浅倉紙業株式会社 (ショールーム 紙あさくら)のブログ

−石川県金沢市、創業1897年の和紙専門店−

地元のフリーマガジン「Favo(ファーボ)」に掲載されました。

地元金沢には様々なフリーマガジンがあります。その中でも情報量が多く読み応えのある「Favo」に弊社が「和紙や水引が揃う店」としてちょこっと載っております(^^♪

Favo11月号表紙

今月11月号の特集は水引ラッピングという事で、水引を使ったラッピング方法等が分かりやすく載っていて簡単に試してみる事が出来ると思います。これは保存版ですね.。゚+.(・∀・)゚+.゚

包んで結んで(水引)

弊社では、水引を常時102種類や和紙の取扱いは勿論ですが、贈り物などを持ち込みでのラッピングまで幅広く行っております。

駐車場もお店側に3台程と、向側に4台程の計7台駐車出来るスペースもありますので、お気軽にお越し下さいませ。(場所が分かりにくい場合は、お電話頂ければご案内させて頂きます)

さて、個人的にもファーボを保存版と見る用の2冊ほど貰いにいってきます(笑)


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

和紙の花器「kamiwan」が石川県デザイン展で金沢市長賞

今日は大変喜ばしいビックニュースです。
第38回石川県デザイン展 デザインコンペティション2011で弊社の和紙製の花器が見事「金沢市長賞」を受賞いたしました!賞としては一番の石川県知事賞に次ぐ順位です。

和紙の花器(金沢市長賞)

この和紙製の花器の一番のポイントは、何と言っても水を入れて水耕栽培が出来る事です。

通常の和紙器に水を入れると、当然漏れ出してしまいます。この和紙の花器では、内外に特別な加工を施して水を受け止める事が出来ます。和紙の質感や柔軟性は極力生かせるように、実験の繰り返しによって生み出しました。今後はこの技術を生かして、様々な商品に展開出来ればと考えています。

和紙の花器(金沢市長賞)斜め上から
※カチカチに固めるのではなく、和紙ならではの柔軟性、透明感を活かした花器を目指しました。

今回、水を入れる事が出来る和紙の花器「kamiwan」は金沢市長賞という名誉ある賞を頂きましたが、その制作にあたっては私たち浅倉紙業だけの力ではありません。

以前、石川県の新商品開発支援事業がきっかけで知り合った、県内デザイナーの原嶋氏と共に協力し合いながら作り出した事が大きいと感じています。


そんな石川県デザイン展は金沢21世紀美術館B1(市民ギャラリーB)にて、
本日10月20日(木)〜23日(日)の4日間、無料でご覧いただけます。
(時間:午前10時〜午後6時(但し金曜日・土曜日は午後8時まで、最終日は午後5時まで)

和紙の花器(POP)


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

工房楽市 無事に終了「予想を上回るお客様にご来店頂きました」

10月8日〜10日の3日間の会期で行われた、おしゃれメッセのイベントの一つ「工房楽市」が皆様のお陰で無事に会期を終える事が出来ました。弊社ブースはご来店頂くお客様が身動きがとれない程、予想を上回る沢山の方々に来て頂きとても嬉しかったです。有難うございました。

おしゃれメッセ、工房楽市の弊社ブースの様子
※弊社ブース前には沢山のお客様で賑わっていました。

また今回は、来年デビュー予定の「KAMIWAZA」(カミワザ)ブランドからIDカードケースを参考出品させて頂きました。

その時はアンケートのみで、販売はしていなかったのですが、「東京では買えないの?」「デビュー楽しみにしているわ」等など、ここでは書ききれない程、ありがたいご意見を頂きました。

また、アンケートを実施した事で今後の課題やラインナップの参考になり、頂いた意見を反映させていこうと考えております。

お越し頂いた方々、アンケートにご協力頂いた方々、有難う御座いました。


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

「おしゃれメッセ2011・工房楽市」に出展致します!

Kamiwaza

地元金沢で「おしゃれメッセ2011」が10月7日(金)〜17日(月)まで開催されます。
その中のイベントの一つ「工房楽市」にて弊社が出展致します。
(場所:広坂緑地(しいのき迎賓館横) 会期:10月8日(土)ー10日(月・祝)10:00〜17:00)

自社ブランド「KAMIWAZA」を2012年春デビュー予定に先駆け、工房楽市にて商品を参考出品致します!

