色合いに合わせたものを使用しました。
このお花の色合いについてもお客様との打ち合わせの際に写真をお送りして
ご確認頂きながら進めています。

東京都S様(結婚1周年紙婚式のプレゼント、和紙ブーケ) (2)
製作のポイントは何といっても美しいデンファレのお花です。中心がほんのりグリーン色に、
花びらの緩やかなカーブをつけることで可憐に咲くイメージを大切にしました。
お花の向きもブーケの印象を大きく左右する部分なので調整を行った事で、
どの角度から見ても気品や上品さを持ちながら可憐な印象を感じるブーケに仕上がりました。

お二人にいつまでも幸せが訪れるように、そしてこの和紙ブーケを見る度に自然と笑顔が生まれる
暖かな家庭が続くように、心を込めて制作させて頂きました。
ご依頼頂いたS様、有難うございました。



「和紙専門店の和紙ブーケ」
結婚記念日や大切な方への贈り物としても喜ばれる、
国産和紙を使用したオリジナルの和紙ブーケを製作しています。
和紙専門店の和紙ブーケ商品ページへ
(オンラインショップ和紙ブーケページはこちら)

その他、お客様のご要望をお聞きしてオリジナルブーケの制作も行っております。
お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

家族一同大満足!モダンな空間にもピッタリの和紙アートパネル(福岡県N様ご依頼品)

生活空間に変化をつけたいなとか、なんだか壁面が物足りないなぁと感じた事が
1度はあるのではないでしょうか(私もその中の一人です(笑))
思い切って壁紙を変えてみる、リフォームをするというのも良いですが、
どうしても費用的な事もあって難しいですよね。
弊社では和紙アートパネルで気軽に空間作りを行って頂けるように、
ご要望をお聞きしてオリジナルのアートパネルを1点から制作させて頂いております。

打ち合わせの際にも妥協点を見つけるのではなく、
お客様のご要望はもちろん私たちも自信をもってオススメ出来るご提案を心がけています。
ご質問も喜んでお応え致しますので、お気軽にお問合せくださいね(#^.^#)


さて、本日は福岡県のN様からご依頼頂いた、
リビング壁面用の和紙アートパネル事例をご紹介いたします。

サイズはH300×W1200のパネルを2点使用し、
上下のパネルを30僂困蕕靴得瀉屬垢詈法に決まりました。
それに伴ってデザインの見え方やバランスを調整させて頂きました。
N様ご依頼品(モダンな和紙アートパネル 2連) (1)N様ご依頼品(モダンな和紙アートパネル 2連) アップ
※画像をクリックすると大きくご覧頂けます。

ベースには素材感のある麻和紙に、墨濃淡の刷毛目に金ラメ樹脂ラインのデザイン。
上下のデザインも含めてN様の拘りを形にしたモダンな和紙アートパネルに仕上がりました。

上の設置写真は納品後、N様からお送り頂いたものです。
他のインテリアアイテムともピッタリな素敵なものだったので、
ブログでご紹介しても良いですか?とお聞きするとご快諾下さいました。
また、ご家族の皆さんにも大変好評のようで、
モダンで素敵な空間が出来たととても喜んで頂けました。

N様のご希望通りの空間作りのお手伝いが出来た事が何よりの喜びです(^^♪
ご依頼頂いたN様、誠に有難うございました!


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

結婚1周年記念日プレゼント「青い胡蝶蘭・薔薇 和紙ブーケ」のご依頼

神奈川県のT様から、結婚1周年(紙婚式)記念日に奥様へのプレゼントとして、
和紙製ブーケのご依頼を頂きました。

T様の結婚式で実際に使用した生花ブーケに胡蝶蘭が使われていた事から、
主な仕様としては胡蝶蘭をメインに薔薇を所々に配置したもので決まりました。
つぼみ部分は今にも芽吹きそうなものや成長途中のものなど、
お花・つぼみ・葉っぱ等すべて和紙で作られています。

和紙で出来ているのでそのままの美しい状態を長く楽しんで頂けるのはもちろん、
そのブーケを見る度に1周年記念日を思い出して、自然と笑顔になるようなブーケになるように
心を込めて製作させて頂きました。

