浅倉紙業株式会社 (ショールーム 紙あさくら)のブログ

−石川県金沢市、創業1897年の和紙専門店−

津田水引さんの結納品を使った、水引リメイクアートパネル(石川県K様)

弊社オリジナルの結納水引飾りパネルを前回ブログでアップしてから、非常に多くのお客様からお問合せを頂いております。その反響の多さにビックリしています。

今回はブログを見てご依頼頂いた、K様の結納水引飾りパネルを3点をご紹介致します。
漆デザインの結納水引リメイク品
※寸法:縦75cm×横24cm
※鳳凰と松の水引飾り


水引飾りは勿論K様の持ち込みして頂いた物ですが、K様拘りの金沢では最も有名な「津田水引」さんの結納飾りです。金沢人からすると津田さんの水引と聞くと「お〜っ!」となるほど有名です(笑)

パネル裏には、縦と横どちらでも壁面設置していただける金具と紐が取り付けてあります。

漆デザインの結納水引リメイク品(水引部分アップ)
こちらの2段式パネルは表側のどこでも磁石がくっつくようになっておりますので、結納飾りに取り付けた磁石によって自由に配置を変える事が出来ます。
季節や気分によって入れ替え出来るので、様々な楽しみ方で出来ますね(^^♪

漆デザインの結納水引リメイク(水引を外した所)
水引飾りを取り外すとこのような感じです。
金箔と金樹脂でデザインしており、茶色のパネル部分が漆和紙、黒色のパネル部分が墨染和紙を使用して仕上げてあります。このままでもインテリアパネルとしてお使い頂けます。

黒ベースに金のデザイン(結納水引リメイク品)
(寸法:いずれも 縦62cm×横12cm)
こちらは1段パネルになります。
こちらもマグネット式なので、自由に水引飾りを付け替える事が可能です。

黒ベースに金のデザイン(結納水引リメイク品)斜めアングル
こちらも取り外すとこのような感じです。
大胆に金箔を入れてデザイン致しました。

黒ベースに金のデザイン(結納水引リメイク品)水引無しバージョン
K様はこれまで市場に出回っているような結納水引リメイク品には希望とするものが無く、悩まれていました。そんな時に、偶然にネットで弊社のブログの結納リメイクパネルをご覧になられて、そのスタイルを気に入って頂きお問い合わせを頂きました。

納品時、K様にも大変喜んで頂けました。
K様、この度はご依頼有難う御座いました。



「結納品の水引飾りを素敵なインテリアアイテムにリメイクしませんか?」

ご要望やお持ちの水引飾りに合わせた完全オーダーメイドのリメイク品を製作致します。
結納水引リメイクの専用ページで、リメイク品の特徴やこれまでの製作事例をご覧頂けます。

お問合せはフォーム、お電話、FAXからお気軽にどうぞ!

(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力ください)

Cook It Raw 和紙の器テレビ放送/イベント情報【終了しました】

石川県金沢市で行なわれた世界的な食のイベント「cook it raw」
その後もBSの番組でとりあげられる事が決まってます。

■12月16日(金)23時〜 NHK BS1チャンネル「エルムンド」

成澤シェフがCOOK IT RAWで使った弊社の和紙の器を使って料理を実際に作るそうです。
(写真では分りづらい和紙の表情が映像だとより感じて頂けるかなと思います。)

■12月22日(木)同じく23時〜NHK BS1チャンネル「エルムンド」
50分のスペシャル番組として「世界のTOPシェフ集合」特集が組まれ、COOK IT RAW関連も取り上げられるそうなので、皆様お見逃し無く。

ちなみに、BSがご覧頂けない方はNHKオンデマンドというBSの番組をご自宅のパソコンでもご覧頂ける月額制プランもあるそうです。

※NHKオンデマンドはこちらから。
見逃してしまった番組も見れるようなので、気になる方はチェックしてみてください。


一方こちらは、しいのき迎賓館にて開催中の「Space:15×3×1.8 石川県インテリアデザイン協会展」。
和紙の花器(石川県インテリアデザイン協会展)
※弊社が出品しております和紙の花器です。

先日、半日の監視員として会場で対応させて頂きました。
ご来場頂いた方から「面白い展示方法だね」という声や、展示の趣旨に「あ〜なるほど!」とびっくりされている方がいて、とても嬉しかったです。