KAMIWAZAはこれまでの和紙本来の良さや特徴はそのままに、自社独自の加工技術を用いて色落ちしにくく、耐久性を高めた和紙を使用。プロダクトデザイナー「エイジデザイン」とのコラボレーションより生まれた、新しいライフスタイルブランドです。

ちなみにKAMIWAZA(カミワザ)の名前の由来は、和紙の技を意味する「紙技」。そして(和)紙には神が宿るといわれる事から、神の技を意味する「神技」の2つの意味が込められています。

おしゃれメッセ2011のパンフレット

おしゃれメッセ2011ではその他、様々なイベントが盛り沢山なので、是非イベントを楽しんだ後にふら〜っと弊社のブースまでお越し下さい。とびっきりの笑顔で!?お待ちしております(笑)


☆追記:2011年10月11日 イベントを終えて☆
おしゃれメッセ、お陰様で沢山の方々にお越し頂けました。
ありがとうございました。その時のブログはこちら


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

結納水引飾りリメイクパネル−常に飾っておきたい方必見!(石川県T様)

石川県T様ご依頼のパネルを納品させて頂きました!

結納水引リメイク品(石川県T様)
(寸法:縦55cm×横12cm)

結納品の際に使われる豪華な水引飾り。
それ単体でも美しく、出来れば常に飾っておきたいとお考えの方は少なくありません。

今回、T様が記念として残したいとの事で「ご両家、新婚夫婦用の3か所に飾ることが出来るようにリメイクして欲しい」とご要望を頂きました。

これまでの羽子板のようなものはちょっと……とのT様のご意見をお聞きし、壁掛けアートパネルへのリメイクをご提案させて頂きました。T様もそのご提案に大変喜ばれていました。

結納水引リメイク品(石川県T様)斜めアングル
(厚み:1.2cm)

デザインについては、お客様からお好みの雰囲気などヒアリングを行った後に数パターンのデザインスケッチをご提案。必要に応じて修正追加を行いながら制作を進めていきます。

製作に際しては、パネルのデザインを金銀箔と金銀樹脂でアレンジ。
結納の水引飾りは全てパーツ化して、こちらもデザイン的に配置しました。

商品が仕上がり、弊社ショールームまでお越し頂いたT様に早速仕上がった商品をお見せすると、とても喜んで頂けました(●´ω`●)

結納水引飾りもこのようにリメイクをすれば気軽に飾って頂けます。何より、T様のように両家と新婚のご夫婦がそれぞれ一つずつ持てるようにすると言うのには、なるほど〜っと勉強になりました。良いアイディアですよね!T様、ご依頼頂き有難う御座いました。


弊社ではお客様オリジナルのリメイク品をお作りしております。
お持ちの水引飾り写真をお送り頂けましたら、概算見積もりも可能です。
結納水引リメイク品についてご質問が御座いましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。



「結納品の水引飾りを素敵なインテリアアイテムにリメイクしませんか?」

ご要望やお持ちの水引飾りに合わせた完全オーダーメイドのリメイク品を製作致します。
結納水引リメイクの専用ページで、リメイク品の特徴やこれまでの製作事例をご覧頂けます。

お問合せはフォーム、お電話、FAXからお気軽にどうぞ!

(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力ください)

ご依頼品「墨と漆のデザイン 両面使える二曲一双屏風」 のご紹介

O様ご依頼の別注二曲一双(二曲屏風を二点)屏風をご紹介いたします。

当初O様は、「仕切りの無い部屋に必要な時にだけ仕切れるような商品」を探されていました。
ただ既製品ではなかなか希望するデザインやサイズ等が無く、そんな時に弊社ショールームにご来店。O様のご希望をお聞きしながら、打ち合わせを進めさせて頂きました。

商品が完成し、設置した際の写真がこちら。
裏側は墨デザインでシャープな感じに。(墨と漆のデザイン 両面使える二曲一双屏風)漆の濃淡で力強いデザインに。(墨と漆のデザイン 両面使える二曲一双屏風)

両面とも見える部分になるので、表側は墨デザイン、裏側は漆デザインで仕上げました。
2つの屏風を並べて設置した際、柄が関連して見えるようになっています。

自由に移動して空間を楽しんでいただけます。(墨と漆のデザイン 両面使える二曲一双の和紙屏風)お部屋の雰囲気にマッチしていますね(墨と漆のデザイン 両面使える二曲一双の和紙屏風)