完成したオリジナル和紙ブーケは、T様の奥様に対する深い愛情が
しっかりと込められたものに仕上がりました(#^.^#)
結婚1周年記念日和紙ブーケ(青い胡蝶蘭・薔薇) (1)結婚1周年記念日和紙ブーケ(青い胡蝶蘭・薔薇) (2)
寸法:花部分直径約20cm、高さ約33僉▲好織鵐匹縫札奪箸靴疹態での高さ約42cm

ブーケの形は垂れ下がりがありボリュームのあるキャスケード型で、
このブルーの色合いは式当日に奥様が着られていたカラードレスの色合い・雰囲気に合わせて
和紙を染色する所から行って制作しています。
結婚1周年記念日和紙ブーケ(青い胡蝶蘭・薔薇) (3)

和紙には高知県産の土佐楮100%を使用。
楮紙といっても原料の産地や、その和紙にどんな原料が含まれているのかによっても
色合いや表面の質感が異なります。
弊社では、制作するお花の種類や要望に合わせて国産和紙の中から
一番合う和紙を使用してお作りしています。

この土佐楮は自然の艶感があり、強靭な繊維が特徴です。
染色にも向いていて、優しい雰囲気からパキっとした色合いまで可能な和紙です。
ただ、そのままでは胡蝶蘭のあのハリのある花びらを表現が難しいので、
和紙を貼り合わせて厚みを出しています。

完成後、T様からもお礼のご連絡を頂きました。
今後も記念日の良い思い出として残るような和紙ブーケを製作していきます(^^)/

ご依頼頂いたT様、有難う御座いました。



「和紙専門店の和紙ブーケ」
結婚記念日や大切な方への贈り物としても喜ばれる、
国産和紙を使用したオリジナルの和紙ブーケを製作しています。
和紙専門店の和紙ブーケ商品ページへ
(オンラインショップ和紙ブーケページはこちら)

その他、お客様のご要望をお聞きしてオリジナルブーケの制作も行っております。
お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

オンラインショップ「Washiあさくら」 代表的な3つのデザイン和紙について

弊社の創作和紙は作品制作の素材としてお使い頂く他、
インテリアに取り入れる事で手軽に空間作りを楽しんで頂けます。

オンラインショップ「Washiあさくら」では様々な種類の和紙を取り扱っていますが、
デザインが多すぎて迷ってしまう!というお客様の為に、
カテゴリー毎の特徴をまとめてみました。

【 墨書入りデザイン 】
墨や金彩を用いて手描きでデザインした創作和紙。
モダンでクールな印象なので、洗練された空間作りとしてオススメです。
墨書入りデザイン(創作和紙)
墨書入りデザイン商品一覧ページへ

【 柿渋デザイン 】

天然の柿渋を用いて手描きでデザインした創作和紙。
圧迫感を感じない優しい色合いで、他のインテリア品ともコーディネートしやすいのが特徴です。
柿渋デザイン(創作和紙)
柿渋デザイン商品一覧ページへ

【 染め・樹脂デザイン 】
染色した和紙をベースに使用したものや、
和紙の色合いを活かした無地ベースにデザインを入れた創作和紙。

ベース色によって、お部屋の雰囲気をシックで落ち着いたものから、
明るくしてくれるものまで幅広くラインナップしています。
好みに合わせてコーディネートの幅を広げてくれます。
染め・樹脂デザイン(創作和紙)
染め・樹脂デザイン商品一覧ページへ

【 それでも迷ってしまうという場合には… 】
各デザインカテゴリー毎に様々な創作和紙がありますので、
それでも迷ってしまう〜という時の為にスタッフオススメカテゴリーも作ってみました。
こちらも合わせてご覧頂き、是非お気に入りの一枚を見つけて下さいね(^^)/
スタッフおすすめ和紙一覧ページへ


創作和紙・和紙インテリアの専門店
オンラインショップ「Washiあさくら」はこちらから


「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出として、また大切な方への贈り物としてもオススメです。