会期は12月12日迄ですので、皆さまお誘いあわせの上、しいのき迎賓館にお越し下さいませ。

会期:2011年11月29日(火)〜12月12日(月)
時間:10:00〜18:00
場所:しいのき迎賓館 ギャラリーA・B

しいのき迎賓館オフィシャルサイトはこちら


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

「Space:15×3×1.8 石川県インテリアデザイン協会展」に出品中です

「Space:15×3×1.8 石川県インテリアデザイン協会展」
会期:2011年11月29日(火)〜12月12日(月)
時間:10:00〜18:00
場所:しいのき迎賓館 ギャラリーA・B


弊社も出品しています。
テーマは「スペースを巡ることで、空間と時間が繋がり、作品が繋がります」。

ギャラリーA、Bと順番にご覧頂く事で、「あ、なるほど」という仕掛けがされています。
私は今日、展示物搬入の為一足先に見てきましたが、空間演出が今までに無い感じで素晴らしかったです。皆様、是非会場にお越し下さいませ!

しいのき迎賓館オフィシャルサイトはこちら
--------------------------------------------------------------------------------

スペースを巡ることで、空間と時間が繋がり、作品が繋がります……。

石川県インテリアデザイン協会は、協会員の作品紹介を題材に新しい展示スペースの創出を提案します。

「壁面や展示台に展示された作品を鑑賞する」という従来の枠組みを超え、展示空間そのものの構成を見直し、会場全体や観覧者を含めた展示空間そのものが、美しいインスタレーションになることを目指しています。

ギャラリーA・Bの2つのスペースで、空間や時間を超えた繋がりを体感できます。

2つの部屋には、それぞれ幅3m×長さ15m×高さ1.8mの直方体が浮遊しており、ギャラリーA・Bの2つのスペースを巡ることで、空間と時間が繋がり、作品が繋がります。

もう一度、もうひとつの展示を見直したくなる衝動に駆られることでしょう。

インテリアを展示空間として捉え直すこと。そして新たな価値を与えること。
本展において、2011年現在の石川県インテリアデザイン協会・協会員の仕事を、広く一般の方に見て頂きたいと考えています。

--------------------------------------------------------------------------------

☆2011年11月30日追記:
「Space:15×3×1.8 石川県インテリアデザイン協会展」北國新聞掲載記事
11月30日の北國新聞朝刊にも「Space:15×3×1.8 石川県インテリアデザイン協会展」についての記事が出ておりました。(使われている写真は、ギャラリーAに展示されている弊社の展示品です)
ギャラリーBには完成品を、そしてこのギャラリーAには創作過程や原材料などが展示されています。

お勧めとしましては、ギャラリーA→ギャラリーB→ギャラリーAという順番で巡って頂く事で、作品の関連性が分かりやすくなっています。

会期は12月12日(月)まで。皆様のご来場お待ちしております。


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

世界ベストレストラン50に選ばれた成澤シェフが使う「和紙の器」

和紙の器全体が幻想的に光っています
(中日新聞11月18日掲載記事に出ていた、和紙の器)

BSのエルムンド、その他ニュースや新聞記事でご覧になり、ご存知の方もおいでるかと思いますが、弊社とデザイナーの原嶋氏で力を合わせて作り上げた和紙の器は、なんと……

東京・南青山のフレンチレストラン「Les Creations de Narisawa」(レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ)のオーナーシェフ成澤由浩シェフに使って頂きました!成澤シェフ率いる「Les Creations de Narisawa」は今年の「世界ベストレストラン50」において、アジアではトップの12位にランクインしている方です。

※世界ベストレストラン50」とは:2002年からロンドンで開催。ジャーナリスト、シェフ、料理評論家など800名を超える審査員の投票によって決定する世界のレストランランキングです。

この和紙器は成澤さんと初期の段階から打合せを繰り返し、何度も形の変更や調節を繰り返しながら約4ヶ月以上かけて制作致しました(最終的なプロトタイプが仕上がるまでほぼ4ヶ月使っています)

上の写真ですが、実は絞って立ち上げた和紙をゆっくり広げていくと、そこには加賀のごぼうと菜種油で作った食べられるロウソクに火が灯り、蒸し料理が特殊加工した和紙器に直接入っています。

成澤シェフの演出がまた素晴らしく、会場の照明をおとした状態で灯りのともった料理が運ばれたそうです。※「Les Creations de Narisawa」ウェブサイトはこちら