この様に、1点ずつ使用も可能です。
お客様からも「お部屋の雰囲気にも合い満足しています。特に屏風を分けて使用出来るので、これから色々楽しませて頂きます」と大変喜んで頂きました。

弊社ではサイズ、デザイン、仕様など、飾られる空間やお客様のこだわりを活かした和紙インテリアアイテムの企画製作を行っております。

商品に関してなにかご不明な点など御座いましたら、お気軽にお問合せくださいませ。


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

太陽に虹の輪が!これハロや暈(かさ)というらしいです。

いつも弊社ブログをご覧頂き有難う御座います♪
弊社は昨日より通常営業となっております。
早速ご来店頂いたお客様、有難う御座いますm(__)m

さて、最近 金沢では黄砂が凄いです……
これまでは花粉が酷かったですが、黄砂は身体にとってはもっと有害ですからね。

毎日窓拭きをしていても、雑巾が''まっ黄色''になる程です。
車もドロドロになりますし、スタンドを通ると洗車待ちの車が沢山いる状態です。
洗っても洗っても翌日には花粉か黄砂でまた汚れてしまうんですよね(^_^;)
本当に大変です〜

そんな中、凄い珍しいものを発見したので、写真におさめました。

太陽の周りに出来る虹(ハロ(HALO)、暈)
太陽の周りに虹が輪の状態でかかっているんです(^^♪
調べてみると、これはハロ(HALO)または、暈(かさ)と呼ばれるもので、「上層の薄い雲に太陽の光が屈折したり反射して起きる現象」っとありました。

この現象が見られるときは、実は天気下り坂のサインといわれています。
雨を降らせる低気圧や前線が接近してくることで、空高い所から空気が湿ってきて薄い雲が出来てハロ(暈)が発生するのです。

中々見ることが出来ないものらしいので、何かいい事があるかもしれませんね(笑)


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

マグネットで取外しが可能な、漆和紙アートパネル(ご依頼品)

弊社のお客様(H様)より、ご依頼頂きましたオブジェパネル(2段)をご紹介いたします。
H様のご希望・雰囲気、実際に飾られる場所をお聞きした上でご提案、制作させて頂きました。

H様マグネット式、漆和紙アートパネル(全体写真)
※画像は全てクリックすると大きく見れます。

H様マグネット式、漆和紙アートパネル(アップ)

ベース(茶色の部分)は長くお使い頂く事を考え、漆染の麻和紙(麻の繊維を漉き込んだ和紙)で深みのある色合いに仕上げました。通常の染料では色あせの可能性がある為、用途に応じて耐光性のある染料で制作する場合もあります。

H様マグネット式、漆和紙アートパネル(脱着)
↑このパネルには所定の位置にマグネットが仕込んでありますので…

H様マグネット式、漆和紙アートパネル(位置替え)
↑最初の写真と比べて頂くと分かりますが、このように自由に位置を変える事が出来ます。

差し替えが出来るので、例えば2段目のパネルのみ四季に応じた別パネルに変える楽しみ方も出来ます。今回、取り替える事を前提でのご依頼品ですので、ベース本体もシッカリとした素材に一部変更しました。

連休前にH様に納品させて頂きましたが、大変喜んで頂き、新たに玄関先に飾られるパネルをご依頼頂きました。

壁面に飾るこの様なアートパネルは、飾るだけで空間の印象を引き立たせたり心地よい空間作りが手軽に出来ます。和紙アートパネルについてのご質問の他、お見積りも無料で行っておりますのでお気軽にお問合せ下さいませ。


■ 和紙アートパネル事例、製作の流れについてのご紹介ページはこちら

■ 「オンラインショップ限定!届いてすぐに飾れるアートパネル加工サービス」
オンラインショップ内でお選び頂いた和紙を壁面パネルに加工するサービスを行っております。
(詳しくはこちらの商品ページをご覧下さい)
ご自宅や店舗の空間演出としてオススメです。

■ お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

人生の大先輩が製作した驚きの作品とは!?(ご来店のお客様)

いつも弊社ブログをご覧頂きまして有難うございます!
紙あさくらのTです。

本日のショールームには、遠く能登の方から染め和紙をお求めにご来店頂いた方もいらっしゃいました。お客様とお話させて頂く事も多く、様々な事を学ばせて頂いております。本当に有難い事です。