お問合せはフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

シンデレラをイメージした記念日和紙ブーケ(東京都S様ご依頼品)

本日はもう一つ、東京都のS様からご依頼頂いた、
結婚1周年記念日(紙婚式)和紙ブーケをご紹介致します。

S様からご要望頂いた和紙ブーケのテーマはディズニー映画でも有名な「シンデレラ」。
その色使い、雰囲気を和紙ブーケで表現しました。
シンデレラというと白、青、黄がバランスよく組み合わさった印象があります。
やや白を多く入れる事で優しく可愛らしい印象が出るので白をやや多めに、
青は濃淡を使い、黄はアクセントにしてまとめました。

シンデレラがテーマのS様オリジナル和紙ブーケ (1)シンデレラがテーマのS様オリジナル和紙ブーケ (2)
※製作期間:約3日間(見本制作から完成まで)

色の組合せや、比率が変わるだけで印象が全く違ってくるので、
シンデレラのイメージに合うように組合せを変えながら、
これだ!となるまで試しながら進めさせて頂きました。
とても可愛らしく仕上がりました(#^.^#)

弊社の和紙ブーケは全て国産の和紙を使用し、
お客様のブーケの色合いに合わせて染色から行っています。
バラなどに使用している和紙は染め上げた後に、コンニャク糊などを塗ってもみ加工を繰り返す事で
表面は優しいもみ和紙の表情がありつつ、コシのある和紙に仕上げている事で
型崩れししにくくなっています。
初めて触られる方は、そのしっかり(型崩れしなさそうな)した感じにビックリされるくらいです。

また、制作する際に心がけている事は、お客様のご要望は勿論ですが、
私たちも良いと思えるものをお作りする事です。
和紙ブーケの制作に関わるスタッフは皆、女性スタッフなので、
そういった面からも女性がプレゼントされて嬉しいブーケ
を心がけてお作りしています。

和紙ブーケに関して、どの様な事でもご不明な事がございましたら
お気軽にお問合せ下さいね(^^)/



「和紙専門店の和紙ブーケ」
結婚記念日や大切な方への贈り物としても喜ばれる、
国産和紙を使用したオリジナルの和紙ブーケを製作しています。
和紙専門店の和紙ブーケ商品ページへ
(オンラインショップ和紙ブーケページはこちら)

その他、お客様のご要望をお聞きしてオリジナルブーケの制作も行っております。
お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

結婚記念日(紙婚式)にピンポンマム風の和紙ブーケ(広島県M様ご依頼品)

広島県のMさまから、結婚1周年記念日(紙婚式)に奥様へのプレゼントとしてご依頼頂いた
和紙ブーケのご紹介です。
M様の結婚式で使用した生花ブーケの写真をメールでお送り頂き、
それを元に和紙ブーケを制作させて頂きました。

写真を拝見させて頂くと、まんまるい白いマムが特徴の優しい印象のブーケでしたので、
その印象を和紙ブーケでも表現出来る様に、M様と打ち合わせさせて頂きながら進めていきました。
完成したM様オリジナルの和紙ブーケがこちら!

記念日和紙ブーケ ピンポンマム(広島県M様) (1)
ピンポン玉のようにまんまるいマムがメインのM様オリジナル和紙ブーケ。
枯れる心配がなく、和紙ならではの優しい質感です。
その他には白や淡い緑色のバラや小花を入れて、葉っぱの濃い緑色で全体のバランスが
まとまるようにしています。

記念日和紙ブーケ ピンポンマム(広島県M様) (2)
全て国産和紙(主に高知県、徳島県産)を使用し、薔薇や小花に使用している和紙は
紙衣(かみこ)を使用しています。
※紙衣(かみこ)とは、その昔に着物の生地の代替品としても使用された丈夫な加工和紙です。

ブーケには厚みや紙質が異なるものを使用する事で、全体的に変化のある仕上がりになります。
例えば、優しいイメージや透明感が必要なものには薄く透き通るような和紙、
コシは必要な場合には、しっかりとした厚みのある和紙(紙衣など)です。

制作期間は約4日と限られた制作期間ではありましたが、
M様へ完成後の写真をお送りした際に「記念日が待ち遠しくなりました!」との
お言葉も頂けました。

私たちも心も温かくなる魔法の言葉ですね(#^.^#)
ご依頼頂いたM様、有難うございました!