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

まさにCook It Raw旋風!本日、全国放送スタート【終了しました】

11月14日〜17日まで開催された「cook it raw」も昨日が最終日となり、世界の一流料理人(10カ国15名)の方々がそれぞれ石川県の伝統や食などの魅力を一皿に込めた晩餐会が行なわれました。

その模様は本日18日、地球テレビ エル・ムンド 特集「COOK IT RAW」 BS1 23:00〜23:49(全国放送)にて放送されます。

12月21日(水)には同番組が50分のスペシャル番組としてCOOK IT RAWを追うドキュメンタリーを放送予定との事です。こちらもBS1 23:00〜スタートです。お見逃し無く!

弊社とデザイナー原嶋氏の「和紙の器」、どのシェフが、どのようにして使用したのかをご覧頂ければ、きっと驚くと思います(笑)


18日追記:
通常のテレビ放送でも「cook it raw」のニュースが流れているようで、弊社のお客様から「見たよ!!感動しました」、「浅倉さんの和紙の器、ニュースで出てたわよ」というお電話を数々頂きました。

つい先程も、会社の電話が鳴ったのでいつものように電話に出ますと、間髪いれずに「見たわよ、素晴らしかったです」とその後も名前をお聞きする間も無い状態でご感想を頂いた方もおられました。
結局そのお客様は名前をお聞き出来ないままでしたが、とても嬉しかったです。

お電話下さった方々、有難うございました♪


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

石川の食で日本を元気に「cook it raw」その内容とは?

地元の北國新聞にも遂に掲載されましたが、いよいよ「cook it raw」が開幕致しました。

「cook it raw(クック・イット・ロウ)」とは……あの有名なレストラン格付け本「ミシュランガイド」などでも高い評価を得る、世界の一流シェフがその土地の食材を用いて究極の一皿を仕上げる世界的に有名な食のイベントです。

2009年にデンマークで開かれた第1回を皮切りに、イタリア、フィンランドで開かれており、今回で4回目となるその開催地が初のアジア、ここ石川県なのです(*´∀`*)

弊社はこのイベントで使用する器を手掛けさせて頂きました。
その詳細は…今後徐々にお知らせしていきます。
北國新聞11月15日朝刊(cook it raw)
(北國新聞 11月15日の朝刊記事です。クリックすると大きくご覧いただけます。)

cook it raw オフィシャルウェブサイト


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

竹の桟が入った壁面照明用の和紙をご提案(飲食店)

県内の設計会社「株式会社 さとやま設計社」様より、金沢市内の飲食店の壁面照明のご依頼を頂きました。

当初、糸入りや本金箔入り等をお考えでした。現場イメージを拝見すると竹のラインが細かく入るとのことで、最終的にシンプルで素材を生かした生漉きの和紙で制作することになりました。

こちらが完成した壁面照明の写真です。
竹の桟が入った照明(創作和紙)
照明の演出と竹のラインが非常に綺麗ですね。
縦にラインが入っているのがお分かり頂けるかと思いますが、これが竹です。
竹の桟が入った照明(創作和紙)別アングル

弊社では建築関係の企業様からご依頼を数々お受けしておりますが、その殆どをブログやHP等では掲載しておりません。しかし今回、ご依頼頂いた「さとやま設計社」様のご好意でブログで載せるご了解を頂きました。さとやま設計者様、ありがとうございます<(_ _)>

株式会社 さとやま設計社さまのウェブサイトで他の写真もご覧頂けます。
→ウェブサイトはこちらです。


弊社では無地の和紙から、自社企画・製作の染色や加飾を加えたオリジナルの創作和紙等、お使いになる場所に合わせて様々な和紙のご提案をさせて頂いております。
お見積りは無料ですので、お気軽にお問合せ下さいませ。


■ 創作和紙デザインカタログページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

和紙の花器「kamiwan」が石川県デザイン展で金沢市長賞

今日は大変喜ばしいビックニュースです。
第38回石川県デザイン展 デザインコンペティション2011で弊社の和紙製の花器が見事「金沢市長賞」を受賞いたしました!賞としては一番の石川県知事賞に次ぐ順位です。

和紙の花器(金沢市長賞)