弊社ではラッピング等の依頼から、住宅に使う和紙インテリア用品のご依頼、その他、ご趣味に使う為に和紙を求めてお越し頂くお客様もおられます。中には作品を実際に見せて頂ける機会もあり、どのような商品がご希望であるかなどお話させて頂いております。

本日ご来店頂いたお客様で、とてもすごい作品を持参して見せて頂いた方がいます。
人生の大先輩であるこの方が作られた作品とは…凄すぎて絶句です(笑)

紙製のロボット
↑ これ、なんだかわかります?っというか何で出来てるかわかります?
お孫さんの為に、某有名ロボットアニメの雑誌を参考に全てご自身で作られた作品です。

その素材はというと、、、、チップボールと呼ばれる板紙(紙を何枚も重ねたもの)と、使用済みのハガキです。およそ3ヶ月程の製作日数の大作だそうです。

紙製ロボット(後ろ側)
↑ 裏側もこの通り!!細かいディテールまで作りこまれています。

紙製ロボット(飾ってみました)
↑ 飾ってみました(笑)

凄いのは、グラフィックソフトなどは一切使用せずに作られている事です。
チップボール自体、結構硬くて切り難いのにも関わらず、パーツ毎の大きさのバランスも合っています。今、2作目の製作に取り掛かっているそうで、また見せて頂くのが楽しみですね。

私自身、この様な凝った物作りが大好きなので、興味深く拝見させて頂きました。
今回は興奮気味でお伝えさせて頂きました(^_^.)


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)

和紙着物で大スターに!着物ステージショー

こんにちは。
紙あさくら・浅倉紙業(株)のTです。

先日ブログでも告知致しました和装組曲さまの3周年記念ステージショーが、11月23日に石川県立音楽堂にて行われました。

ショーは
参加型の第一部
創作帯結びの第二部
無双の世界の第三部

の三部構成で、弊社は特別出演として第一部の最後に参加させて頂きました。

簡単にですが、今回の和紙着物についてご紹介します。

※画像は全てクリックすると大きく見れます。
和紙着物(紙衣、紙布、和紙のしめ縄帯)
■私の着物は、右側を紙糸で粗めに手織りした紙布(しふ)。左側は紙衣(かみこ)に薄墨染めをしたものを使用し、非対称が楽しめる着物です。帯は「和紙のしめ縄」で遊び心を加えました。

和紙着物(皆そろって写真撮影)
■写真左、緑色の着物は二部式の着物風ドレスに仕立てました。
たて絞りの楮紙と揉んだ麻和紙の帯で、立体感や素材の面白さが強調されています。

■写真真ん中、赤い着物は高知県の楮和紙を二度染めした深みのある色合いです。
紙あさくらの特徴でもあるデザイン和紙(創作和紙)で、華やかな着物に仕立てました。
帯は袋帯で、アクセントに水引をあしらっています。


ご来場頂いたお客様には、今までに見たことがない和紙着物に大変ビックリされていました。
まるでスターになったかのようなフラッシュ(写真)の嵐、嬉しかったです。

この場を借りて和装組曲の皆様、和紙着物を制作するにあたってアドバイス頂いた加賀友禅の店「ゑり華」のスタッフの皆様にお礼を申し上げます。

制作した着物はお店の中で制服として着させて頂き……たいのですが、ショールームの方で飾っておく予定です(笑)弊社ショールームにご来店頂いた際に、和紙の着物見せてっと言って頂ければ喜んでお見せ致しますのでお気軽にお申し付け下さいませ。
和紙着物ステージショー


お問合せはこちらのフォームからお気軽にどうぞ!
お電話・Faxでも受け付けております。


(1日1回アイコンをクリックして頂きランキングUPにご協力くださいませ!)
浅倉紙業株式会社(ショールーム紙あさくら)をフォロー
和紙のある空間作りならお任せ下さい。
アートパネルや光壁を始めとしたインテリア企画製作、手漉・手染和紙、和紙小物のOEMなど、あらゆるニーズにお応えいたします。

〒920-0841
石川県金沢市浅野本町1-10-8
(Google mapで開く)
■TEL:076-252-6632
(月〜土 9:00-18:00)
■FAX:076-252-1318
(24時間受付)
※定休日:日曜、祝日

オンラインショップ「Washiあさくら」トップページへ



ブログ内の記事検索