「和紙専門店の和紙ブーケ」
結婚記念日や大切な方への贈り物としても喜ばれる、
国産和紙を使用したオリジナルの和紙ブーケを製作しています。
和紙専門店の和紙ブーケ商品ページへ
(オンラインショップ和紙ブーケページはこちら)

その他、お客様のご要望をお聞きしてオリジナルブーケの制作も行っております。
お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

和紙を使ったバレンタインラッピングの方法(箱物、小袋を包むタイプ)

和紙のバレンタインラッピング! (2)
バレンタインが近付いてくると中身と同じく悩むのがラッピング。
プレゼントした時に真っ先に目にするものだけにこだわりたい所です。

そこで今回は、もみシワの入った和紙を使用して、
箱物ラッピングと友チョコなどにもオススメの小袋ラッピングの
2種類ご紹介致します(*´▽`*)


「バレンタインラッピング 箱物を包むタイプ」
バレンタインラッピング 箱物を包むタイプ
使用する材料:
・和紙(包むものによってサイズは異なりますが今回は44cm角)
・水引(お好みの色合いで3本。91〜70cmあれば十分です)
・金色紙(折り紙の金でも代用可能。今回の場合は3cm角)
・セロハンテープ
・両面テープ

バレンタインラッピング(ボックス等) (9)バレンタインラッピング(ボックス等) (10)
※今回使用した和紙はこちら

まず包む箱等に合わせて和紙をカットしていきます。
写真の箱サイズの場合は縦12cm×横12僉濆6cmで、
このサイズだと44儚僂縫ットすると丁度良いです。

バレンタインラッピング(ボックス等) (8)
和紙をカットするときのポイントとしては、写真の様に和紙の立ち上がりのバランスを見て寸法を決めます。短くカットしすぎてしまうと後で調整が出来なくなるので、少し余裕をもって長めになるようにカットするとボリュームが出やすく豪華な感じになります。

※包んだ物が見えない厚みがある和紙であればお好みの和紙でも大丈夫です。
その場合はしなやかになるまで揉んでシワをつけた後、手で軽くシワを伸ばしてから進めて下さい。
※どうしてもカットするのが不安!という方は、一度新聞紙でサイズ合わせがオススメです。
サイズが決まってから本番の和紙をカットしてください。

バレンタインラッピング(ボックス等) (7)
箱を包んで、手でぎゅっとしぼっていきます。
そうする事で後の水引で結ぶ工程が簡単になります。

バレンタインラッピング(ボックス等) (5)バレンタインラッピング(ボックス等) (6)バレンタインラッピング(ボックス等) (4)
用意した水引を束にして、先ほどしぼった部分を縛ります。
この時の結び目がある方が裏側になるので注意してください。
結び難い時には、写真の様に手前側にもってきて縛っても構いません。

バレンタインラッピング(ボックス等) (3)
結び目を作った後ろ側から水引をハートになるようなイメージで手前にもってきます。
その後、まとめた水引を写真の様にセロハンテープでまとめます。
※水引が余り過ぎた場合はカットして下さい。

バレンタインラッピング(ボックス等) (2)バレンタインラッピング(ボックス等) (1)
四角く切った金色紙(今回の場合は3cm角)2枚を重ねた状態で、
裏側から水引をセロハンテープで止めます。
その後、そこに両面テープをつけて正面部分に貼り付けて完成です。




「バレンタインラッピング 小袋を包むタイプ」

バレンタインラッピング 小袋を包むタイプ
使用する材料:
・和紙(包むものによってサイズは異なりますが今回は23cm角)
・水引(お好みの色合いで3本。91〜70cmあれば十分です)

今回、小袋に2個のチョコレートを入れて包んでみます。
小袋に包んだサイズで縦13僉濂17cm、このサイズで23儚僂縫ットした和紙を使用しています。
袋のサイズを大きくしてもっと入れるチョコを増やすこともできます。
バレンタインラッピング(小袋タイプ) (6)
※今回使用した和紙はこちら