この和紙製の花器の一番のポイントは、何と言っても水を入れて水耕栽培が出来る事です。

通常の和紙器に水を入れると、当然漏れ出してしまいます。この和紙の花器では、内外に特別な加工を施して水を受け止める事が出来ます。和紙の質感や柔軟性は極力生かせるように、実験の繰り返しによって生み出しました。今後はこの技術を生かして、様々な商品に展開出来ればと考えています。

和紙の花器(金沢市長賞)斜め上から
※カチカチに固めるのではなく、和紙ならではの柔軟性、透明感を活かした花器を目指しました。

今回、水を入れる事が出来る和紙の花器「kamiwan」は金沢市長賞という名誉ある賞を頂きましたが、その制作にあたっては私たち浅倉紙業だけの力ではありません。

以前、石川県の新商品開発支援事業がきっかけで知り合った、県内デザイナーの原嶋氏と共に協力し合いながら作り出した事が大きいと感じています。


そんな石川県デザイン展は金沢21世紀美術館B1(市民ギャラリーB)にて、
本日10月20日(木)〜23日(日)の4日間、無料でご覧いただけます。
(時間:午前10時〜午後6時(但し金曜日・土曜日は午後8時まで、最終日は午後5時まで)

和紙の花器(POP)


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

工房楽市 無事に終了「予想を上回るお客様にご来店頂きました」

10月8日〜10日の3日間の会期で行われた、おしゃれメッセのイベントの一つ「工房楽市」が皆様のお陰で無事に会期を終える事が出来ました。弊社ブースはご来店頂くお客様が身動きがとれない程、予想を上回る沢山の方々に来て頂きとても嬉しかったです。有難うございました。

おしゃれメッセ、工房楽市の弊社ブースの様子
※弊社ブース前には沢山のお客様で賑わっていました。

また今回は、来年デビュー予定の「KAMIWAZA」(カミワザ)ブランドからIDカードケースを参考出品させて頂きました。

その時はアンケートのみで、販売はしていなかったのですが、「東京では買えないの?」「デビュー楽しみにしているわ」等など、ここでは書ききれない程、ありがたいご意見を頂きました。

また、アンケートを実施した事で今後の課題やラインナップの参考になり、頂いた意見を反映させていこうと考えております。

お越し頂いた方々、アンケートにご協力頂いた方々、有難う御座いました。


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

「おしゃれメッセ2011・工房楽市」に出展致します!

Kamiwaza

地元金沢で「おしゃれメッセ2011」が10月7日(金)〜17日(月)まで開催されます。
その中のイベントの一つ「工房楽市」にて弊社が出展致します。
(場所:広坂緑地(しいのき迎賓館横) 会期:10月8日(土)ー10日(月・祝)10:00〜17:00)

自社ブランド「KAMIWAZA」を2012年春デビュー予定に先駆け、工房楽市にて商品を参考出品致します!

KAMIWAZAはこれまでの和紙本来の良さや特徴はそのままに、自社独自の加工技術を用いて色落ちしにくく、耐久性を高めた和紙を使用。プロダクトデザイナー「エイジデザイン」とのコラボレーションより生まれた、新しいライフスタイルブランドです。

ちなみにKAMIWAZA(カミワザ)の名前の由来は、和紙の技を意味する「紙技」。そして(和)紙には神が宿るといわれる事から、神の技を意味する「神技」の2つの意味が込められています。

おしゃれメッセ2011のパンフレット

おしゃれメッセ2011ではその他、様々なイベントが盛り沢山なので、是非イベントを楽しんだ後にふら〜っと弊社のブースまでお越し下さい。とびっきりの笑顔で!?お待ちしております(笑)


☆追記:2011年10月11日 イベントを終えて☆
おしゃれメッセ、お陰様で沢山の方々にお越し頂けました。
ありがとうございました。その時のブログはこちら


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)
浅倉紙業株式会社(ショールーム紙あさくら)をフォロー
和紙のある空間作りならお任せ下さい。
アートパネルや光壁を始めとしたインテリア企画製作、手漉・手染和紙、和紙小物のOEMなど、あらゆるニーズにお応えいたします。

〒920-0841
石川県金沢市浅野本町1-10-8
(Google mapで開く)
■TEL:076-252-6632
(月〜土 9:00-18:00)
■FAX:076-252-1318
(24時間受付)
※定休日:日曜、祝日

オンラインショップ「Washiあさくら」トップページへ



ブログ内の記事検索