こちらも中に入れる小袋サイズに合わせて和紙をカットしていきます。
包み込むようにラッピングしていくので、余裕をもったサイズでカットしてください。

※包んだ物が見えない厚みがある和紙であればお好みの和紙でも大丈夫です。
その場合はしなやかになるまで揉んでシワをつけた後、手で軽くシワを伸ばしてから進めて下さい。
※どうしてもカットするのが不安!という方は、一度新聞紙でサイズ合わせがオススメです。
サイズが決まってから本番の和紙をカットしてください。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (7)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (8)
さて、いよいよ包んでいきます。
写真の様に小袋を置いて、左右の和紙を中央で重ねます。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (9)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (10)
手前の端をその上に重ねます。
その後、もう片方も折り曲げていきます。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (11)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (12)
端の飛び出た部分を内側に折り曲げます。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (13)
中心をぎゅっと手でしぼります。
※この時中身をつぶさないように気を付けて下さいね(^^)/

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (5)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (4)
水引を束にして、あわじ(あわび)結びを行います。
あわじ結びが慣れている方は、先ほど手でぎゅっと絞った部分であわじ結びを行ってください。
慣れていない方は、あわじ結びを作ってから下の輪っかに包んだものを通して行うと簡単ですよ♪

次に、写真の様に右側の輪っかをずらして、飛び出た水引をカットします。
※写真ではすでにカットしてあります。
カットしすぎると外れてしまう事もあるので、その時はボンドで接着して下さい。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (3)
右側の水引を写真の様に左側へ通していきます。

バレンタインラッピング(小袋タイプ) (2)バレンタインラッピング(小袋タイプ) (1)
バランスを整え、最後に水引の端をカールするように行って完成です。
※もし水引が長すぎる場合はカットして調節してください。



和紙のバレンタインラッピング! (1)
いかがでしたでしょうか。
今回使用した、もみシワが入った和紙は通常のラッピングの様に
折りシワを気にする必要がないので、ラッピングしやすいのが特徴です。
その優しい手触り感でプレゼントされた方が
ほっこりするようなラッピングに是非挑戦してみて下さい♪


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

力強い銀の刷毛目が入った創作和紙入荷しました(オンラインショップより)

オンラインショップ「Washiあさくら」より、新商品入荷のお知らせです。

■創作デザイン和紙(墨染)(商品番号:as-170101)
2017年1月新入荷の創作和紙 (墨染・銀刷毛目)2017年1月新入荷の創作和紙 (墨染・銀刷毛目)アップ
※商品サイズ:約1m×32cm

麻和紙(墨染)に力強さを感じる銀の刷毛目でデザインした創作和紙です。
今回の和紙に限らず、弊社の創作和紙は全て一つ一つ手書きで製作しています。

刷毛目の銀色も落ち着いた色合いである事と、墨染めの落ち着いた黒色によって
デザインとしては大胆でありながらも主張し過ぎない一枚に仕上がりました。
モダンなインテリアにも合いそうですね。

商品ページにはその他の写真や詳細を載せております。
オンラインショップ「Washiあさくら」はこちら

※ご購入をご検討のお客様へ
Washiあさくらの創作和紙・染色和紙はアートパネルやタペストリー、
作品素材やディスプレイ用としてお求め頂く事が多い商品です。
使用されている和紙の手触りや透け感などを確認頂いた上で安心してお買い求め頂ける様、
無料の和紙素材サンプルをご用意しております。



「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

お問合せはフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

アートパネルを美しく設置する2つのポイント

一般的な住宅の壁面下地材には、主に石膏ボードが使われています。
軽量物であれば手軽にフックやピンで取付する事が出来ますが、
その反面で、重量物を設置する際には色々と対策が必要となります。

アートパネルを美しく設置する2つのポイント (5)
オンラインショップ「Washiあさくら」のアートパネル加工で使用しているパネル重量は約1.3kg。
これくらいの軽いものであれば、下地が石膏ボードでも市販のダルマピン
(針先が長いタイプ)で取付可能です。

そこで今回は、弊社の和紙アートパネルを「たった2つのポイント」を押さえるだけで、
より美しく安全に設置出来る方法をお伝えしたいと思います。

ポイント 嵎斌未離團鵑2箇所にして安定感アップ」
アートパネルを美しく設置する2つのポイント (ピンの位置)
※1点で引掛けるよりも2点の方が安定感のある取付が出来ます。

通常、アートパネルの裏側には、
縦向き・横向き設置可能な金具と紐がそれぞれ取り付けられています。
細長いアートパネル等は1点吊りだと、どうしても中心が出しにくく
左右どちらかに傾いてしまう事があります。

それを解決する方法としては、
間隔をあけて2つのピンを取り付けて2点吊りにすることで左右の傾きが抑えられます。
また、荷重がそれぞれのピンに分散する事でより安全に設置する事にもつながります。


ポイント◆屮僖優襪侶垢を修正し、美しく飾ってみよう」
アートパネル裏側の紐をピンに引掛ける方法では、どうしても下の写真(左)の様に、
パネルがお辞儀したようになってしまいます。
傾きを修正してあげる事で、写真(右)の様に真っすぐに飾る事が出来るので、
横からの見た目も美しく飾る事が出来ます。
アートパネルを美しく設置する2つのポイント (1)アートパネルを美しく設置する2つのポイント (3)
※写真(左):横から見るとパネルがお辞儀したようになっています。
※写真(右):傾き調整済みのもの。横からの見た目もスッキリとした印象です。


その方法とは、壁面部分に2箇所(アートパネル裏面下部に接する位置)に
紐を引掛けたピンと同じものを追加するというものです。
それがスペーサーの役割を果たす事でお辞儀していたパネルが真っすぐになるのです。

アートパネルを美しく設置する2つのポイント (4)アートパネルを美しく設置する2つのポイント (6)
※写真(左):壁面に取り付けたピンの位置。上部の2つはパネルの紐を引掛け用、下部の2つは傾き調整用。
※写真(右):ピンの位置が実際にどの辺にあるかのイメージです。


ピンを追加する際のポイントとしては、アートパネルを設置した時に
横から追加したピンが見えない位置に取り付ける事です。
あまり外側にピンを寄せすぎると横からピンが見えてしまいます。

位置決めが難しい場合は、一度アートパネルを設置した状態のまま
確認しながら行うと簡単ですよ(^^)。

また、もし紐引掛け用と同じピンがない場合は、
同じくらいの高さになるように調節したゴム等を挟む事でも可能です。
ただその場合はゴムが自然とずり落ちたりしない様に、
壁面側とゴムの間に簡易的な接着(両面テープなど)が必要かもしれません。


今回お伝えした2つのポイント
・ポイント 嵎斌未離團鵑2箇所にして安定感アップ」
・ポイント◆屮僖優襪侶垢を修正し、美しく飾ってみよう」

は今から始められる簡単なものです。

市販品にはJフックと呼ばれる石膏ボードにオススメの取付金具のほか、
外した時の穴が目立ちにくいピンなども販売されています。

そのような金具を使用した場合でも今回の方法は有効ですので、
是非、美しくアートパネルを設置してみてください。


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)
【 浅倉紙業株式会社 】
ショールーム紙あさくら


和紙のある空間作りならお任せ下さい。
アートパネルや光壁を始めとしたインテリア企画製作、手漉・手染和紙、和紙小物のOEMなど、あらゆるニーズにお応えいたします。

〒920-0841
石川県金沢市浅野本町1-10-8
(Google mapで開く)
■TEL:076-252-6632
(月〜土 9:00-18:00)
■FAX:076-252-1318
(24時間受付)
※定休日:日曜、祝日


ウェブサイト

オンラインショップ

インスタグラム

フェイスブック

製作事例

お問い合わせフォーム

オンラインショップ「Washiあさくら」トップページへ



Facebookページに「いいね!」お願いしますm(__)m

ブログ内の記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード